2017-01

お坊さん・私の出来事

檀那寺で登壇。導師(上座一等)としてふさわしい服装の準備

明日は檀那寺で登壇をします。僧侶の服装って結構きらびやかな印象があると思います。しかし必ずしもそうではないですし、きちんとしたルールの中で決められています。私は真宗興正派の堂班で上座一等ですから、これに従った衣体を用意しなければなりません。
2017.01.30

【旧正月】祝う地域は少ないけども、香川の金倉ではまだ残っています

旧正月は中国からの大勢の人が旅行にやってくる春節でだいぶ聞き馴染みのある言葉になってきましたね。あまり日本では旧正月のお祝いをしないのですが、ここ香川県丸亀市の金倉町ではいまだに五か寺参りとして行事が残っています。その様子を紹介します。
真宗の教えや考え方

僧侶はお化けって怖いの?そんなわけないじゃん。他の事が怖いんよ

お化け・幽霊が怖いという人は多いと思います。お寺にはお墓があって、そこにはお坊さんが住んでいます。僧侶はお化けが怖くないの、悪いことをしてこないのかと聞かれますが、そもそもお化けなんていないですし、僧侶はむしろ別のことの方が怖いんですよ。
観光地

自由研究に最適!世界中のカメの情報が豊富な施設「カレッタ」とは

徳島県海部郡美波町はウミガメの産卵で有名な場所です。ここには世界でも珍しいウミガメの博物館「カレッタ」があり、ウミガメの保護・調査だけでなく、カメに関する多くの情報を展示しています。生きたカメも間近で観察でき子供の自由研究にベストな所です。
2017.01.25
香り・お香について

【仏具】お香の効果が科学的に証明された件。作業効率がアップ

お坊さんはよくお香を焚きますね。お香が身体にどのような効果があるのか気になるところです。香川大学と岩佐佛喜堂の共同研究により、お香が体に良い影響を与えることが実証されました。香木の白檀(ビャクダン)には体に好影響を及ぼすかもしれません。
2017.03.20
僧侶が思うこと・コラム

献血バスの日程と場所を調べる方法。日本全国、すべての都道府県で

献血できる場所に献血バス(移動採血車)があります。多くの場合は役場や警察署、または大型商業施設など、人が大勢集まるところに来ます。ハガキなどで依頼があっても都合が合わずに行けなかった場合に、自分でいつ・どこにくるのか調べる方法を紹介します。
僧侶が思うこと・コラム

お寺や神社、学校でイチョウ(銀杏)が植えられている理由

イチョウ(銀杏)の木はお寺や神社、または学校などの教育施設で植えられていることが多いですね。有名な所では京都の本願寺の逆さ銀杏があります。非常に樹高が高く手入れも大変で、秋には臭いにおいがする面倒なイチョウをなぜ植えているのかお答えします。
2017.11.21
僧侶が思うこと・コラム

寺の庭木の剪定。松は専門の業者(庭師)に頼むが間違いない。

お寺の庭木の剪定を専門の業者(庭師)にお願いしました。自分で摘みこまずに庭師に依頼すると費用が高くつくのですが、松を切るのは素人には難しいのです。やはり専門の技術を持った職人にお願いすると、仕事も早く仕上がりも美しいので松は依頼すべきです。
2017.01.17
野菜・家庭菜園

冬がおすすめ!生ごみ処理、屋外コンポストを始めるのにベストな時期

家庭の生ごみの量は一人当たり200グラム以上もあります。屋外型コンポスターはバイオ式生ごみ処理機とも呼ばれており大量の生ごみを堆肥化できます。初心者が始めるのなら秋冬がベストですし、高めの購入価格も助成金によって半額程度で手に入れられます。
僧侶が思うこと・コラム

なぜ宗派によってお経にたくさんの種類があるのか。

浄土真宗のお勤めには無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経の3つの仏典がお勤めされます。時には正信偈も勤めます。しかし宗派によって般若心経など短いものから長い経本もあります。宗派が違うことでなぜ経典の種類が異なり、種類がたくさんあるのか解説します。
2017.01.13
真宗の教えや考え方

お骨はなんで納骨しないといけないのか。お金も手間もかかるのに。

現代では火葬が当たり前になり、その結果故人の遺骨が骨壺に納まって家に戻ってきます。しかし現代では墓地に納骨をしない人も増えてきています。それは家庭や社会の事情もあるのですが、納骨をしなければならない理由が分からないのも原因のひとつです。
2017.01.11
真宗の教えや考え方

表白(ひょうびゃく)って何。法事や葬儀で僧侶が読んでいる願い

法事や葬儀の時などの仏事では僧侶が表白(ひょうびゃく)というものを読み上げます。これは経文や和讃・偈文とは異なり、導師がこの法会の趣旨を述べたものになります。仏様の徳を讃嘆し、法会に参拝している全ての人々が仏様の願いに出逢うために読みます。
2017.02.19
僧侶が思うこと・コラム

【雑記】昭和・平成と元号が変わっていくのはなぜか。

昨今では平成天皇陛下のご高齢による公務の負担軽減が話題になっています。今上天皇の生前退位についての議論も本格的に行われるようになりました。いろいろな問題は山積みなのですが、今回は元号について調べました。元号とは何でしょうかね。
2017.01.07