「 報恩講 」 一覧

10月に寺で報恩講を勤める理由

10月に寺の報恩講法要をするのって早いの?

浄土真宗の各本山は報恩講を七昼夜にわたり法要します。しかし地方寺院では10月といったやや早い時期に法要を勤めることもあります。なぜ10月の命日よりもずっと早い時期に寺にて法要するのでしょうか。

no image

報恩講法要の日程は一週間となぜ長いのだろうか。その理由

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 浄土真宗では11月28日または1月16日を宗祖親鸞聖人のご命日として、各本山では盛大に法要を営みます。 しかしどうでしょうか。こんなことを思ったことはないだろう ...

報恩講、お仏壇のお飾り例。5具足にする。

報恩講さんのお仏壇のお飾り・準備

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 旧暦11月28日は浄土真宗の宗祖親鸞聖人の御命日です。 浄土真宗では親鸞聖人のご命日を偲ぶお勤めを報恩講と呼んでいます。そして報恩講参りとして 各お寺のお坊さん ...

2つの花

【解説】報恩講ってなに。浄土真宗で一番大切な行事だよ

こんばんは。  真宗僧侶のかっけいです。 この10月から11月、12月、1月は浄土真宗の人たちにとって、非常に重要な行事があります。 しかし、お参りをしていて感じるのが、御門徒さんの中には「報恩講」が ...

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.