上部リンクユニット

私のブログは読みにくいとのことですが、別にいいのでは?

投稿日:2017年7月22日 更新日:

こんばんは。 僧侶のかっけいです。

ブログを始めて半年以上が経過し、私が当初予想していたよりもずっと多くの人にこのブログを見ていただいています。(今は一日平均250~300セッションくらいかな)

すると最近では時々、ご門徒さんからや私のことを知っている人から、「ブログを見ましたよ」や「ブログをされているんですね」と声をかけられます。

と同時に、ブログ記事の感想も頂きます。

その中で私のブログは読みにくいとの感想?・アドバイス?をいただくことがあります。

今回はブログの読みやすさについて思うことを書きます。


ブログの読みやすさって何のため。

ブログの読みやすさには、一般的に二通りあるでしょう。

  • 文字の大きさや改行の仕方、色文字の使い方、写真などの画像の使い方などの視覚的な読みやすさ。
  • 言葉の説明の仕方・わかりやすさといった文章構成による読みやすさ。

これらブログの読みやすさとは読み手のために書き手が配慮することでしょう。

自分のブログは確かに読みにくい。

客観的なデータとして、このブログの直帰率は約90%・ページ/セッションは約1.2です。(ページ/セッションとはブログに来た人が平均何ページを読んだかを表す数値)

世の中にはいろいろなデザインのブログが存在しており、直帰率やページ/セッションの適正な数値はよくわかりませんが、直帰率は7割程度・ページ/セッションは1.5以上はあったほうが良いそうです。

ですので私のブログは訪れた人の9割は別のページに移動することなく戻っていくことがデータからわかり、読みにくいブログであることがいえると思います。

また私のブログは動画や画像(写真)をほとんど使わず、文字ばかりで構成されています。でも世の中多くのブログは結構画像を使っていますよね。

文字ばかりの文章は読みにくいのかもしれません。

またブログ全体でも、他の記事への誘導がほとんどなく、サイドバーウィジェットもまったく装飾されておらず、読み手がブログ内を見て回ろうとする気が起きないのかもしれません。

読みにくいブログって駄目なの?

読みやすいブログのいいところって、ブログの中をどんどん見てくれることなんですよね。(たぶん)

でも私のブログは9割の人がそのまま帰ってしまいます。

私はそれでいいと思うんだけどなあ。

私は結構変わった考えの人かもしれないのですが、私のブログにやってくる人が今よりもずっとずっと少ないほうが嬉しいんだけどなあ。

イメージとしては何もない砂漠の中にポツンとある一本の樹のような感じ。

何か調べ物をするためにキーワードを打ち込んでこのブログがたまたまヒットして、知りたい情報を得たらそのまま帰っていく。そんなブログが私の理想。

それに私自身、文字ばっかりのブログが好きなこと。

最近のブログ・サイトは画像や写真が多くて、画面がうるさくて嫌い。

だから私の好みを通すなら、今のように文字多めの文章を続けたいね。


Sponsored Links
 

さいごに。読みやすいブログを求めないで。

最近は私の意に反してブログのアクセス数が増えていってます。

嬉しいと言ったら嬉しいのですが、知った人から声をかけられるのは何となしに嫌な感じです。

個人的にはブログを見ていることを黙っといてくれたらありがたいのですが。

というのも私が読み手を意識してしまうと、どうもブログ記事が固くなるというかギクシャクしてしまうのよね。

書きたいことを好きなように自由に書くことが、私がブログを続けられる一番の要因だと思います。

世の中にはデザインに優れ、読みやすいブログが多数あると思いますので、このブログではこのまま読みにくい状態でいさせてください。

8/11~SP用リンクと関連

11/15~PC下の広告,12/1~


-ブログに関すること -

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.