迷信に関すること

迷信に関すること

浄土真宗のお墓の建て方で注意する10のこと

浄土真宗のお墓は他の仏教宗派と比べて特徴がたくさん異なります。 浄土真宗らしいお墓の建て方をまとめて紹介します。
2019.07.18
迷信に関すること

お坊さんの嫌いな数が4であるという迷信

日本では4と9が忌み数として扱われます。そのためお布施に4万円や9万円を避けるのが無難と説明する人もいます。 しかし数字に良し悪しはないので、迷信にとらわれず数を使って欲しいです。
迷信に関すること

火葬場への行き帰りを違う道になぜするんや

火葬場や墓地の行き帰りには違う道を通るようにという話があります。 しかし仏教僧侶の立場からすると単なる迷信であり、同じ道順で大丈夫です。
迷信に関すること

四十九日法要は3ヶ月にまたがったらダメなのか

四十九日(満中陰)の法要が3ヶ月に渡ると縁起が悪い理由で、三十五日にずらす人がいます。しかし浄土真宗(仏教)では気にしません。四十九日法要について解説します。

2019.07.13
迷信に関すること

恵方巻きをしない宗教。浄土真宗。それはなぜ

浄土真宗という宗教は節分に恵方巻きをわざわざ食べません。恵方巻きと浄土真宗、そして俗信・迷信について解説していきます。
迷信に関すること

【葬式と友引】お坊さんの本音と建前

六曜は仏教と関係がありません。しかし葬式やお通夜に友引や仏滅を避ける人や地域もあります。お坊さんの私が感じている友引への思いを書きます。
迷信に関すること

「お坊さん=霊能者」。こんな勘違いされている人はいませんか。

「お坊さん=霊能力者」とイメージされる人もいるのではないでしょうか。ただ夢を壊すかもしれませんが、仏教経典には霊について説いている個所はなく、仏教と霊魂はそもそも関係がありません。ですのでお寺の僧侶だから幽霊お化けが見えるという理屈は成り立ちませんし、そもそも霊感などなく見えていません。
2017.08.31
迷信に関すること

出棺時のクラクションなどの音出しについて思うこと。香川編

葬儀の時、(霊)柩車で出棺するとき大きなクラクションが鳴らされますね。しかし今日お参りした高松のベルモニー勅使では銅鑼を鳴らしていました。私の住んでいる所では昔は出棺時に銅鑼や太鼓だったのですが、なぜ出棺時には大きな音を鳴らすのでしょうか。
2016.12.18
迷信に関すること

友引に葬儀って駄目なのか。六曜と仏教の関係について

友引や仏滅には葬儀や法事をしてはいけないと考える人もいます。 しかし占いが起源の六曜は仏教と関係がありません。
2018.10.18
タイトルとURLをコピーしました