上部リンクユニット

正座離れ。お寺の椅子席化についての疑問

投稿日:

こんばん。 真宗僧侶のかっけいです。

最近では、お寺で椅子が用意されているのは、ごくごくありふれた光景になってきましたね。

こんなこと言うと、私が常識はずれだと批判されたりしますが、

私は仏さん参りに椅子席が当たり前となるのに違和感を覚えます。

 


正座とはそもそも何か

まずは辞書で意味を調べてみましょう。

正座
礼儀正しくきちんとすわること。膝をそろえてきちんとすわること。
            ー日本国語大辞典 第2版ー

辞書の意味では、きちんとすわること、となっていますね。

なにか曖昧な表現ですね。

続けて、「 正 」という言葉を調べてみましょう。


①ただ-しい・タダ-シ ㋐かたよらない、真っすぐなさま。
連用化 真っすぐに。きちんと。「正坐」   ー全訳 漢字海ー

辞典を見てわかることは、「正しい」という文字は正式であると言う意味だけではないということです。正座には、かたよらない、真っすぐなさま、という意味があてられていますね。

 

よく学校の先生が姿勢を正して座りなさいといいますよね。

そうすると子供さんは背筋を伸ばして、真っすぐに前を見て座りますよね。

私は仏さん参りで座る正座も、これと全く同じことだと思っています。

 

ただし、注意しないといけないのが、正座は座るときの様子が説明されていても、何に座るのかまでは、限定されていないんですね

 

正座の歴史

正座の歴史は、なかなかに説明しづらいんですよね。

なぜならかたよらずに・まっすぐに座る正座と、
    その場その場での行う正式な正座では歴史が違うと思うんですよね。

 

例えば国によっても異なりますよね。

お隣韓国では、男性は胡座(あぐら)、女性は片膝立ての座り方が正式とされているんですね。民族衣装のチマチョゴリを着たときはそのほうが美しく見えるんだとか。

中国では座るというのは主に椅子に座るということなんですね。中国では、主に座る・しゃがむ・立つという3つの形で姿勢が決まっているんですね。
そもそも中国での正座はという言葉は、座る位置での上座という意味で、正しく座ると言う意味ではないんですね。

 

日本では椅子に座るという文化が、どういうわけか広まらなかったんですね。そのかわり、700年頃か800年頃に中国から、様々な座り方が伝わったそうです。日本人は床に腰を下ろしたり、床に座ったり、畳に座ったり、身分の上下で様々な座り方をしてきたそうです。

今日の両膝を180度近く折り曲げて座る正座と言うものは、室町時代の頃に正式な座り方となったそうです。しかし、武士は片膝を立てるのが、江戸時代までごくありふれた座り方だったそうです。なぜなら、刀を素早く抜けないといけないですし、立ち上がるときに手間取っては命がいくつあても足りませんからね。

それまでの正座というのは、偉い人物が畳のところで座る上座のような意味だったんですね。普通の人は、地べたや、木の板の上に思い思いの座り方をしていたはずです。

江戸時代以降に、畳が一般に広まるようになって、庶民にも正座という座り方が広まりました。
また、武士も比較的安定した時代になったため、両膝を整えて座る正座が美しく、正式な座り方になったのですね。また、その他にも茶道・華道・武道・仏道などあらゆる道を求める作法でも、取り入れられるほど、きちんと、まっすぐとした姿勢という認識になったのですね。

しかし、明治以降、椅子が西洋文化の流入により広まり、畳の上に座るというのが徐々に減り、正座というのも廃れてきているのですね。

 

お寺に椅子はふさわしいのか

私の意見になりますが、お寺に椅子があっても問題はないと思います。

ただ、気掛かりなことがあるんですね。

まっすぐに座る正座ができにくくなるということです。

 

私達人間は楽な方に楽な方に向かっていく傾向があるんですね。

それは仕方ないです。
だれが足がしびれるような辛い座り方をするんでしょうか。

 

でもね、忘れてほしくないのは、お寺の本堂というのは道場なんですね。仏さんにお参りに来ているところなんですね。

木の板に座るのや、石に座るのが相当大変なのは、わかります。

それで、畳を用意しているんですね

でもまだ足りない。

すると座布団を用意するんですね。

でもまだまだ足りない。

そうなると、畳に座るのをやめて、椅子を用意するんですね。

 

円龍寺でも椅子席は本堂で30脚は用意しています。

足の悪い人、正座ができない人が座るために用意しているんですが、楽をするために座る方もひょっとしたらいるんではないでしょうか。

椅子に座っている人見たら、いつも思うことがあります。

姿勢がよろしくないなぁと。

 

椅子に座ると往々にして、足を前に投げ出すんですね。

そして、背もたれに背をもたせかけますね。

するとだんだん手の置き場がなくなるんですね。腕を組んでいきますね。

そして、最後は眠ってしまいますね。

眠ってしまうほど居心地のよろしい場所だとしたら、ありがたいですが、仏事に来られているので、できれば起きておいてほしいものです。

 

知っていますか。腕を組むと合掌できないですよ。

 

お寺に椅子があるのは時代の流れに沿って、ごく自然のことだと思います。
でも当たり前かといったら、違うんではないでしょうか。

お寺はお参りの方が一人でも多く、仏さんに参ってほしいという思いで、色々と接待をしています。そして仏様に参って、感謝と敬いの合掌をしていただけたらなぁと思います。

合掌・礼拝は姿勢を正さないとできませんよね。

畳に座って足を崩しても、投げ出しても問題無いと思います。

仏さんに手を合わすときに、きちんと真っすぐに座れればいいんですから。

 

そのうちに、椅子では足りなくなって、ソファや布団を用意する時代がやって来るかもしれないですね。

 

正座という文字の失敗

私たちは正座というと、正しい座り方のような意味だと思いこんでしまうんですね。もちろんそういう意味合いでの用い方もありますよ。

でもね、きちんと姿勢を正して座れればなんでも正座なんですよ。

ただ、椅子席だと、楽をしてしまってなかなか難しいくなりますね。

 

時々、正座は正しくない、あんなに膝に悪い座り方はないと言う人がいます。

私も膝にはよろしくないと思います。

しかし、腰には負担がかからない座り方とも言われます。

 

一方、椅子に座るのも、辛い時がないですか。

腰椎や股関節、下肢の関節に負担にがかかっているそうです。

 

それぞれの座り方にも一長一短があります。

その意味では私は正座ではなく整えて座る「 整座 」で広まっていたら、また違った捉え方になっていたんではないかなと思います。

 


Sponsored Links  

さいごに

私はお寺に椅子席があるのが当たり前になりつつあるが、違和感を覚えるとしてきました。

しかし、お寺さんもだんだんと椅子に腰掛けるのが普通の時代になりつつあります。

 

勘違いしてほしくないのは、

私がお寺に椅子席がダメだと言っているのではないことです。

 

椅子は非常に便利なものです。楽ができます。

楽ができるんですけども、仏さんに手を合せるとき、お話を聞くときは、崩していた姿勢をきちんと正していただけたらと思います。これは畳に座るときでも同じことです。 

 

余談になりますが、膝を180度近く曲げて座る正座ができるというのは、動物の中でも、人間だけらしいですよ。

なぜなら、下肢に全体重をかけて座ると、緊急のときに動けないですからね。

自然界ではいつ襲われるのか、心を落ち着けることができない状態です。

仏様に正座をし、向き合い、念じることができるというのは、
有り難い中にも、なおありがたいことではないでしょうか。

 

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

円龍寺もいずれかは椅子席を増やしていくと思います。

 

 

8/11~SP用リンクと関連

8/11~PC用リンクと関連

-僧侶が思うこと・コラム -

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.