お坊さん

香川生まれの月照上人の地を訪ねて。西郷と入水した人物

西郷隆盛と入水した月照上人は大阪ではなく讃岐香川県の生まれです。 尊王攘夷の僧侶、月照・信海の生誕地と出家の寺を紹介します。
2018.05.11
円龍寺の行事

寺の参拝計画について。本山への団参旅行やりたいね

団体参拝(団参)とは住職が門信徒を連れて本山にお参りすることです。ツアー会社の旅行と違い、宗派の教えや歴史を詳しく知ることができます。本山の僧侶が本堂にて読経や説明をしてくれますし、念仏奉仕団として清掃活動をして、より深くお寺を身近に感じられるでしょう。
僧侶が思うこと・コラム

雨の日の僧侶の履物を紹介

雨の日の履物について紹介します。 といっても雪駄の足先に雨除けのカバーが装着されているだけですけどね。
2018.01.08
お坊さんという人間

お坊さんは意外とコーヒーがお好き

お坊さんと言えばお茶ですね。喫茶で有名な栄西や侘び寂びで有名な千利休もいますからね。でもお坊さんは意外とコーヒーが好きです。もっと言えば紅茶などお茶以外の飲み物も好きです。今回はお坊さんとコーヒー・お茶に関する話をします。
僧侶が思うこと・コラム

11月は早寝早起きよく眠れる。浄土真宗お坊さんのつぶやき

浄土真宗のお坊さんである私は11月は早寝早起きの生活になります。睡眠時間をしっかりと確保して明日のお参りに備えるんですね。お坊さんのライフスタイルも一般人とそう大差がないのですが、なぜ11月になると急に生活が改まるのか。それは忙しいから大変だからです。
お坊さんという人間

お坊さんにお茶を出すタイミング

お坊さんがお参りに来ると、お盆でのお茶の出し方やお茶出しのタイミングを悩んでいる人は多いようです。
2019.01.30
お坊さんという人間

通勤時のスニーカーが推奨されてきたことについてお坊さんが思うこと

スポーツ庁が平成30年春からのスニーカー通勤を奨励しました。足袋・草履を履くお坊さんの私からすればマナー云々よりも、スニーカーを履くことにより周囲に与える印象が悪くなる可能性について気になります。服装を整えるということは襟を正すということです。
僧侶が思うこと・コラム

秋10月でももう肌寒く感じるけども、お坊さんには適温かもね。

お彼岸が過ぎ秋10月になりますと肌寒い日が続きます。お坊さんの服装も冬仕様に衣替えするのですが、僧侶にとっては適温と感じる時期かもしれません。お坊さんの私にとって読経時には腹式呼吸により体が熱くなりますので、気温が寒い秋・冬・春の方がちょうどよく感じます。
2017.10.18
お坊さんという人間

男性僧侶の髪型は短髪でもいいの?坊主頭にしなくていいの?

お坊さん(坊主)の髪型は坊主頭と呼ばれ、一般的にはお坊さんは頭を丸めているのがイメージされますね。しかし実際には浄土真宗のお坊さんをはじめ、男性僧侶は短髪のことが多いのではないでしょうか。今回はお坊さんはなぜ坊主頭にするのか、なぜ短髪の髪型でもいいのかについて説明します。
浄土真宗・仏教

お坊さんの服(衣)にも夏用と冬用があります。衣替えの時期なので紹介。

僧侶の服装(衣体)にも学生服や企業服のように衣替え(更衣)というのが存在します。仏教宗派によっても時期は異なるでしょうが、6月から夏服、10月から冬服に替わります。今回はお坊さんの私が写真を交えながら、夏仕様の衣と冬仕様の衣を比較しつつ紹介します。
お坊さんという人間

私がお寺の跡継ぎになった理由。

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 私は現在27歳の浄土真宗のお坊さんです。 現代のお寺の多くは親から子に代が続いていく世襲制が一般的なのですが、現実には跡継ぎがいないお寺が増えつつあります。 跡継ぎがいないのには理由があります。...
僧侶が思うこと・コラム

ハロウィンと仏教について、お坊さんの私が思うこと。

元々ハロウィンは古代ケルト人の秋の収穫祭や、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったのですが、日本に渡り独自に変化しました。仏教とハロウィン行事について思うことを書きます。
2018.10.09
お坊さんとブログ

お坊さんも仏教を英語で伝えようよ。まずはブログを書こうや。

仏教を英語で伝えようとしているホームページやサイトは少ないように感じます。また僧侶自身が英語を使って仏教を説明していないようにも思えます。現代は国際的な時代であり、外国の人も手軽に日本のことや仏教の情報を調べることができます。まずはブログで手軽に初めてお坊さんも伝える努力をしていく必要があるのではないだろうか。