「 本 」 一覧

「蝉」霊山本廟長のエッセイ(4)【平成26年9月求道】

『霊山本廟寺報・平成26年9月の求道』表紙を紹介します。
夏のお盆時期の蝉からは喧噪だけでなく、ものの哀れも感じます。

「蓮華」霊山本廟長のエッセイ(3)【平成26年8月求道】

『霊山本廟寺報・平成26年8月の求道』表紙を紹介します。
今月の内容は本廟長の心に映った菊池契月作の『蓮華』が書かれています。

蛇腹折り本の修繕方法

蛇腹折りの経本の破れを直す方法

谷と山がある蛇腹折りはページの境が裂けやすいです。お経本も同じです。
テープやシールで直す手段もありますが、障子紙と水のりを使用した修繕方法を紹介します。

no image

浄土真宗・白骨の章はいつ読むのか。

浄土真宗では蓮如上人のお手紙である御文章を拝読します。葬儀では白骨の章を読みます。この白骨の章はいつ・何のために読むのかを説明します。

国宝 長谷川等伯『楓図』

「故郷」霊山本廟長のエッセイ(2)【平成26年7月求道】

初代霊山本廟長の釋崇文が書いた『本山興正寺霊山本廟寺報・求道』を紹介します。長谷川等伯作の「松林図屏風」を思い起こす心の原風景が書き綴られています。

カラヴァッジョの「果物籠」。求道の挿絵

【求道】平成26年6月掲載。霊山本廟長のエッセイ

初代霊山本廟長の金倉崇文が書いた『本山興正寺霊山本廟寺報・求道』を紹介します。平成26年(2013年)6月の就任2か月目に掲載した文章です。

瀬川一郎、猫の数勘定の感想

エッセイ,瀬川一郎「猫の数勘定」の感想

こんばんは。 かっけいです。 著者瀬川一郎の「猫の数勘定」という本を読みました。 この本は著者初の随筆集(エッセイ集)であり、四国新聞読書文芸に入賞された作品43編を中心にまとめてあります。 本の帯紙 ...

仏壇横の箱。ご勧章。

浄土真宗のお仏壇横には黒い箱がありますね。非常に大切な物が入っているんですよ

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 皆さんお気づきですかね。浄土真宗のお寺やご家庭に行きますと、お仏壇の横に紋が描かれた黒い箱が置かれているんですよ。 あの箱の中身って、知っていますか。 意外と浄 ...

紫色の可愛い花

浄土真宗の僧侶は本当に般若心経をお勤めしないのか。

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 私は浄土真宗の僧侶なのですが、時々ご門徒さんから「般若心経は唱えないのですか」と尋ねられます。 ふと見るとその家のお仏壇には般若心経の経典があり、おそらく真宗の ...

ぼうず丸もうけのカラクリ「ショーエンK」

ぼうず丸もうけのカラクリを読んで考えるお寺・僧侶への不信感

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 図書館で面白そうな仏教書を探していましたら、ショーエンKという現役のお坊さん(住職)が書かれた「ぼうず丸もうけのカラクリ」という書籍がありました。 発行は200 ...

実家にあった真宗の本

【日記】祖母の実家に立ち寄ったら気になる本を見つけた。

こんばんは。 香川の真宗僧侶のかっけいです。 私の祖母は香川でも山側の人で仲南町というところの出身です。 今では人口も減っているようでどんどん廃れているような印象です。 私の祖母の母も亡くなって17年 ...

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.