「 お寺の今後 」 一覧

no image

寺に参拝することの難しさは何か。若者が行かないのはなぜか?

地方のお寺や檀那寺の法要に参拝する人は多くありません。お参りに来るのは高齢者ばかりで、若者の参加者は非常に少ないです。なぜ寺に行かないのだろうか。

no image

葬儀は今後20年は増え、そして減少するって話

高齢化社会・多死社会の現代、死亡者数は増加しています。2040年頃がピークとなり、その後は減少します。僧侶の目線でお寺と葬儀について書きます。

no image

これからのお寺は簡単な作りのお堂がいいのかもね

お寺の本堂は大きく立派な作りをしています。しかし護持するには多額の費用が必要です。お参りや信仰の減少が著しくなっている現代では、簡単な作りのお堂を構えた方がいいかもしれません

僧侶名刺の記載例。何を書く。

お坊さんの名刺作成。デザインを自作するのが難しかった

自作のデザインでお坊さんの名刺を作りました。悩んだ点と記載したい内容についても紹介します。

no image

お寺の参拝時間。門がいつ開き、何時に閉まるのか

東寺や本願寺や善通寺といった本山・有名寺院・観光寺院は閉門時間が早いですね。地方寺院と比較しながら門の開け閉め時間について説明します。

no image

小さなお寺って行きにくいよね。その理由は。

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 先日無事に除夜の鐘及び除夜会を終えて、新年を迎えられました。 田舎の小さなお寺ではまだまだ大晦日の夜に梵鐘を撞く習慣が残っており、今年はサイト内で除夜の鐘と除夜会の ...

本堂正面の柱

巨大地震が来たら寺の倒壊は諦めないといけないかな

こんばんは。 香川県にお寺がある僧侶のかっけいです。 お寺を維持していく上において自然災害による傷みは避けて通れない問題です。 例えば震災、津波、火災がありますね。他にも浸水被害やシロアリなどによる腐 ...

お寺の梵鐘、鐘撞のお知らせ

「除夜の鐘がうるさい」って苦情がないのは有難いなあ

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 そろそろ2017年も終わりが来そうですね。後10日で2019年です。 昨年でしたっけね、ニュースで「除夜の鐘がうるさいんじゃ~」って報道されたのは。 お坊さんからす ...

no image

あなたは3代目ですかと尋ねられて気づいた、寺との付き合い

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 先日お寺に来られた人から次のようなことを尋ねられました。 「あなたは3代目なのですか?」 私は反射的に、「いいえ、24代目ですよ」と答えてしまいました。 我なが ...

no image

私がお寺の跡継ぎになった理由。

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 私は現在27歳の浄土真宗のお坊さんです。 現代のお寺の多くは親から子に代が続いていく世襲制が一般的なのですが、現実には跡継ぎがいないお寺が増えつつあります。 跡 ...

no image

お坊さんも仏教を英語で伝えようよ。まずはブログを書こうや。

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 私がブログを初めてはや一年が経とうとしております。 自分の中で立てていた目標が達成できたのでブログを続けるかどうか悩んでいたのですが、自分の中で新たな目標ができ ...

no image

なぜお寺に参らないのか。特に若者は。その理由を考えてみた。

こんばんは。 浄土真宗の僧侶かっけいです。 皆さんは一年間にどれくらいお寺に行っていますか? 本当は普段お付き合いしている檀那寺や菩提寺に限定して聞いてみたいですが、観光として行くお寺も含めて思い起こ ...

お寺の法要のために椅子を並べた。

お寺の法要で椅子を用意するメリット・デメリット。畳との相性は悪いように感じた。

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 自坊の本堂で今日、秋季永代経法要が勤められました。 法要に向けて、本堂参拝者用に新たに椅子の数を今までの2倍以上の35脚増やしました。 今回は私が感じた「お寺の法要 ...

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.