上部リンクユニット

ブログを初めるということ

投稿日:2016年10月18日 更新日:

 

 こんばんは かっけいです。

 

なぜブログを初めるのか

正直、これまでの人生の中で、小さな一寺院がインターネットを使った媒体で情報を発信する必要がないと感じていた

なぜなら 『 坊 主 』 というのは、表現を変えると、

  • 『 住職 (おじゅっさん) 』
  • 『 院主 』
  • 『 お寺さん 』

と呼ぶように、本来は、お寺(坊)に住み込み、お寺の伽藍・境内を維持し、真宗で言えば、お念仏の声が永代に渡ってつながっていく道場を護持していくこと。

これが真宗僧侶の使命のひとつであります。

現実には

しかしながら昨今の寺院状況を見ていきますと、ご家庭での仏事ではお参りが少なく、同様にお寺でのご法座でも減少の一途をたどっております。

このままでは真宗寺院の念仏道場としての機能が、薄まりつつあります。

興味をもってもらう

最近ではお坊さんを集めたバラエティー番組が人気があるそうです。
私は見ないので、何とも言えませんが、御門徒さんの評判はよろしいように感じます。

それは一般の人たちは、僧侶の生態がよくわかっておらず、何となしにイメージのみでお付き合いされてきているのではないでしょうか。

真宗は在家仏教とよばれるように、お肉を食べ、結婚もし、家庭をもって普通の人たちとそれほど変わらない生活を送っています。

何を伝えられるのか

 では何が違うのか。

真宗僧侶と、そうではない方たちとの 決定的な違いは

  • 仏教的なものごとの見方
  • 真宗的なものごとの見方、とらえ方、生き方

があるはずです。また、しばしば誤解が生まれやすいところでもあります。

 

私は普通の大学を出て、真宗僧侶としては少し回り道をしたかもしれません。
しかし、その中でこのブログを通じて様々なことを伝えたいと思います。

仏教のこともあれば、日常生活、日々の中で感じた事、手探りではありますがチャレンジしていきます。

さいごに

仏教の教えというのは『 智 慧 』という言葉で表されます。

それは仏教というのが生活の中で、人生のなかで、私の歩んでいく道しるべ・光となって、この私自身を迷わずに導いてくださるものです。

人生というのは思うようにならないのが、ごく普通のことなんですね。

その中で、仏教がどのような「はたらき」をしていくのか、拙い文章ながらも情報発信できるよう努めたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

光 道

 

記事下リンクad


-お坊さんとブログ
-

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.