お寺について

こんにちは 円龍寺です。

円龍寺は丸亀市の西の端にある 真宗興正派の末寺です。
現在は 釋崇文が第23代住職を、
息子である釋克啓が若坊として、法務を勤めております。

円龍寺 縁起

円龍寺は 天正3年(1575年) 奈良氏家臣であった
金倉顕忠が金倉合戦により討ち死にした後、弟の顕久(けんきゅう)が剃髪し、自身の道場として建立した寺である。
寺 本堂 

↑  現在の円龍寺 本堂

 なぜ ホームページを開いたのか

今まででも、円龍寺では永代経や報恩講などお座ごとに、紙による媒体で案内をして参りました。
しかし、年々、御門信徒のお参りは減少しています。
ひとつには お寺の責任というのもあると感じます。
それは 情報公開の不足があるのではないでしょうか。
  •  法事・法要  荘厳・作法・教えが わからない
  •  寺がどのような活動をしているのか わからない
  •  仏教が自分にどのように役立つのか わからない
このホームページは これらの疑問を解決できるように
お寺の側から  様々な情報を発信できたらなと 作成しました。

法要・行事のご案内

5月24~25日(円龍寺主催旅行)
・本山団参と世界遺産を巡る旅

投稿日:2016年10月17日 更新日:

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.