上部リンクユニット

7月入ってセミが鳴き始めた。まだ梅雨は明けてないのにね。

投稿日:

こんばんは。 真宗お坊さんのかっけいです。

「今年はセミが鳴くのが少し遅いようです。」とニュースで聞いていたのですが、私が住んでいる香川県では今日意識して生活してみますと、あちらこちらからセミの『ミィ~。ミィ~。』という鳴き声が聞こえてきました。

(データとしては今年はセミの鳴き声が遅いようです。参照サイト:weathernews題「今年、セミ鳴いていますか?」)

おそらくですが、今年の梅雨は前半が空梅雨で30度を越えるような暑い日が続いたのですが、7月に入って急に連日の大雨が続いていました。香川では九州・中国のような大雨ではなくこの数日は比較的お天気でした。

今日も夕立が降るまでは曇り空で過ごしやすい天気でした。

セミも梅雨が明けて夏が訪れたと勘違いしたのでしょうか。

今日はまだまだ数は少なく、うるさくはなかったですが確かにセミの鳴き声があちらこちらからしてきました。

お寺の境内を見ましてもセミの幼虫が土から出てきたような丸い穴が数か所、ぼこぼこと見受けられました。

聞くところによると、セミというのは外気温の変化を感じることによって土中から出てくるようです。熱帯夜のような最低気温が25度を越えるような蒸し暑い日が続くとこれからどんどんセミが出てくるようです。

ただ、まだ梅雨は終わっていませんね。

今から鳴き始めているセミはちょっと判断を誤っているのかもしれません。

香川では例年7月中旬にならないと梅雨は明けないですし、雨が降っている中で土中から出てきても鳴くどころではないですね。

セミの地上での命はおよそ1週間~1か月と言われています。

まだまだ暑い夏はこれからやって来るはずなので、5・6年も土の中で幼虫として大きくなってきたのだからもう少し我慢してほしいものです。

「急いては事を仕損じる」

この言葉は人だけでなく、あらゆる生き物、出来事に通ずるでしょう。

もちろん梅雨の最中に鳴いているセミも「今がベストタイミングだ」と信じて土から出てきたのでしょうが。

私たちも日常生活の中ではあらゆることを決めながら行動しています。ただ大切なことや、今まで我慢して取り組んできたことをいざ行動に起こすときは、ふと立ち止まってみて確認するのも大切なのではないでしょうか。

そんなことを夕方の大雨が降る中で鳴いているセミの声を聞きながら思っていました。

8/11~SP用リンクと関連

8/11~PC用リンクと関連

-僧侶が思うこと・コラム -,

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.