香川県関係のスポーツ

香川県関係のスポーツ

カマタマーレは毎年J2最下位候補。でも弱いが応援したくなる

J2のカマタマーレ讃岐は毎年最下位候補です。実際強くもなく試合に勝つことは少ないです。 しかし一度も降格したことはなく上位クラブに勝つこともあり、応援したくなる不思議な魅力があります。
香川県関係のスポーツ

希善龍には昭和生まれ最後の幕内昇進を目指してほしい

香川県の大相撲力士である希善龍は9度の十両昇進記録を持っています。 また昭和生まれ最後の新入幕力士の記録を塗り替える可能性がある力士です。
香川県関係のスポーツ

カマタマーレの2018年はどうなるだろうか。順位が上がってほしい

2018年のカマタマーレ讃岐はベテランや主力選手が退団し戦力ダウンしたかもしれません。耐えるシーズンになる予想ですが、一方で多数の若手選手が加入し長期的には成長するクラブになるでしょう。
香川県関係のスポーツ

レクザムが丸亀市民球場のネーミングライツを獲得しそう/した話

丸亀市民球場は平成30年3月から四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀からレクザムボールパーク丸亀に名称変更しそうです。ちょっと契約内容が足元を見られているような印象です。
2018.03.11
香川県関係のスポーツ

希善龍8度目の十両になるだろうか?非常に微妙な成績

幕下2枚目の希善龍は4勝3敗と勝ち越し8度目の十両昇進となる可能性があります。 しかし他の力士の成績と比較すると昇進が難しそうな成績となりました。
2018.07.09
香川県関係のスポーツ

カマタマーレ讃岐、首の皮一枚でJ2残留確定。熊本もセーフ

2017年シーズンのJ2は最終試合までJ3降格圏の順位が確定しませんでした。カマタマーレ讃岐は19位とギリギリ残留しました。しかし実は試合が始まる前には仮に自動降格の21位でもJ3に落ちないことは分かっていました。J3の上位がJ2ライセンスを持っていないからです。
香川県関係のスポーツ

ガイナーズのドラフト。12年ぶりの指名ゼロという衝撃。

2017年のプロ野球ドラフト会議では香川オリーブガイナーズより選手指名がありませんでした。指名0人は12年振りの珍事です。確かに成績だけを見れば西武ライオンズが支配下枠3位で指名した伊藤翔選手よりも見栄えが悪いですが、決して呼ばれない成績でもなかったです。来シーズンは飛躍してほしいです。
2017.10.27
香川県関係のスポーツ

カマタマーレ讃岐を応援したいんじゃ。今なら負ける気がせえへん

カマタマーレ讃岐は毎年J2残留争いをしています。しかし2017年の今年は8月からクラブ史上初の5連勝をし、7戦負けなしと降格圏から一歩リードしました。残り試合数も10試合を切り、例年の残留ラインの勝ち点まであと9になりました。今後は首位の湘南ベルマーレと対戦するなど厳しい試合が続きますが勢いのままに勝ってほしいです。
2017.09.13
香川県関係のスポーツ

【香川オリーブガイナーズ】野球独立リーグはなぜ不人気なのか。

香川オリーブガイナーズは四国にある野球独立リーグに属しています。野球独立チームというのはプロ野球NPBと異なり、メディアの露出も少ないですし、一試合の観客動員数も少ないです。プロ野球への有望選手の育成や地域活性化といった存在意義があるのですが、なかなか理解が深まっていないのだと思います。
2017.08.01
香川県関係のスポーツ

希善龍、七度目の十両へ大きく前進!!今度こそ十両定着へガンバレ

希善龍は平成二十九年度名古屋場所で勝ち越し、十両復帰の可能性が高くなった。 これで七度目の十両昇進となるでしょう。昭和力士として頑張って欲しい。
2018.07.09
香川県関係のスポーツ

カマタマーレ讃岐、降格が現実味を帯びてきてるぞ。ホンマに

カマタマーレ讃岐はなかなか勝ち点を稼げずに最下位争いをしています。2017年からはJ2とJ3の入れ替え方式が変更され、J2下位2チームは自動降格となります。ですのでカマタマーレは降格の可能性が高まっています。ただJ3のチームはライセンスを取得できていないところも多いのでまだ降格が決まっているわけではありません。
2017.07.18
香川県関係のスポーツ

カマタマーレ讃岐VSレノファ山口の割引券申込用紙が届いたが、観客少ないだろうなあ

カマタマーレ讃岐のホームスタジアム(Pikaraスタジアム)のそばに住んでいる地元民には年に数回、割引チケットの申し込み用紙が送られてきます。大人が半額で見ることができるのですが、地元の私はこのようなキャンペーンをしても観客数の増加にはつながらないと思います。
2017.06.15
香川県関係のスポーツ

J2カマタマーレ讃岐の2017年シーズンの戦力はどうなったのか

J2サッカーチームのカマタマーレ讃岐の2017年の戦力を分析しました。シーズン開幕前なので移籍も完了したでしょう。讃岐はDFとFWに即戦力の選手が加入し守りも攻めにもプラスの戦力になったでしょう。今年のJ2リーグでは順位が上がると思います。
タイトルとURLをコピーしました