「 お寺の今後 」 一覧

no image

熱中症の対策はお寺も考えるべき。子供と高齢者が集まるイベントでは特に

お寺では熱中症になりやすい子供や高齢者への十分な対策がとれていないことがあります。
これからの猛暑の時代はソフトで柔軟な対策を僧侶は考えていくべきだろう。

no image

葬儀会場はどこにする?お寺でする場合は葬儀会館とどう違う

宗教施設であるお寺は仏式葬儀に適しており、厳かな雰囲気で葬儀を行えます。
常に須弥壇や本尊が安されお飾りの費用が抑えられ、葬儀料金が抑えられるかもしれません。

no image

初物と仏教。高額な初競りを見て思ったこと

初物が取引される初競りにはご祝儀相場から高額な金額がつけられます。
祝意を表すのは金額だけではなく、僧侶からすればそれもしてほしいです。

no image

歴史的な寺が多い京都は大きな地震が来たらアウトじゃない

日本は地震の発生の多い国です。先日大阪でもM6.1の揺れを観測しました。
歴史的な建築物の多い観光都市京都は震災の影響を受けやすいのではないだろうか。

墓地の地蔵菩薩。両手で宝珠を持つ

墓じまいをして寺に改葬する人が増えている現状

墓地の維持ができず墓じまいをするケースが増えています。
その後、先祖の遺骨の永代供養場所として寺に改葬する人が増えています。

no image

寺に宿泊する需要供給は民泊新法によって増加するのかな

平成30年より民泊に関する新たな法律『住宅宿泊事業法』ができました。従来よりも気軽に観光客を有料で宿泊できるようになります。
しかしお寺を宿泊場所として提供するのには問題点もあり、民泊新法により需要供給がバランスよく進むのかは未知数です。

no image

寺院運営において商標は取得するべきはないだろうか

お寺には寺号や寺紋があります。会社でいう企業名や企業ロゴです。企業は自社ブランドのために商標を取得していますが、多くの寺はしていません。これは今の時代、非常に危険ではないだろうか。

no image

お寺の本堂を教室として利用することへの賛否

寺院との関係が希薄化している現代、カフェやヨガ教室として利用し、親しみを感じてもらおうとしている寺もあります。
一方で私は寺の本堂を貸し出すのには否定的な意見を持ちます。

少子化とともに消滅していく仏教行事について

少子化の今日、子供の数は年々減少し、戦後の半分ほどの数になりました。
子供が主役の花まつりも維持するのが困難な状態になっています。

no image

寺に参拝することの難しさは何か。若者が行かないのはなぜか?

地方のお寺や檀那寺の法要に参拝する人は多くありません。お参りに来るのは高齢者ばかりで、若者の参加者は非常に少ないです。なぜ寺に行かないのだろうか。

no image

葬儀は今後20年は増え、そして減少するって話

高齢化社会・多死社会の現代、死亡者数は増加しています。2040年頃がピークとなり、その後は減少します。僧侶の目線でお寺と葬儀について書きます。

no image

これからのお寺は簡単な作りのお堂がいいのかもね

お寺の本堂は大きく立派な作りをしています。しかし護持するには多額の費用が必要です。お参りや信仰の減少が著しくなっている現代では、簡単な作りのお堂を構えた方がいいかもしれません

僧侶名刺の記載例。何を書く。

お坊さんの名刺作成。デザインを自作するのが難しかった

自作のデザインでお坊さんの名刺を作りました。悩んだ点と記載したい内容についても紹介します。

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.