本の感想

仏教子供向け漫画「仏教のひみつ」を読んだ感想

子供向けの仏教漫画として学研の「仏教のひみつ」があります。児童漫画ですが、仏教の全体像や精神を見直すきっかけにもなり、大人にもお勧めの本です。
僧侶が思うこと・コラム

「鹿の子の御影」霊山本廟長(9)【平成27年2月求道】

『霊山本廟寺報・平成27年1月の求道』表紙を紹介します。この年のお正月は60年ぶりの大雪であり、蓮如上人の「鹿の子の御影」が思い出されます。
2019.02.02
僧侶が思うこと・コラム

「新春」霊山本廟長(8)【平成27年1月求道】

寒風が吹きつける中、108回の鐘を鳴らすことは新年をただ迎えるだけでなく、当たり前の日常の中にも、常に非日常の光景であったことに気が付かされます。
2019.01.02
僧侶が思うこと・コラム

「回帰」霊山本廟長(7)【平成26年12月求道】

師走を迎えますと紅葉が錦の織物のように美しく山々を染めていきます。 晩秋落葉の候、散っていく葉は美しくもあり寂しさをも感じさせます。
僧侶が思うこと・コラム

「晩鐘」霊山本廟長エッセイ(6)【平成26年11月求道】

正岡子規の「柿くへば」の俳句のように、秋の風や音には人生を振り返り、はっと気が付かされるような気持ちを与えてくれます。
2018.10.15
僧侶が思うこと・コラム

「記憶の固執」霊山本廟長のエッセイ(5)【平成26年10月求道】

『霊山本廟寺報・平成26年10月の求道』表紙を紹介します。 今月の内容は季節の移ろい・記憶の流れが書かれています。
僧侶が思うこと・コラム

「蝉」霊山本廟長のエッセイ(4)【平成26年9月求道】

『霊山本廟寺報・平成26年9月の求道』表紙を紹介します。 夏のお盆時期の蝉からは喧噪だけでなく、ものの哀れも感じます。
僧侶が思うこと・コラム

「蓮華」霊山本廟長のエッセイ(3)【平成26年8月求道】

『霊山本廟寺報・平成26年8月の求道』表紙を紹介します。 今月の内容は本廟長の心に映った菊池契月作の『蓮華』が書かれています。
お坊さん・私の出来事

蛇腹折りの経本の破れを直す方法

谷と山がある蛇腹折りはページの境が裂けやすいです。お経本も同じです。 テープやシールで直す手段もありますが、障子紙と水のりを使用した修繕方法を紹介します。
2018.04.23
法事法要に関すること

浄土真宗・白骨の章はいつ読むのか。

浄土真宗では蓮如上人のお手紙である御文章を拝読します。葬儀では白骨の章を読みます。この白骨の章はいつ・何のために読むのかを説明します。
2018.03.11
僧侶が思うこと・コラム

「故郷」霊山本廟長のエッセイ(2)【平成26年7月求道】

初代霊山本廟長の釋崇文が書いた『本山興正寺霊山本廟寺報・求道』を紹介します。長谷川等伯作の「松林図屏風」を思い起こす心の原風景が書き綴られています。
僧侶が思うこと・コラム

【求道】平成26年6月掲載。霊山本廟長のエッセイ

初代霊山本廟長の金倉崇文が書いた『本山興正寺霊山本廟寺報・求道』を紹介します。平成26年(2013年)6月の就任2か月目に掲載した文章です。
2018.02.19
本の感想

エッセイ,瀬川一郎「猫の数勘定」の感想

瀬川一郎の随筆集「猫の数勘定」の読書感想です。
2019.02.07