浄土真宗・仏教

法事法要に関すること

施主が法事で準備するのはどんなことから?

施主は法事の準備をしていく人です。施主が最初に決めていく3つのことを紹介します。

仏壇仏具の飾り方や作法

浄土真宗のお水のお供えの仕方

浄土真宗では仏壇やお墓にお水をお供えするお供えする必要がありません。でも実は浄土真宗でもお水をお供えしています。どのようにして水を供えるのか説明します。

浄土真宗・仏教

偈文(げもん)と経文(きょうもん)の違い

仏教音楽には声明があり、節回しがあるのは偈文に分類される文章です。偈文と経文の意味の違いについて解説します。
浄土真宗・仏教

日本最初のお寺は飛鳥寺じゃないよ

飛鳥寺は日本最古のお寺ではありません。蘇我稲目の氏寺「向原寺」が最初の寺です。
法事法要に関すること

お寺の法要日はどのように決まるのか

お寺の法要の日取りの決まり方には、主に2つのパターンがあります。
2019.03.22
法事法要に関すること

お寺での法事が増えている理由は便利だから

ここ数年、法事の場所が徐々に変化しています。最近ではお寺での法事も多くなっています。お寺での法事はメリットが多く、施主や参列者にとって便利です。
浄土真宗・仏教

戒名の歴史。日本で最初の戒名は誰なのか。ヒントは鑑真

奈良時代に鑑真は授戒僧として唐より来日しました。鑑真により正しい仏教の戒律が伝わり戒名を頂いた僧侶が誕生します。日本最初の戒名は聖武天皇とされます。聖武天皇は国分寺や東大寺の廬舎那仏を建立したりと、仏教により混乱した世の中を治めようとしました。
2019.03.05
浄土真宗・仏教

月にうさぎがなぜいるのか。仏教由来の伝説を紹介

月にはうさぎの模様があります。うさぎが月にいると言われます。これは仏教思想のジャータカ物語が由来です。仏を守護する帝釈天が、捨て身の慈悲のこころを示したうさぎの姿を月にうつし、月を見るすべての人々が、思いやりや慈悲の布施のこころを思い起こすのです。
2019.03.06
浄土真宗・仏教

仏の子とはどのような意味か

お寺では「仏の子のちかい」を子供たちと口にします。子供も大人も仏の子であり、自分と他人を深く知り、ともに生きていく世の中を目指すのが仏の子です。
2019.03.06
浄土真宗・仏教

仏教でもっとも大切な3つの日

仏教には特別な3つの日があります。お盆やお彼岸の仏教行事もありますが、これは日本独自の供養のイベントです。
2019.03.06
浄土真宗・仏教

正信偈の読み方,真宗興正派僧侶らの読経音声

正信偈は浄土真宗で最も親しみのあるお勤めです。読経の練習となるように、有志の真宗興正派僧侶らが録音し音源を公開しました。
2019.03.16
浄土真宗・仏教

真宗興正派ってどんな宗派なの

真宗興正派は浄土真宗の宗派のひとつです。宗祖・門主・本尊・お経・歴史などを紹介します。
2019.03.18
法事法要に関すること

火葬場の仕組み。なぜ休みの日があるのか

死者数が130万人以上の多死社会、火葬場が不足している場所もあります。なぜ炉をフル稼働しないのか、友引に休むのかなど、火葬業務について説明します。
2019.01.21
タイトルとURLをコピーしました