お坊さん

僧侶が思うこと・コラム

誕生日が春の有名なお坊さんって意外に多いよね

日本の歴史上の有名なお坊さんは、春生まれである人が多い印象です。例えば法然の4月7日、親鸞の4月1日です。
お坊さんという人間

戒名・法名が他の人と同じことはあるのか

仏教では仏弟子としての名前を授かります。漢字二文字で構成され、他人と同じ戒名・法名となるのはごく自然なことです。
お坊さんという人間

お坊さんの職業は他人の不幸で成り立つのか?

僧侶は葬儀や法事でお金を受け取るので、他人の不幸で商売をしていると考える人もいます。しかしお坊さんの立場から言えば、それは間違ったものの見方です。
僧侶が思うこと・コラム

お坊さんが案内するお寺参り「団体参拝」が減った理由

団体参拝とは集団でお寺にお参りすることです。かつての地方寺院は積極的に団体参拝していましたが、現代では団体参拝をするお寺がかなり少なくなりました。
2019.03.12
浄土真宗・仏教

戒名の歴史。日本で最初の戒名は誰なのか。ヒントは鑑真

奈良時代に鑑真は授戒僧として唐より来日しました。鑑真により正しい仏教の戒律が伝わり戒名を頂いた僧侶が誕生します。日本最初の戒名は聖武天皇とされます。聖武天皇は国分寺や東大寺の廬舎那仏を建立したりと、仏教により混乱した世の中を治めようとしました。
2019.03.05
僧侶が思うこと・コラム

親鸞聖人の火葬場所,鳥辺野(とりべの)をおもう

京都東山の鳥辺野(とりべの)は浄土真宗の宗祖親鸞聖人の火葬場所と知られています。しかし正確な場所は不明です。
僧侶が思うこと・コラム

「僧衣で運転して反則切符」に反論することが下らない

お坊さんが僧衣を着て車を運転し反則切符を切られました。一部の僧侶らは僧衣でのパフォーマンス動画を発信し、事が大きくなっています。
2019.01.26
僧侶が思うこと・コラム

夏より冬の方がお坊さんの私は好き

夏よりも冬の方が好きな人は多いようです。 どの季節にもデメリットはありますが、冬の寒さはプラスに変えやすいです。
2018.12.16
僧侶が思うこと・コラム

お坊さんは衣や袈裟を着ると僧侶らしくなるのか

お坊さんにとって黒い衣や袈裟は制服です。お坊さんと衣について紹介します。
円龍寺の行事

法要前のお寺掃除はとっても大変

家での年忌法事と同じようにお寺の法要も、掃除の準備が大切です。 お坊さんが何日もかけて掃除をして法要に間に合わせています。
2018.11.29
お坊さんという人間

お寺の人が亡くなった時の葬儀は一般家庭の葬儀とどう違うのか

お寺の人が亡くなった場合の葬儀は在家の葬儀と違いはほとんどありません。 しかし葬儀会場や参列する僧侶の数といった特徴がみられます。
お坊さん・私の出来事

袈裟や法衣はお坊さんの大切な服装だから買うことも稀にある

袈裟や法衣は仏様にお参りする時のお坊さんの正装です。非常に大切な服です。 高価ですが何十年も着続けるため、コストパフォーマンスの良い服装と言えるでしょう。
2018.10.28
お坊さんとブログ

ブログの更新が滞る理由。お坊さんにも忙しい時期がある

ブログの更新を続けるのは難しく一週間ほど記事更新を止めました。 ブログはアウトプットの場とすれば負担なく楽しく続けられると思います。
2018.10.26