かっけい

お坊さん・私の出来事

京都観光のプランを計画しているが想像以上に費用がかかる話

ご門徒を連れた京都本山参拝旅行を計画していますが、「大人数+高齢者」の旅は宿泊費や交通費の2つが旅行費の大部分を占めており、想像以上に旅行代金が高額になります。
2018.03.14
僧侶が思うこと・コラム

朱蝋燭はどこで買う。なぜ売られていないの

年忌法要などの仏事では朱蝋燭(赤色ロウソク)を使うことがあります。しかし朱蝋燭はホームセンターや100均では売られていないことが多々あります。
2018.04.18
法事法要に関すること

浄土真宗・白骨の章はいつ読むのか。

浄土真宗では蓮如上人のお手紙である御文章を拝読します。葬儀では白骨の章を読みます。この白骨の章はいつ・何のために読むのかを説明します。
2018.03.11
僧侶が思うこと・コラム

平均寿命が延び長生きが普通になっても、自分とは関係ないよね

80歳以上の長寿がごく当然の時代になっていますが、自分の生死の問題は何も解決しません。現代では自分の死に対して無頓着になっているように感じます。
僧侶が思うこと・コラム

旧暦や月遅れのイベントは仏教行事ではよく使ってそう

新暦が浸透した時代ですが、地域行事や仏教イベントには旧暦や月遅れといったずらした日が採用されていることがあります。
お坊さん・私の出来事

お寺では3月彼岸までに庭木剪定を終えておきたい理由

お寺は春のお彼岸が訪れるまでには境内の庭木を剪定しておきたいです。それには冬場が樹木の剪定に適す時期だけでなく僧侶ならではの理由があります。
僧侶が思うこと・コラム

お寺が檀家(門徒)の数を正確に言えない理由

檀家数・門徒数について質問されます。しかし寺院側も正確な数字はお答えできません。それはお寺が隠しているのではなく、きちんと返答できないのに理由があるからです。
2018.03.05
真宗の教えや考え方

出棺時の霊柩車への合掌は、何に対して手を合わしているのか

出棺時・霊柩車がクラクションを鳴らすときに合掌礼拝をしますよね。しかし何に対して手を合わしているのでしょうか。浄土真宗僧侶が説明します。
お坊さんという人間

自分を律する・自戒することの難しさ

自分を律し戒めるのは非常に難しいです。自律自戒を持つことは大切ですが、過度な状態は危険でありバランスよく持つことが大切ではないかな。
香川・旅先のスポット

香川県丸亀と多度津にある2つの八十主神社について

香川県の丸亀市と多度津町には八十主神社があり、大国主神を祀っています。しかし名称や祭神や随神など微妙な違いがあります。
お坊さん・私の出来事

アイデアはどんどん文字にして紙に書いていくがよろし

ふと浮かんだアイデアはどんどんメモ帳や紙に書き、また手を動かし文字として残しましょう。振り返りやすくなり、次のアイデアが浮かぶきっかけにもなります。
香川県関係のスポーツ

カマタマーレの2018年はどうなるだろうか。順位が上がってほしい

2018年のカマタマーレ讃岐はベテランや主力選手が退団し戦力ダウンしたかもしれません。耐えるシーズンになる予想ですが、一方で多数の若手選手が加入し長期的には成長するクラブになるでしょう。
真宗の教えや考え方

お悔やみに「成仏して・迷わないで・冥福を」は浄土真宗では使わないよ

浄土真宗ではお悔やみの言葉に「成仏して・迷わずに・ご冥福を祈る」を使いません。その理由について真宗僧侶が説明します。
タイトルとURLをコピーしました