「 法事 」 一覧

no image

数珠(念珠)と門徒式章はなぜ法事や葬儀で身に付けるのか

法事や葬儀などの仏教行事では数珠や門徒式章を身に付けます。
持参する人も減り粗雑に扱う人もいますが、仏様に参る時の有難い道具です。

no image

お寺や法事にお参りする時の作法・心得

お寺の法要や親族の法事・葬儀などにお参りする時のたしなみを説明します。
難しく考えずに神仏に失礼に当たらない服装や雰囲気であればOKです。

no image

法事の時間って退屈かな?短い方が好まれる?

「法事の時間が長く退屈だ・早く終わってほしい。」そうに感じる人も多いのではないだろうか。
しかし法事にはある程度の時間が必要だと私は考えます。その理由を書いていきます。

no image

法事の日程は土・日曜日の休日には減りつつある話

法事は土・日曜日といった休日が多かったです。ですが最近では平日の法事が増えつつあります。
その理由を実情を踏まえて説明します。

no image

お坊さんが読経の時、「損じゃ損じゃ」と唱えている話

お坊さんが読経時に「そんじゃあ・そんじゃあ」と繰り返し唱えていることがあります。浄土真宗僧侶の私がこのエピソードを紹介し、どんなメッセージがあるのかを説明します。

no image

浄土真宗・白骨の章はいつ読むのか。

浄土真宗では蓮如上人のお手紙である御文章を拝読します。葬儀では白骨の章を読みます。この白骨の章はいつ・何のために読むのかを説明します。

no image

四十九日法要は3ヶ月にまたがったらダメなのか

四十九日(満中陰)の法要が3月に渡ると縁起が悪い理由で三十五日にずらす人がいます。しかし浄土真宗(仏教)では気にしません。四十九日法要について解説します。

no image

枕経とは。浄土真宗僧侶が意味や服装などを紹介

枕経とは葬儀の中の最初の仏教儀式です。死亡確認された遺体を布団に安置し、仏様をお飾りし僧侶を招き読経をします。枕経に関することを解説します。

no image

法事の回忌はいつまでするのか

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 お坊さんの私にはご門信徒から年忌法事のお勤めを依頼されます。 一昔前はどの家庭も丁寧に故人を偲んでいたのですが、最近では法事に親族を招かなかったり、年忌法要その ...

no image

法事の時期って正月(年末年始)は悪いの?

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 皆様は法事をする日にちを決めるのに迷ったことはありませんか。 例えば「平日にするか・休日にするか」、「命日より前か後か」、「曜日はどうするか」などがありますね。 ...

寺の仏事で使う三角打ち敷

打敷の飾りは法事法要の時だけ!普段は片づけとこうね

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 先日自坊円龍寺の報恩講法要が無事に勤修できました。 さて、大切なご仏事が終わったから後はのんび~りと年を越せるのかと思いきや、そんなことはありません。 何がある ...

no image

法事の準備はどうする?4点に絞って解説

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 法事という仏教儀式に参加される機会が減りつつある現代では、いざ自分のところが法事をしようとすると何から手を付けていいのか分からない場合があります。 心安く尋ねら ...

no image

法事と正座と足のしびれ

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 皆さんは法事の時に正座をしていますか? お坊さんの私は必ずしています。会館などで椅子が用意されている場合を除いて。 皆さんもお勤めしているお坊さんが正座をしているの ...

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.