樹木

果樹

ビワの実を鳥から守るために防鳥ネットをした。ちょっと失敗したかも

香川県(暖地)のビワの収穫時期は5月末~6月末頃です。ビワは樹全体で熟れずに各々の実が順次色付き熟れていきます。そのため食べごろを知るには実際に食べる必要があります。それは鳥も同じため鳥害がひどいです。そこで防鳥網をかけて鳥除けをしました。
2017.05.24
僧侶が思うこと・コラム

松くい虫予防をした。お寺のシンボルの松が枯れるか分からないからね

自坊の松くい虫予防をしました。マツノザイセンチュウという線虫が松の樹の中で増殖し松を枯らすのですが、この線虫を媒介しているのがマツノマダラカミキリというカミキリムシの成虫です。5月から飛来するのでこの時期からスミチオン系の薬剤を散布します。
2017.05.20
お坊さん・私の出来事

ミョウショウジザクラに実が付いた。種を蒔いたらどうなるのだろうか

庭にあるミョウショウジザクラ(明正寺桜・涅槃桜)が実をつけました。春の3月上旬に咲くこの桜は香りがよく観賞用に優れているのですが果実を成らしたのは初めてです。シナミザクラの血があるので自家結実した可能性もありますし他家受粉かもしれません。
2017.05.09
果樹

4月中旬にビワの摘果をした(遅め)。我が家では一枝一果に

4月中旬にビワ(枇杷)の摘果をしました。本来であれば3月上旬から4月にかけて行うのですが、今回は遅めにしました。その分凍害や霜害といった寒害の心配はないですし、一枝(一果房)に一果に調整したために大きくおいしく充実した実が収穫できそうです。
2017.04.17
果樹

春3月、鉢植えブルーベリーにもみ殻ココヤシチップをマルチング

3月15日を過ぎ3月中旬になったのでブルーベリーにマルチングをしました。ブルーベリーのマルチ資材は色々種類がありますが、私はもみ殻とココヤシチップ(ハスクチップ)を使いました。それは安価に手に入るためです。なぜマルチをするのかも紹介します。
お坊さん・私の出来事

円龍寺の涅槃桜(ミョウショウジザクラ)が開花。3月初めの香りの善い桜

円龍寺の境内に植えられている明正寺桜(ミョウショウジザクラ)、通称涅槃桜(ネハンザクラ)が3月10日前後に開花しました。この一般的に涅槃桜と呼ばれている桜はお釈迦様が入滅されたお涅槃(旧暦3月15日)前後に咲きます。非常に香りの良い桜です。
観光地

【花見】丸亀城の桜の標本木が大ピンチ。今年は無理なのか。

香川県丸亀市にある丸亀城は桜の名所として知られています。毎年4月1日~4月14日には丸亀城では桜まつりが開催されています。また丸亀城には市が独自に定めた桜の開花基準の目安とする基準木があるのですが、年々枯れそうな危険な状態になっています。
2017.03.20
果樹

カリンの苗木を植えた。喉の痛みやせき止めに効果的な果物やからね

カリンの苗木を地元の種苗店で購入しました。カリンそのものや加工品は高いので自分で育てれば長期的には非常に得です。育てやすい果物ですしね。カリンは喉に関する症状に有効な効能が多く、特にインフルエンザは初期症状を大幅に抑える研究結果があります。
果樹

2月だからブルーベリーの剪定を。枝を切るときのポイントは。

2月になったのでブルーベリーの冬季剪定をした。香川県のような暖地では立春から暖かくなり木々の活動が活発になります。この直前の時期の剪定が四国・九州地方ではベストタイミングです。剪定はそれほど難しくなく、行うことで春以降の生長がよくなります。
僧侶が思うこと・コラム

お寺や神社、学校でイチョウ(銀杏)が植えられている理由

イチョウ(銀杏)の木はお寺や神社、または学校などの教育施設で植えられていることが多いですね。有名な所では京都の本願寺の逆さ銀杏があります。非常に樹高が高く手入れも大変で、秋には臭いにおいがする面倒なイチョウをなぜ植えているのかお答えします。
2017.11.21