京都世界遺産巡拝旅の募集を開始。

kaxtukei

僧侶・寺の現代と将来

曾祖母60年目の命日のお勤めで感じること

曾祖母の60年目の命日のお勤めをしました。最近では故人を偲ぶ命日のお勤めが疎かにされつつありますが、大切な仏教イベントです。今回は浄土真宗のお坊さんである私が曾祖母の死の話と、いま生きている私の有難さ・縁について紹介し、命日のお勤めの大切さを説明します。
2017.11.18
法事法要に関すること

法要・法事・仏事・僧事の違いとは

仏教行事には法要・法事がありますが違いは分かりますか?お坊さんである私が仏教の三宝の観点から法要・法事・仏事・僧事を説明します。法要とはどのような仏教行事であるのかをイメージ図を用いて、法事・仏事・僧事との関係性を示します。
僧侶が思うこと・コラム

雨の日の僧侶の履物を紹介

雨の日の履物について紹介します。 といっても雪駄の足先に雨除けのカバーが装着されているだけですけどね。
2018.01.08
お坊さんという人間

お坊さんは意外とコーヒーがお好き

お坊さんと言えばお茶ですね。喫茶で有名な栄西や侘び寂びで有名な千利休もいますからね。でもお坊さんは意外とコーヒーが好きです。もっと言えば紅茶などお茶以外の飲み物も好きです。今回はお坊さんとコーヒー・お茶に関する話をします。
本の感想

エッセイ,瀬川一郎「猫の数勘定」の感想

瀬川一郎の随筆集「猫の数勘定」の読書感想です。
2019.02.07
真宗の教えや考え方

門徒式章を着用してお参りできる人は素晴らしい

門徒式章(略肩衣)とは浄土真宗の門徒である証です。僧侶が着用する輪袈裟と似ており、仏様にお参りするときの必需品です。お寺での法要や葬儀・通夜、さらには法事・仏事などのお仏壇でのお勤めでも身に着けます。式章の着用は仏様への敬意を表す正装になります。
2017.11.11
僧侶が思うこと・コラム

11月は早寝早起きよく眠れる。浄土真宗お坊さんのつぶやき

浄土真宗のお坊さんである私は11月は早寝早起きの生活になります。睡眠時間をしっかりと確保して明日のお参りに備えるんですね。お坊さんのライフスタイルも一般人とそう大差がないのですが、なぜ11月になると急に生活が改まるのか。それは忙しいから大変だからです。
野菜・家庭菜園

十分に乾燥させたポップコーン。でもうまく破裂しなかった。なぜ?

収穫したポップコーンを家でしっかりと乾燥させました。絶対に成功すると思っていたのですが、白く綺麗に破裂したのは7割程度でした。今回は10週間乾燥させたトウモロコシからポップコーンを作る方法と、なぜ上手く破裂しなかったのかを紹介していきます。
ブログに関すること

ブログは自分の経験・思いを伝えようとすると書きやすい

ブログを書くのに悩んでいる人がいます。書くネタがないと。私のおすすめは自分の経験・体験・思いを文章にするといいよということです。有益な記事を発信することも大切ですが、それよりも自分の価値観や表現を使って文章を書く方が共感を得られやすくなるでしょう。
2017.11.07
僧侶が思うこと・コラム

本恩講・御恩講といったネーミングセンスは秀逸

親鸞聖人のご命日(報恩講)のことを本恩講(ほんおんこう)や御恩講(おんおんこう)と間違える人がいます。でも良いネーミングだと思いませんか。報恩講とは浄土真宗の宗祖の恩に報いる意味ですが、その恩とは本当の恩・大切な恩という意味もあるでしょう。
2017.11.06
お坊さんという人間

お坊さんにお茶を出すタイミング

お坊さんがお参りに来ると、お盆でのお茶の出し方やお茶出しのタイミングを悩んでいる人は多いようです。
2019.01.30
行事・イベントの案内

平成29年度報恩講法要のご案内

真宗興正派円龍寺の平成29年度報恩講(御正忌)法要を案内いたします。例年通り12月12日にお勤めします。報恩講とは親鸞聖人の恩に報じる講であり、恩を知り、感謝のお念仏をいただけるご縁に出会える法縁であります。ぜひお参り下さい。
果樹

ブルーベリーの紅葉。サミットは美しいね。

11月になり最低気温が10度程度になるとブルーベリーは紅葉し始めます。我が家ではハイブッシュ系の品種サミットが美しい深紅の葉を見せるようになりました。ブルーベリーという果樹は果実が美味しいだけでなく、落葉前の鮮やかで綺麗な葉の色も魅力です。