「 法事法要に関すること 」 一覧

no image

火葬場の仕組み。なぜ休みの日があるのか

死者数が130万人以上の多死社会、火葬場が不足している場所もあります。なぜ炉をフル稼働しないのか、友引に休むのかなど、火葬業務について説明します。

葬儀中陰表の例

逮夜と初七日。中陰の日がズレていると勘違いする理由

喪主には初七日からの中陰のお勤め表を渡されます。命日とは違う曜日のお勤め日が二つ書かれている理由を説明します。

no image

法事のあとの食事はどうするか。場所を変えるべきか

法事後には食事(お斎)をします。家で仕出しをとる場合と場所を移動する場合とのメリット・デメリットを紹介します。

法要後の本堂を片付けした様子

法要の後片付けは翌日までに済ませること

法事法要の後はすぐに片づけをしましょう。そのまま飾り続ける人もいるかもしませんが、仏様参りは平常時と法要時のメリハリを付けるべきなのです。

no image

門主様の法話「ご親教・ご消息」の違い

真宗ではご門主のご法話として「御親教」と「御消息」があります。この二つの言葉の違いを説明します。

no image

浄土真宗もお仏壇を迎えた時は入仏のお勤め(開眼法要)をする

お仏壇を移動したり新たに設置した時には「入仏式・開眼法要」のお勤めをします。
お仏壇の迎え方・お飾りの仕方・法要当日の流れを紹介します。

法事引き出物の箱の中身。食品の詰め方

法事の引き出物は自分で用意できる

法事ではお参りの人にお礼の手土産として引き出物を配ります。
ギフト店や葬祭業者に依頼することが多いと思いますが、実は施主が自分で用意できます。

no image

台風・大雪のような悪天候では法事をどうする

台風や大雪といった悪天候の場合、法事は予定通りするべきでしょうか。
中止・前倒し・延期の選択もあるでしょうか。

10月に寺で報恩講を勤める理由

10月に寺の報恩講法要をするのって早いの?

浄土真宗の各本山は報恩講を七昼夜にわたり法要します。しかし地方寺院では10月といったやや早い時期に法要を勤めることもあります。なぜ10月の命日よりもずっと早い時期に寺にて法要するのでしょうか。

永代経法名軸を真宗寺院は余間に飾る

浄土真宗の永代経とは本堂の余間にある掛け軸のこと

浄土真宗の永代経法要とは永代供養のお経ではなく、永代読経・永代祠堂経のことです。
浄土真宗の永代経は本堂の余間にある掛け軸のことです。

ねじり香合

焼香の仕方にはあまり知られていない作法がある

お焼香の回数や仕方などは法事や葬儀に参加しないと気にならないかもしれません。
意外に知られていない焼香の作法としてお香の持参というものがあります。

no image

法事の時間って退屈かな?短い方が好まれる?

「法事の時間が長く退屈だ・早く終わってほしい。」そうに感じる人も多いのではないだろうか。
しかし法事にはある程度の時間が必要だと私は考えます。その理由を書いていきます。

no image

法事の日程は土・日曜日の休日には減りつつある話

法事は土・日曜日といった休日が多かったです。ですが最近では平日の法事が増えつつあります。
その理由を実情を踏まえて説明します。

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.