おすすめの仏教を学ぶ本(初心者向け)

浄土真宗僧侶のかっけいです。

日本には神道やキリスト教や仏教など、多くの宗教にあふれています。

身近な宗教である仏教を「学びたい・知りたい」と思い立つ人もいるでしょう。インターネットでも仏教に関する情報はある程度手に入るのですが、本から仏教を知りたい人もいるでしょう

そこで、これから仏教を学びたい・知りたい人に向けて、分かりやすく仏教への理解が深まるであろう本を紹介します。

仏教を学びたい知りたい人におすすめする初心者向けの仏教本
おすすめ本の選定基準
  • 私が図書館で借りることができた本
  • 飽きずに読み進めることができた本
  • 難解な言葉を使わず、特定の教えを深く解説していない本
  • これから仏教を学ぶ人が、楽しく読めるであろう本
  • 生活の中で疑問に感じる仏教への答えがある本

個々の仏教宗派や経典を、深く解説した本は取り上げていません。

Sponsored Links

Sponsored Links

子ども向けの宗教図鑑はかなりおすすめの本

まず仏教入門者へおすすめの本は、『世界とつながる みんなの宗教ずかん(ほるぷ出版)』です。

入門者向けの宗教本『みんなの宗教図鑑』
おすすめのポイント
  1. 2018年初版の新しい読み物
  2. 仏教を含めた世界の宗教を学べる
  3. マンガとイラストが豊富で、イメージしやすい
  4. 生活の中の身近な宗教に関する疑問が解決する

「フリガナとイラストだらけで、小学生が読む本じゃないか!!」と侮ることなかれ。

小学生が読む本だからこそ、仏教や宗教に対する知識がなくても、仏教や宗教をイメージできるように工夫がされています。

「広く・浅く・分かりやすく」書かれています。また生活の中の身近な宗教の文化・習慣なども知ることができます。

  • 仏教ってなんだろう?
  • 宗教ってなんだろう?

と素朴な疑問に答え、仏教を身近に感じるのに相応しい本だと思います。

初めて読む本として非常におすすめなのですが、値段が4000円ちょっとするのがネックです。ただ私は図書館で借りられました。

監修者の中村圭志は宗教学者であり、他にも様々な宗教書籍を著書・翻訳しています(難解)。

英語で説明した仏教書籍は意外に狙い目

次のおすすめ本は、対訳の仏教本『英語で話す「仏教」Q&A (講談社バイリンガル・ブックス)』です。

『英語で話す「仏教」Q&A (講談社バイリンガル・ブックス)』
おすすめのポイント
  • 仏教に関する身近な疑問を、簡潔に答えている
  • 様々なテーマを取り上げている

似たような本に、『超カンタン英語で仏教がよくわかる (扶桑社新書)』があるのですが、私はあまりお勧めしません。

理由は、「仏教の言葉ってこんな表現にすれば、簡単に英語で伝わるよね!」って感じがして、仏教をこれから学びたいという人が読む本には思えなかったからです。英語を学ぶ学生や、外国の人と交流する人には良い本だと思います。

戻って、『英語で話す「仏教」Q&A』を紹介します。

この本は、外国人が不思議に思う仏教の事がらを答えています。

良い点は、仏教のことを神秘的に抒情的に書いていないことです。外国の人にも伝わるように、かみ砕いて簡潔に書いているのが素晴らしいです。

  • お釈迦さまの一生
  • 仏教の基本的な教え
  • 仏教と庶民の生活・行事

などの大きいテーマが8つあり、そこから「仏教では、人が死んだあとのことをどう考えていますか」や「位牌とはなんですか」などと、仏教をよく知らない日本人でも答えにくい疑問が多数あげられています。

それぞれの回答には、見開き半ページほどの日本語で書かれていますので、さっと読むことができます。(英語の訳は見なくてもいいです)

『英語で話す「仏教」Q&A (講談社バイリンガル・ブックス)』の中身

『英語で話す「仏教」Q&A』は、英語への訳者が外国人であり、著者は日本人です。仏教を知らない外国人のために、曖昧な言葉やロマンチックな言葉を使わずに、平易な日本語で説明されています。

初版が1997年と古いため、図書館にも置かれていることでしょう。

訳者のジェームス・M・バーダマンは、2015年に『仏教のすべてを英語で語ろう (IBCパブリッシング)』も出しています。『英語で話す「仏教」Q&A』の続編のような本です。おすすめしたかったのですが、図書館に置いてなかったので、今回はおすすめの本にしませんでした。お値段は1500円ほどです。

子供と一緒に読むのにおすすめの本

続けて、小学生くらいのお子さんと一緒に読むことができる本をおすすめします。『おしえてブッダせんせい こころのふしぎ(永岡書店)』です。

初めに紹介した『世界とつながる みんなの宗教ずかん(ほるぷ出版)』との違いは、子供の素朴なこころの疑問(なぜ)について、仏教の視点からわかりやすく答えている点です。

親子で読む仏教の本『おしえてブッダせんせい こころのふしぎ(永岡書店)』
おすすめのポイント
  • お経の言葉(仏様の言葉)をやさしく説明している
  • 子供と読むことができ、また読み聞かせるにも適している
  • 子供が感じる「ふしぎ」や日常の「なぜ」を答えている

仏教のことを学びたいと考えると、どうも大人は難しい本を読もうとしがちです。

しかし仏教は私たちの悩み・不安・苦しみを取りのぞく教えなのです。日常生活から切り離して考えるのではなく、嬉しいこと・怒ること・哀しいこと・楽しいことといった移り変わっていくこころの中で、「仏教っていいなあ」と気が付かなければなりません。

大人だけが仏教を学べるのではなく、子供が感じる日常の疑問・心の不思議にも答えられるのがこの本です。

子供の問いかけ例
  • がまんって、どうしてひつようなの?
  • おとなは、なぜいつも「いそがしい」って言うの?
  • 「もっとがんばって」と言われるけど、どうすればいいの?
  • なぜ、お父さんとお母さんはときどきけんかするの?
  • 花や木にも、いのちってあるの?

上で挙げた問いかけ例は本の一部です。

仏教のことを親子で楽しく知りたいのであれば、この『おしえてブッダせんせい こころのふしぎ(宮下真著)』をおすすめします。

笑い飯哲夫が好きな人へのおすすめ

次に紹介するのは、これまでとはちょっと毛色が違う本『ブッダも笑う仏教のはなし(サンマーク出版)』。著者は笑い飯哲夫。

笑い飯哲夫をしっていますか?

吉本興業に所属しているお笑いタレント・漫才師のあの人です。初めて書いた『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経 (ヨシモトブックス)』はベストセラーになったそうです。

お笑いする人の中には「仏教マニア」という人がいて、仏教番組や仏教本にかかわることもあるんです。きっとファンもいるでしょう。

笑い飯哲夫さんが好きな人は、この『ブッダも笑う仏教のはなし』も気に入ると思います。

『ブッダも笑う仏教のはなし(サンマーク出版)』。著者は笑い飯哲夫。
おすすめのポイント
  • 言葉のチョイスの仕方・表現の仕方が独特
  • 話しかけるように文章が書かれていて読みやすい

仏教をお笑いタレントが話すとこうなるんだという興味があれば、読んでみてはどうだろうか。ただ、難しい言葉・堅苦しい説明・歴史的な説明の箇所も多いため、万人受けする本ではないかもしれない。

笑い飯哲夫がどんな人か知りたい場合は、現在FM OH!とポッドキャストにて毎週『笑い飯 哲夫のサタデー・ナイト仏教』をラジオ放送しているので、それを聞いてから読むのを判断していいかもしれない。このリンク先で、一部聞けます。

宗教全体をまとめて知りたい人への本(対談形式)

最後に紹介するのは、これまでの本の総集編となりそうな本『中学生の質問箱 宗教ってなんだろう?(平凡社)』です。

紹介した5つの本の中で、一番深く広く仏教や宗教のことを取り上げているので、人によっては読み疲れるかもしれません。

『中学生の質問箱 宗教ってなんだろう?(平凡社)』。著者は島薗進。
本書の流れ
  • 宗教心とはなにか?
  • 宗教はどんなふうに登場してきたのか?
  • 宗教は人を救うのだろうか?
  • 宗教は危険か?・暴力をこえられるのか?
  • 日本の宗教の特徴
  • これからの宗教

仏教をはじめ、宗教にかかわらない人が増えていることでしょう。でも何んとなしに興味があるし、素晴らしい教えが書いてあるかもしれないと考える人もいるでしょう。

この本は仏教を学びたい人にとっては難しいかもしれない。でも宗教とは何か?宗教はなぜ必要なのか?宗教をなぜ学ぶのか?といった疑問に答えるのに、適した本であると思う。

「中学生の質問箱」と書かれているこの本は、中学生くらいの年齢の人(多感な年齢の子)にも、宗教という問いをわかりやすく説明しようとした本です。

著者の島薗進は宗教学者であり東京大学名誉教授です。宗教ってなんだろう?という疑問を深い視点で説明しています。

内容はいままで一番難しいですが、インタビュアーが対談形式で疑問を投げかけているので、すべて読むのではなく、自分が気になるところ・心当たりのあるところを中心に読むことをおすすめします。


Sponsored Links

まとめ。とってもやさしいはじめての仏教

今回は仏教を学びたい初心者向けてのおすすめ本を5つ紹介しました。

  1. 世界とつながる みんなの宗教ずかん(ほるぷ出版)
  2. 英語で話す「仏教」Q&A (講談社バイリンガル・ブックス)
  3. おしえてブッダせんせい こころのふしぎ(永岡書店)
  4. ブッダも笑う仏教のはなし(サンマーク出版)
  5. 中学生の質問箱 宗教ってなんだろう?(平凡社)

1が一番のおすすめ本で、入門向けに最初に読むのにふさわしいと思います。4・5の本は人を選ぶかもしれません。

仏教を解説した本は数多くあります。今回紹介した本はその中のごく一部です。詳しく紹介しませんでしたが、『神さま・ほとけさま 宗教ってなんだ!』や『こどもブッダのことば』も、お子さんと読むのにふさわしい本だと思います。

公益財団法人仏教伝道協会が発行『とってもやさしいはじめての仏教』

また非売品ではありますが、公益財団法人仏教伝道協会が発行している『とってもやさしいはじめての仏教』もかなりおすすめです。2018年12月発行でかなり新しく、日本仏教の要点を写真やイラスト交えてコンパクトにわかりやすくまとめている本です。

入手困難な本かもしれませんが、仏教伝道協会公式サイトにて無料公開されています。『とってもやさしいはじめての仏教』のリンク先にて読むことができます。

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました