プロフィール

こんにちは。

このサイトの管理をしています。 かっけい です。

かっけい  って?

真宗のお坊さんは、お釈迦様の仏弟子となったことを表す法名をいただきます。

法名は俗名(=本名)の読みを変えて名づける人もいれば、

全く新しく名づける人もいるんですね。

私は俗名の 金倉克啓(かつひろ)から釋克啓(かっけい)と

読みを変えた名前をいただきましたので、

かっけい という名前でこのサイトを初めました。

自己紹介

出身は円龍寺があります 香川県丸亀市金倉町です。

今もこの円龍寺で暮らしています。
お寺さんは自分のお寺を守っていくことも大きな使命です。

生まれは平成二年の26歳です。
お坊さんの中では、まだまだ若い方かもしれません。

中学・高校と丸亀で過ごし、大学も地元の香川大学農学部に進みました。
お寺の事情で京都にある龍谷大学や大谷大学に行かなかったですが、
仏教とは離れたことを学べた経験から、
普通のお坊さんとは少し角度を変えて、情報を発信できたらなと思います

お坊さんとして

9歳で得度

僧侶となるための一歩、得度というのを九歳で受けました。

九歳というと早い様に感じますが、
宗祖親鸞聖人も九歳で出家得度をされています。

そのため子供が得度を受けるのは、お寺の人間からすれば不思議なことではなかったです。

18・19歳 本山興正寺 華園学院スクーリング

香川大学1・2年次の時に、本山興正寺で行われていますスクーリングを受講しました。

仏教系大学に進まなかった私は、通信講座+年10日の合宿がある本山興正寺が行うスクーリングに参加し、仏教・真宗を学びました。

22歳 教師資格

22歳の時、真宗興正派興正寺より教師試験に合格し、 無事、 教師の資格を取りました。

ここでいう教師とは学校等で教育に従事する教員と異なり、
   宗教上の教化を行う資格を持つ人のことです。

教師の資格により、円龍寺住職として、継職する段取りはできました。

26歳 現在

本堂や納骨堂のお勤め、 御門信徒へのお参り、 お寺でのお座、 清掃・維持に毎日を過ごしております。

また機縁ありまして、丸亀市仏教会 金倉理事も務めさしていただいてます。

なにより、本サイトを初めました。 よろしくおねがいします。

趣味 好きなこと

将棋 ( チェス チャンギ など )

将棋は男の子なら一度はしたことがあるのでないでしょうか。

私は小さな頃から将棋が好きでした。祖父や父から駒の動かし方を教えてもらい、段ボールに盤と駒を描いて楽しんでいました。小学校からはクラブ活動で将棋を楽しむ機会に恵まれました。

この10年・20年の間にコンピューターが人間以上の実力を持つようになり、もっぱらパソコンでコンピューター対戦を楽しんでおります。

でもやっぱり、プロ棋士による対局、特にタイトル戦といった人間同士の読み合い、駆け引きはコンピューターとは違った熱がありますね。

 

また、将棋以外にも、チェスやチェンギ(朝鮮将棋)といった駒をうがすゲームも同様に好きです。

最近では、動物将棋といった、一風変わった将棋もやっています。

栽培 ( 野菜 ・ 果樹 )

私の住んでいる丸亀市は香川県の西讃、中讃地域にあたり、
善通寺だとキウイフルーツ、 飯山だと桃、 多度津だとブドウといった特産の果物に恵まれています。
また、野菜でもアスパラガス、 ニンニク、 ナス、玉ねぎといった様々な魅力あるものが生産されています。

私自身も農学部で果樹学を専攻しました。香川県は面積が狭いかわりに、品種開発に力が強く、研究室の教授は園芸学会の会長でもありました。大学生活の中で、果樹・野菜に興味を持ち、素人ながらではあるものの時間をつくりながら、個人的に栽培をちょこちょこっとしています。

ご門徒の皆様が農家の方が多いというのも、私にとってはアドバイスを頂けたりする有難い先生です。

このサイトでも野菜、果樹の魅力を伝えられたらなと思います。

苦手なこと

機械・ネット 関係

私はなかなか機械オンチなのか、パソコンや電子機器はとことん苦手です。
スマホも持ちたいとは思わない性格です。

恥ずかしいことに、電球を替えることもなかなかに難しいです。
草刈り機と噴霧器はなんとか動かせるんですが。

私がサイトを初められなかったのも、やり方がホンマにわからなかったからです。
正直、今も ちんぷんかん で手探りでやっています。このプロフィールだけでも、もう5時間ほど経っています。

さいごに

最後にここまで読んでいただいて有り難うございます。

つたない文章、わかりにくい言葉づかいも多々あったと思います。

なるべく多くの情報を発信し、仏教的・真宗的なものごとの見方から
あっ!お寺ってこんなところなんだ や
お坊さんとの接点・興味・つながり をいただけたらなと考えています。

 

文章力・表現力をあげて、皆様により伝わりやすいサイトにできるように
努めていきます。

有り難うございました。

投稿日:

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.