「 言葉の説明 」 一覧

お寺(檀那寺)と門徒と信徒との関係のイメージ図

浄土真宗僧侶の私は檀家(だんか)という言葉が好きじゃない

檀家(だんか)と似た言葉に門徒(もんと)・信徒(しんと)があります。浄土真宗では門徒を一般的に用います。これらの言葉の違いを説明します。

永代経法名軸を真宗寺院は余間に飾る

浄土真宗の永代経とは本堂の余間にある掛け軸のこと

浄土真宗の永代経法要とは永代供養のお経ではなく、永代読経・永代祠堂経のことです。
浄土真宗の永代経は本堂の余間にある掛け軸のことです。

合祀・合葬とはどんな意味?お寺ではどっちの言葉を使う?

合祀(ごうし)や合葬(がっそう)の供養の仕方があります。
似たような言葉ですが、両者は厳密には違いがあります。

no image

「えらい」の方言が香川大学で通じなかった思い出

えらいの方言は香川県では「しんどい・疲れた」の意味で日常的に使われます。
全国でもえらいはあるのですが微妙に意味が違うのか、同じ世代の学生に通じませんでした。

no image

讃岐弁「わや・ごじゃ・めげる」,似た意味の方言使い分け

讃岐弁は香川県の方言です。狭い県ですが独自の方言がたくさん使われています。
「わや」と「ごじゃ」、「めぐ」はよく似た言葉ですが、微妙にニュアンスなどが異なります。

外国人(gaikokujin)と外人(gaijin)の人気を比較。

「外人」と「外国人」という言葉。ふと感じたこと。

外人は差別用語・蔑称であり、外国人という表現はOKなのでしょうか。ふと外車という言葉が頭によぎった時に感じたことを書いていきます。

平成30年、浄土真宗法語カレンダー。英語訳付き。

如来を"tathagata"と英訳しても理解できるのか

如来は"tathagata"、帰命は"Taking refuge in"と英語で表現されます。しかしこの英訳では意味が伝わりにくいと思うので、私なりの表現を考えてみました。

寺の本堂にある結界。外陣と内陣を区切る道具

【結界の意味】お寺に見られる結界を紹介

お寺に設置されている結界について説明します。結界は怪しい意味の言葉ではなく、仏教で外と中を隔てる時に使われる言葉です。

五具足の荘厳をした仏壇。

具足の意味とは仏壇での配置を示すこと

仏壇のお飾りには三具足や五具足という仏具の並べ方があります。実際の荘厳の写真を示して具足の意味や特徴について説明します。

年末年始の法要。除夜会・元旦会・修正会のイメージ図。

除夜会・元旦会・元日会・修正会の違いは。

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 年末年始は何かと忙しいですよね。 理由はいろいろありますよね。お歳暮の用意。年賀はがきの用意。大掃除。買い出しなどですね。 寺院でも行事が詰まっています。 例え ...

no image

粉骨砕身と粉身砕骨の違いが正直分からへん

こんばんは。 浄土真宗僧侶のかっけいです。 浄土真宗では宗祖親鸞聖人が残された恩徳讃と呼ばれる非常に有名な和讃があります。(和讃とは仏・菩薩、高僧・先人たちの徳に対して讃えた歌のこと) 如来大悲の恩徳 ...

no image

密葬は後でもう一度葬儀をすることを知らないのか

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 昔は葬儀の名称とは「本葬(ほんそう)」と「密葬(みっそう)」の2種類だけでした。 それが今日では「家族葬」・「直葬」をはじめとして、「友人葬」・「市民葬」・「社葬」 ...

僧事と法要・法事の関係性。

法要・法事・仏事・僧事の違いとは

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 私たちは普段何気なく、法要(ほうよう)や法事(ほうじ)という言葉を使います。 しかしいざこの言葉を説明しようとすると、なかなか難しいものです。 今回は、法要・法 ...

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.