京都世界遺産巡拝旅の募集を開始。
お坊さんという人間

お坊さんの職業は他人の不幸で成り立つのか?

僧侶は葬儀や法事でお金を受け取るので、他人の不幸で商売をしていると考える人もいます。しかしお坊さんの立場から言えば、それは間違ったものの見方です。
僧侶が思うこと・コラム

2週間先の天気予報はいつから開始するのか

気象庁は2週間天気予報を2019年6月頃から開始するようです。現行の週間天気予報のように、細かな場所ごとの最高・最低気温や降水量・降水確率を発表するのでしょう。
僧侶が思うこと・コラム

お坊さんが案内するお寺参り「団体参拝」が減った理由

団体参拝とは集団でお寺にお参りすることです。かつての地方寺院は積極的に団体参拝していましたが、現代では団体参拝をするお寺がかなり少なくなりました。
2019.03.12
香川・旅先のスポット

涅槃桜とは。見頃や名前の由来や特徴などを紹介

涅槃桜は旧暦2月15日が見頃の桜です。涅槃桜の開花時期や名前の由来や花の特徴などを紹介します。
法事法要に関すること

お寺での法事が増えている理由は便利だから

ここ数年、法事の場所が徐々に変化しています。最近ではお寺での法事も多くなっています。お寺での法事はメリットが多く、施主や参列者にとって便利です。
僧侶が思うこと・コラム

正座と椅子。正座できない人のためにお寺も椅子が当たり前になっている

お寺でも椅子が増えている時代です。椅子に座って仏さまに参るのは楽でいいのですが、正座できなくなるのは困ったことです。
2019.03.07
浄土真宗・仏教

戒名の歴史。日本で最初の戒名は誰なのか。ヒントは鑑真

奈良時代に鑑真は授戒僧として唐より来日しました。鑑真により正しい仏教の戒律が伝わり戒名を頂いた僧侶が誕生します。日本最初の戒名は聖武天皇とされます。聖武天皇は国分寺や東大寺の廬舎那仏を建立したりと、仏教により混乱した世の中を治めようとしました。
2019.03.05
僧侶が思うこと・コラム

「恩讐の彼方に」霊山本廟長(10)【平成27年3月求道】

2015年3月の金倉崇文霊山本廟長の求道を紹介します。
2019.03.03
僧侶が思うこと・コラム

なぜお経には音楽がないのか

お経は抑揚をつけずに坦々と棒読みする読み方をします。音楽に乗せて読むべきではありません。
2019.02.28
浄土真宗・仏教

月にうさぎがなぜいるのか。仏教由来の伝説を紹介

月にはうさぎの模様があります。うさぎが月にいると言われます。これは仏教思想のジャータカ物語が由来です。仏を守護する帝釈天が、捨て身の慈悲のこころを示したうさぎの姿を月にうつし、月を見るすべての人々が、思いやりや慈悲の布施のこころを思い起こすのです。
2019.03.06
浄土真宗・仏教

仏の子とはどのような意味か

お寺では「仏の子のちかい」を子供たちと口にします。子供も大人も仏の子であり、自分と他人を深く知り、ともに生きていく世の中を目指すのが仏の子です。
2019.03.06
僧侶が思うこと・コラム

親鸞聖人の火葬場所,鳥辺野(とりべの)をおもう

京都東山の鳥辺野(とりべの)は浄土真宗の宗祖親鸞聖人の火葬場所と知られています。しかし正確な場所は不明です。
浄土真宗・仏教

仏教でもっとも大切な3つの日

仏教には特別な3つの日があります。お盆やお彼岸の仏教行事もありますが、これは日本独自の供養のイベントです。
2019.03.06