かっけい

お坊さん・私の出来事

メダカを飼うのならホテイアオイ(ホテイ草)が本当に便利

メダカを屋外で飼育する場合はホテイアオイ(ホテイ草)がおすすめです。 春に一株だけ買えば夏にはどんどん増えていますよ。
2018.07.10
趣味・日常生活

梅雨入りしたのに雨降らないね。水やりが大変や。

2017年の梅雨は梅雨入り宣言をしたのに全く雨が降りません。農家では田植えの時期になり大量の水を必要にしますし、家庭菜園をしている私も野菜の成長期・植えつけ時期でもある今は水やりが欠かせなくなっています。やはり雨が憂鬱でも少しは降ってほしいものです。
2017.06.16
香川県関係のスポーツ

カマタマーレ讃岐VSレノファ山口の割引券申込用紙が届いたが、観客少ないだろうなあ

カマタマーレ讃岐のホームスタジアム(Pikaraスタジアム)のそばに住んでいる地元民には年に数回、割引チケットの申し込み用紙が送られてきます。大人が半額で見ることができるのですが、地元の私はこのようなキャンペーンをしても観客数の増加にはつながらないと思います。
2017.06.15
お坊さんとブログ

お坊さんの私がブログをしている理由。

お坊さんがブログをするようになったきっかけを真宗僧侶が紹介します。今日では様々な情報がインターネット上で溢れています。しかしそれらの情報は正しくないこともあるのに、これが真実であるかのようにも伝えられます。仏教についてよく知っているのはお坊さんなので、その宗派のお坊さんが仏教を語ることが大切だと思います。
2017.06.15
仏壇仏具の飾り方や作法

真宗におけるお仏壇の必要性。

現代では仏壇を持たない家庭が増えてきました。それは生活スタイルの変化もあるでしょうが、単に仏壇が不要だと考える人が増えたからでもあります。しかし僧侶の私は仏壇が必要だと考えます。お仏壇の仏様をお参りすることはいのちに感謝するだけでなく、家族団欒の場でもあるからです。
2017.06.13
野菜・家庭菜園

お寺にはお野菜などが時々納められます。物納とも言われています。

お寺には畑で収穫した野菜や海で釣った海産物、山菜などを納める物納(ぶつのう)という姿があります。現代では少なくなっていますがお金を納めることだけが布施ではなく、得たものをお寺のご本尊にお飾りすることで感謝を表し、同時に僧侶が食すことでお寺の護持にも役立っています。
2017.06.10
趣味・日常生活

梅雨入りしたからツツジの挿し木をした。ついでにアカメガシも。

6月になり梅雨入りしたのでツツジとサツキとアカメガシ(赤芽樫)の挿し木をした。この時期は温度も湿度も高く挿し木の環境に優れており、挿し穂も春に伸びた枝の成長が止まる時期なのでベストです。一般的な植物と同じような手順で挿し木をし、用土は鹿沼土と赤玉土を使った。
2017.06.09
僧侶・寺の現代と将来

どんどんお参りが減っているね。お寺を維持するのはこれから難しそう

お寺の護持運営にはお金がかかります。そのお金はご門徒や檀家から預かるお布施によって賄われています。しかし最近では年忌法要や祥月命日のお勤めが減り、お寺を維持するのが難しくなっています。僧侶は兼業し、外から収入を得ることで何とか寺院を維持している現状です。
2017.06.08
野菜・家庭菜園

自家採種オクラの種まき。私はオクラの密植が好きだから筋蒔きで。

自家採種したオクラの種を6月に播きました。オクラは発芽適温が高く皮が硬いので一昼夜水につけておくと吸水がしっかりとでき発芽しやすくなります。成長が早く実が大きくなりやすいので、筋蒔き+密植栽培にすると成長が抑えられ硬くなりにくくなります。
2017.06.07
果樹

6月入るとブルーベリーの収穫が楽しみになるね。特にオニールが好き

暖地である香川県では6月に入るとブルーベリーが収穫可能になっていきます。ラビットアイ系統は7月以降ですが、ハイブッシュ系統ではもう収穫できます。特にオニールという南部ハイブッシュのブルーベリーは甘みも強くジューシーで、梅雨入り前の収穫なので嬉しいです。
2017.06.06
ブログアクセス

【8ヶ月目のアクセス記録】目標のブログに近づいてきた印象

ブログ8ヶ月を経過し「noindex」処理を完了させたことでアクセス数の減少を打ち止めできそうです。雑多なテーマを扱う雑記ブログでは目的のユーザーを選びにくくなり、またアクセス者もサイト内を閲覧しにくいです。内容を絞ることも大切だと感じます。
2017.06.03
お坊さんという人間

お坊さんは忙しい?実は暇なときだらけかも。

お坊さんのお仕事は大変だと思いますか。自分の時間がなく忙しいイメージがあるかもしれませんが、実際には暇な時間も豊富にあります。僧侶の仕事は24時間あり法務と雑務で構成されていますが、雑務と言うのはお坊さんのアイデア次第で自由時間にできます。
2017.06.02
僧侶・寺の現代と将来

お寺には定期的に不審者がやって来ます。正直かなり怖いです。

お寺には時々不審者が来ます。不審者とは怪しい行動をしており何か良からぬことをするんじゃないかと疑念を抱かれた人のことですが、お寺には放火や窃盗などの危険性が常にあります。ご門徒さんの大切なお骨も預かっていますので不審者には厳重に対応します。
2017.06.01
タイトルとURLをコピーしました