kaxtukei

僧侶・寺の現代と将来

お寺の参拝時間。門がいつ開き、何時に閉まるのか

東寺や本願寺や善通寺といった本山・有名寺院・観光寺院は閉門時間が早いですね。地方寺院と比較しながら門の開け閉め時間について説明します。
趣味・日常生活

岡山の地酒「三光正宗」の酒粕から甘酒を作ってみた

酒粕から甘酒を作る方法を紹介します。麹の甘酒よりも安価であり、温度管理をする必要がなく初心者でも失敗せずに作ることができます。
お坊さん・私の出来事

シロアリの調査をした。寺に被害があると困るからね

自坊のお寺で年一回のシロアリ点検を実施しました。寺社仏閣は白蟻の被害に合いやすいので、定期的な検査が大切です。
仏壇仏具の飾り方や作法

【お経の読み方】自分の速度でゆっくりと

僧侶がお経の読むときのスピードを説明します。お坊さんは高速であっという間に読みますが、一般の人はゆっくりと丁寧に一文字一文字を口に出すので大丈夫です。お勤めとは仏様に差し上げるためや流暢に読むためではありません。私に向けられた仏様からの呼びかけです。
法事法要に関すること

法事の回忌はいつまでするのか

法事法要の回忌はいつまでするべきなのでしょうか。世間では33回忌を弔い上げとしていますが、お坊さん的には年忌に終わりはないと考えています。亡き人・故人を偲ぶお勤めとは供養だけでなく、生きている私たちが仏法に出あうための大切な仏縁となります。
僧侶・寺の現代と将来

お寺はどの場所で遺骨を保管・お預かりしているのか

お墓の処分・墓じまいが進んでいる現代、お寺での遺骨の保管・預かりが増えています。今回はお寺のどこでお骨を預かっているのかを本山のような大きな寺院と地方の小さな寺院を比較して説明します。地方寺院の納骨場所には主に3パターンの方法があります。
僧侶が思うこと・コラム

年賀状の番号を企業もどんどん利用するべき

お年玉付き年賀はがきには右下に当選番号があります。この数字を利用して各企業が独自の割引イベントをしていることがあります。
2019.01.20
法事法要に関すること

法事の時期って正月(年末年始)は悪いの?

「正月(年末年始)の時期に法事はできるだろうか」と疑問に思いますか。お坊さん的には気にせず法事できますよと答えられます。しかし現実問題として、三が日や松の内と言われる新年の祝賀期間に法事法要をすることに悪いイメージを持っている人が多いようです。
お坊さん・私の出来事

【甘酒の作り方】寺の行事のために麹を使って準備した

お寺の行事で振舞う飲み物として麹で作った甘酒を用意しました。 麹(こうじ)とご飯から甘酒を作る方法を紹介します。
2018.05.29
僧侶・寺の現代と将来

小さなお寺って行きにくいよね。その理由は。

人には大きなお寺・神社にお参りする心理があります。一方で有名でもない町の小さなお寺には行きません。その理由を説明します。閉鎖的だと理由をつける人もいますが、僧侶の私の経験では目の前のお寺で賑やかにイベントをしていても小さなお寺には集まらないものです。
法事法要に関すること

除夜会・元旦会・元日会・修正会の違いは。

年末年始には仏教寺院では除夜会・元旦会・元日会・修正会と行事が多数あります。これら法要の違いはなんでしょうか。僧侶が違いについて説明します。年の瀬・年の始まりと忙しい時期ではありますが、神社だけでなくお寺にもお参りくだされば有難いです。
2017.12.31
真宗の教えや考え方

お坊さんは神社の鳥居を潜れるのか?

お寺のお坊さんは神社にお参りするのか。鳥居を潜れるのかと質問されます。特に浄土真宗はどうなんだと。結論だけ言うと参れます。真宗僧侶の私が、神様・神社にお参りすることについてお寺と比べながら解説します。ただお坊さんも色んな考えの人がいるからね。
2017.12.30
真宗の教えや考え方

除夜の鐘をついたって煩悩は無くならないよね

除夜の鐘は108の煩悩を消滅するために大晦日の夜に撞き鳴らします。しかし実際には鐘を撞いても煩悩なんて無くなりません。でもお坊さんの私は一年の最後の日をお寺の梵鐘を撞きに行くことをお勧めします。その理由について説明します。