上部リンクユニット

お彼岸って天気が良いから寺院で法要があると思ってない?墓参り以外の意味があるんですよ。

投稿日:

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。

最初に質問です。「お彼岸ってどのような日でしょうか。」

  • 「お墓参りの日じゃないの?」
  • 「先祖供養の日じゃないの?」

そのような意味があると思われているのではないでしょうか。

間違っているわけではないのですが、その答えだと例えば、お盆とはどのように違っているのでしょうか。説明できますか。

お彼岸とお盆は全く別の仏教行事でありますし、お彼岸の中日を挟む前後3日間は各地の寺院で彼岸会法要が営まれています。

今回は『なぜお彼岸にはお寺で法要があるのか』・『お彼岸は墓参りをするだけの日ではない』ということを浄土真宗の見方でお坊さんが説明します。

お彼岸とはいったいどんな日なのか。

お盆との違いを説明。経典由来の行事。

今回はお彼岸についてがテーマですので、お盆については簡単に説明します。

お盆もお彼岸も皆さんお墓に行かれて掃除をしてお参りをしますよね。

お寺ではお盆の法要もあります。お彼岸も法要があります。

違っているのは、お盆は棚を設けお供え物を用意し先祖を迎える準備をして先祖を偲んでいるのです。

なぜお盆はそのようなことをするのでしょうか。

それはお盆とは『盂蘭盆経』というお経文に説かれている目連尊者の話にちなんで行われている仏教行事だからです。

一方で、お彼岸の行事は経典に直接ちなんだ仏教行事ではない。

お彼岸とは彼岸のことですね。(それは当たり前ですかね)

彼岸とは「彼方の岸」と説明されますね。

彼方の岸とは仏様の悟りの世界のことを指します。つまりは浄土ですね。

彼岸という言葉は昔のインドの言葉のパーラミター(波羅蜜)とされ、「到彼岸(とうひがん)」の略とされています。

到彼岸とは「彼の岸に至る」という意味です。

私たちは春秋の中日、春分の日・秋分の日を彼岸と呼んでいますが、それはお浄土に至る日ということです。

彼岸とは浄土に至る日という意味です。

なぜお彼岸にお寺で仏教行事があるのだろうか。

お彼岸とは暑さ寒さが和らいでいる心地の良い時期ですね。

台風がやって来るのを除けば非常にいいお天気が続くときでもあります。

ですのでこのお彼岸の時は、仏法聴聞・仏道修行に適した時期となるため各地の寺院では法要が営まれやすいのです。それは浄土真宗に限らず多くの仏教宗派でもです。

浄土真宗ではさらに意味のある日。

またお彼岸の中日にはある特徴がありますね。

太陽が真東から昇り、真西へと沈みますね。昼と夜の長さもほぼ同じです。

浄土真宗では西の方角が非常に大切な役割を持っています。

浄土三部経の一つ『仏説阿弥陀経』では阿弥陀様の浄土世界(極楽浄土)が西方にあると説かれています。

また『観無量寿経』には次のようにあります。

佛告韋提希 汝及衆生 應當專心 繋念一處 想於西方 云何作想 凡作想者 一切衆生 自非生盲 有目之徒 皆見日沒 當起想念 正坐西向 諦觀於日 令心堅住 專想不移 見日欲沒 状如懸鼓 既見日已 閉目開目 皆令明了 是爲日想 名曰初觀

阿弥陀仏の浄土を観想するために、お釈迦様は韋提希という人に、「あらゆる人は西方に思いをしっかりと向け、日が沈んでいく様子を見なさい。正しく西に向き坐り、日が沈むのを見なさいと(簡単な意訳)」と説かれています。(日想観と言われる)

阿弥陀仏のお浄土とは西方にあると一応説かれています。

ですので、太陽が真西に沈む西の方角を見て阿弥陀のお浄土をイメージすることは何よりも浄土を偲ぶ上で大切なことなのです。

お彼岸とは浄土に至るという意味です。

お彼岸のお中日とは太陽が真西に沈み、その光景を見ながら深く阿弥陀仏の浄土を思うことで、仏と私の心がつながるのです。

お彼岸はお墓参りだけの日ではない。お寺に参ろう。

お彼岸とはお墓参りをイメージされる人も多いでしょう。

もちろん普段お墓参りできない人が、この日だけはせめてお墓参りをするきっかけになってくれれば非常に有難いところです。

しかしですね。お彼岸とはお浄土を偲ぶこと、仏様との縁をいただく時であります。

浄土真宗的な考えになりますが、亡くなられた故人はすでに仏様のお浄土に生まれています。

ですので先祖供養としてのお墓参りだけではもったいないのです。

私たち浄土真宗のお寺ではお彼岸の頃に彼岸会(または讃仏会)という法要をしています。

それは先にお浄土に往生された父母・先祖を偲ぶだけでなく、そのご恩に感謝すると同時に、お参りを縁として仏法聴聞の場に出あわさしていただくのです。

さいごに。彼岸とは浄土のことである。この私のためである。

繰り返しになりますが多くの日本人は、お彼岸とはお墓参りの日・先祖供養の日と思われているでしょう。

しかし彼岸とはもともとは到彼岸の言葉であり、お浄土に至るという意味です。

お浄土とは仏様の世界のことであり、彼岸とは仏様の世界をイメージするのに最も適した日なのです。

なかなか私たちは仏様を深くイメージすることはできません。

しかしこのお彼岸の時は太陽が真西に沈み、最も阿弥陀仏のお浄土を偲びやすい日となっています。

お寺の彼岸の法要に参り、亡き人を偲び感謝するのと同時に、仏様の教えを聞き、仏様との出会いの場となれば幸いです。

記事下リンクad


-浄土真宗・仏教
-, ,

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.