考え方

僧侶が思うこと・コラム

小言念仏と愚痴を言う生活

落語に小言念仏があります。小言は叱言の当て字で、相手を咎めたり非難する意味です。念仏をする口と愚痴を言う生活について解説します。
果樹

フルータリアンは食べられる命が望んだ食事スタイル

果実食主義のことをフルータリアンと言います。動物が果実を食べることは植物が望んだ姿であり、食べられる命と食べる人の利害が一致したものではないだろうか。
僧侶が思うこと・コラム

「ついで参り」はダメなのか良いのか

お墓や寺についで参りすることは駄目だと昔から言われています。 しかしついでのお参りでも大丈夫と考える人が増えています。ついで参りの意味していることを紹介します。
2018.10.06
真宗の教えや考え方

お坊さんの話に拍手をしない理由

法要でお坊さんがお話すると拍手が起こることがあります。しかし浄土真宗的には拍手はよろしくないのです。 なぜお坊さんの話で拍手は相応しくないのか、その理由を説明します。また拍手に代わるものも紹介します。
仏壇仏具の飾り方や作法

仏事法事の作法はなぜ大切なのか

仏事法事などの仏教行事に参加するときはお参りの作法が気になるでしょう。なぜ作法は大切なのですか?礼儀やマナーを守れず恥をかくのを恐れるためでしょうか。作法が大切な理由を説明します。
2018.09.18
法事法要に関すること

浄土真宗の永代経とは本堂の余間にある掛け軸のこと

浄土真宗の永代経法要とは永代供養のお経ではなく、永代読経・永代祠堂経のことです。 浄土真宗の永代経は本堂の余間にある掛け軸のことです。
お坊さんという人間

浄土真宗のお坊さんは非常識?変?っていう話

浄土真宗の常識は他宗世間の非常識と、変な仏教宗派だと思われることがあります。 浄土真宗のものの見方・考え方と常識について書いていきます。
迷信に関すること

浄土真宗のお墓の建て方で注意する10のこと

浄土真宗のお墓は他の仏教宗派と比べて特徴がたくさん異なります。 浄土真宗らしいお墓の建て方をまとめて紹介します。
2018.08.08
迷信に関すること

お坊さんの嫌いな数が4であるという迷信

日本では4と9が忌み数として扱われます。そのためお布施に4万円や9万円を避けるのが無難と説明する人もいます。 しかし数字に良し悪しはないので、迷信にとらわれず数を使って欲しいです。
僧侶が思うこと・コラム

捨骨:散骨とは遺骨を捨てて処分してることでしょ

捨てる骨「捨骨・棄骨」という言葉はまだありません。 散骨が注目されていますが実際には邪魔者扱いされた骨を廃棄するために利用されていることもある。
僧侶が思うこと・コラム

数珠(念珠)と門徒式章はなぜ法事や葬儀で身に付けるのか

法事や葬儀などの仏教行事では数珠や門徒式章を身に付けます。 持参する人も減り粗雑に扱う人もいますが、仏様に参る時の有難い道具です。
浄土真宗・仏教

蓮台の蓮が二つに分かれている仏像は何を表現するのか

仏様は蓮の花をかたどった台座(蓮華座・蓮台)に安置されます。 仏像によっては両足それぞれに蓮花がある踏割蓮台に安置される理由を書きます。
僧侶が思うこと・コラム

世代の離れた人との会話を楽しむコツ

私は年齢の離れた人と会話をするのが好きです。 何気ない会話から新しい知見を与えてくれますし、新しい考え方に触れることもあります。
2018.06.03