「 建物 」 一覧

灯篭とアジサイ

お寺に納骨する時、納骨堂と本堂に建物が分けられている理由

お寺には納骨堂というお堂が建てられていることがあります。
本堂とは役割が違うため、本来は本堂と納骨堂は別々に分けて建てられます。

雷門で有名な浅草寺。聖観音菩薩をまつる聖観音宗の本山

お寺巡りをする時に事前に確認しておくこと

お寺の仏様や宗派を知らずに漠然と参拝している人が多いです。
歴史や文化をより深く知るために、お寺巡りをする前には予習しておきましょう。

とある建物の対面所

御簾にある白赤黒色の房飾りについて

寺院や神社の建物には御簾(みす)があります。御簾には白赤黒の3色を配色した3段染めの房飾りがありますが、この房飾りの意味はなんでしょうか。

no image

防犯カメラの設置はお寺・神社では必要なこと

寺社仏閣は年間に7000件ほどの窃盗の被害があります。
防犯カメラを人目に付くように設置するだけで寺社仏閣に対する犯罪が減ります。

no image

葬儀会場はどこにする?お寺でする場合は葬儀会館とどう違う

宗教施設であるお寺は仏式葬儀に適しており、厳かな雰囲気で葬儀を行えます。
常に須弥壇や本尊が安されお飾りの費用が抑えられ、葬儀料金が抑えられるかもしれません。

中津万象園「海望亭」の入り口外観

中津万象園の海望亭に行ってきた

2018/06/22   -観光地
 

香川県多度津町には京極氏の庭園「中津万象園」があります。
新たに休憩所の海望亭がオープンしたのでどのような建物が見てきました。

no image

歴史的な寺が多い京都は大きな地震が来たらアウトじゃない

日本は地震の発生の多い国です。先日大阪でもM6.1の揺れを観測しました。
歴史的な建築物の多い観光都市京都は震災の影響を受けやすいのではないだろうか。

「お惣菜処てつや」多度津,古民家でランチ

多度津,古民家でランチを楽しむなら「お惣菜処てつや」はどう?

多度津の本通は江戸時代には金毘羅街道として栄え、古い町並みが残っています。
その古民家を活用したお惣菜処てつやでは980円でボリュームのあるランチが食べられました。

多度津町「藝術喫茶清水温泉」の外観

藝術喫茶清水温泉:多度津の古い町並みにある,おしゃれなカフェ

金毘羅街道として栄えた多度津町本通りに、レトロな銭湯を活用したおしゃれなカフェ「藝術喫茶清水温泉」がオープンしました。
そのカフェの様子を紹介します。

no image

家じまいの時代は目の前。仏壇や墓の処分の次は実家の片付けか

最近墓や仏壇の処分が流行っています。しかし僧侶の私は今後、「家じまい(実家の処分)」が話題に挙がると予想します。
その背景には家族間での繋がりの希薄化、孤独社会化が招いているのではないだろうか。

no image

お寺の本堂を教室として利用することへの賛否

寺院との関係が希薄化している現代、カフェやヨガ教室として利用し、親しみを感じてもらおうとしている寺もあります。
一方で私は寺の本堂を貸し出すのには否定的な意見を持ちます。

no image

祈りの源流と伝承を訪ねる旅【第一回】

円龍寺の2018年「本山参拝と京都世界遺産巡拝」の旅行ご案内・連絡ページです。

no image

これからのお寺は簡単な作りのお堂がいいのかもね

お寺の本堂は大きく立派な作りをしています。しかし護持するには多額の費用が必要です。お参りや信仰の減少が著しくなっている現代では、簡単な作りのお堂を構えた方がいいかもしれません

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.