食べ物

果樹

【干し柿の作り方】ただ吊るすだけの家庭でもできる簡単な方法。

干し柿の作り方について。家庭向けには渋柿の皮を剥き吊るすだけでOKです。ただ成功するためのコツがあり干す場所や保存方法を紹介します。
2018.01.12
僧侶が思うこと・コラム

讃岐うどんを美味しいと感じる人と嫌いな人の違いは何だろうか。

讃岐うどんは麺と出汁に特徴があります。香川県民の私は幼いころよりこのうどんを食べてきているため、コシがありイリコ出汁の讃岐うどんが大好きです。一方で香川のうどんが嫌いな人もいます。今回は讃岐うどんが嫌いない人と美味しいと感じている人の違いについて考えてみました。
2017.10.04
果樹

レモンの鉢植え失敗談。摘果をしないと小さい果実ばかりになるよ。

私が育てている鉢植えレモンの失敗談を紹介します。レモンは耐寒性の面さえクリアすれば、非常に強健で家庭でも育てやすい果樹だと感じます。リスボンレモンは豊産性なので3年目にもかかわらず20個程度の実がなりました。葉果比は25程度がよく勧められるので早め早めの収穫をして樹への負担を減らしていきます。
2017.09.25
野菜・家庭菜園

収穫直後のポップコーンの種からポップコーンを作ってみた。失敗した話

ポップコーンは収穫した後に雨の当たらない軒先等に吊るし、必ず乾燥させる必要があります。種の含水量は13%程度が良いとされています。でも本当に収穫直後の種ではポップコーンが作れないのでしょうが。試しに通常通りの作り方で実験し成功率を調べてみました。
仏壇仏具の飾り方や作法

浄土真宗におけるお仏壇でのお仏飯の盛り方・飾り方などを紹介

お仏壇にはお仏飯という焚いた白米をお供えします。 浄土真宗のご飯の盛り方や飾り方の意味について紹介します。
2018.10.08
野菜・家庭菜園

アサヒ育成の黒枝豆「黒太郎」を育ててみた。育てやすさ・食味の感想

アサヒ農園育成の黒枝豆「黒太郎」を育てました。家庭菜園レベルの素人による栽培ですが、着莢数が多く、2粒3粒入りの莢がほとんどで収穫量は十分です。丈夫な品種なようで、枯れる株や倒れる株もなかったので管理がしやすかったです。生育日数が80日程度からの早生品種なので黒豆系枝豆を育ててみたい人におすすめです。
2017.07.28
野菜・家庭菜園

トウモロコシの鳥被害が深刻。まずいポップコーンでも全滅状態。

トウモロコシには鳥被害がつきものです。スイートコーンは生でも皮が柔らかく甘みも強く鳥に狙われやすいのですが、皮が硬く生では甘みが無いポップコーンでも同様に鳥害にあいました。ポップコーンでもカラスのような鳥は食べようとするので、早め早めの防鳥ネットをかける必要があります。
2017.07.27
お坊さん・私の出来事

【日記】私には鳥の気持ちがわからないようだ。行儀が悪いね。

鳥は果物にも野菜にも突いてちょっかいを出してきます。行儀よく突いた実を食べきってくれればよろしいのですが、あれもこれも突くので畑全体に被害が及びます。鳥の行動は不思議ですね。人間ならば一つの実を食べきろうとするのに、鳥の場合はいろいろ中途半端に突いて終わるのですから。
2017.07.15
仏壇仏具の飾り方や作法

法事のとき、きちんと「お下がり」を参列者にしてますか。

仏様にお供えしたものをいただくことをお下がりといいます。一般的には法事の時に使われ、参列者が持ち運んだお供物を分配することなのですが、正しくは日常の仏前の給仕でも使われます。例えば初物はまず仏様にお飾りし、それを下げてから食べることでいのちや縁に感謝するのです。
2017.07.11
野菜・家庭菜園

お寺にはお野菜などが時々納められます。物納とも言われています。

お寺には畑で収穫した野菜や海で釣った海産物、山菜などを納める物納(ぶつのう)という姿があります。現代では少なくなっていますがお金を納めることだけが布施ではなく、得たものをお寺のご本尊にお飾りすることで感謝を表し、同時に僧侶が食すことでお寺の護持にも役立っています。
2017.06.10
果樹

6月入るとブルーベリーの収穫が楽しみになるね。特にオニールが好き

暖地である香川県では6月に入るとブルーベリーが収穫可能になっていきます。ラビットアイ系統は7月以降ですが、ハイブッシュ系統ではもう収穫できます。特にオニールという南部ハイブッシュのブルーベリーは甘みも強くジューシーで、梅雨入り前の収穫なので嬉しいです。
2017.06.06
果樹

ビワの実を鳥から守るために防鳥ネットをした。ちょっと失敗したかも

香川県(暖地)のビワの収穫時期は5月末~6月末頃です。ビワは樹全体で熟れずに各々の実が順次色付き熟れていきます。そのため食べごろを知るには実際に食べる必要があります。それは鳥も同じため鳥害がひどいです。そこで防鳥網をかけて鳥除けをしました。
2017.05.24
野菜・家庭菜園

イチゴは5月に収穫できるからブルーベリー栽培にはバッチリやね

家庭菜園で畑で育てるイチゴ(加温栽培やハウスで作られない場合)は通常5月に収穫できます。春一番に味わえる甘い果実という点で非常に貴重な食べ物です。イチゴは一年中面倒を見る野菜ですので手間がかかりますが、それに見合うだけの魅力がある果物です。
2017.05.04