京都世界遺産巡拝旅の募集を開始。

僧侶が思うこと・コラム

お坊さんという人間

お坊さんの職業は他人の不幸で成り立つのか?

僧侶は葬儀や法事でお金を受け取るので、他人の不幸で商売をしていると考える人もいます。しかしお坊さんの立場から言えば、それは間違ったものの見方です。
僧侶が思うこと・コラム

2週間先の天気予報はいつから開始するのか

気象庁は2週間天気予報を2019年6月頃から開始するようです。現行の週間天気予報のように、細かな場所ごとの最高・最低気温や降水量・降水確率を発表するのでしょう。
僧侶が思うこと・コラム

お坊さんが案内するお寺参り「団体参拝」が減った理由

団体参拝とは集団でお寺にお参りすることです。かつての地方寺院は積極的に団体参拝していましたが、現代では団体参拝をするお寺がかなり少なくなりました。
2019.03.12
僧侶が思うこと・コラム

正座と椅子。正座できない人のためにお寺も椅子が当たり前になっている

お寺でも椅子が増えている時代です。椅子に座って仏さまに参るのは楽でいいのですが、正座できなくなるのは困ったことです。
2019.03.07
僧侶が思うこと・コラム

「恩讐の彼方に」霊山本廟長(10)【平成27年3月求道】

2015年3月の金倉崇文霊山本廟長の求道を紹介します。
2019.03.03
僧侶が思うこと・コラム

なぜお経には音楽がないのか

お経は抑揚をつけずに坦々と棒読みする読み方をします。音楽に乗せて読むべきではありません。
2019.02.28
僧侶が思うこと・コラム

親鸞聖人の火葬場所,鳥辺野(とりべの)をおもう

京都東山の鳥辺野(とりべの)は浄土真宗の宗祖親鸞聖人の火葬場所と知られています。しかし正確な場所は不明です。
僧侶が思うこと・コラム

お寺がされたら困ること。参拝のマナーを紹介

参拝マナーを紹介します。堅苦しいマナーがあるのは、いつまでも気持ちよくお参りできるお寺であるためです。
本の感想

仏教子供向け漫画「仏教のひみつ」を読んだ感想

子供向けの仏教漫画として学研の「仏教のひみつ」があります。児童漫画ですが、仏教の全体像や精神を見直すきっかけにもなり、大人にもお勧めの本です。
僧侶が思うこと・コラム

「鹿の子の御影」霊山本廟長(9)【平成27年2月求道】

『霊山本廟寺報・平成27年1月の求道』表紙を紹介します。この年のお正月は60年ぶりの大雪であり、蓮如上人の「鹿の子の御影」が思い出されます。
2019.02.02
僧侶が思うこと・コラム

小言念仏と愚痴を言う生活

落語に小言念仏があります。小言は叱言の当て字で、相手を咎めたり非難する意味です。念仏をする口と愚痴を言う生活について解説します。
僧侶が思うこと・コラム

撞木と橦木と鐘木。お寺の鐘つき棒について

お寺の釣鐘の鐘つき棒は撞木(しゅもく)と言います。同じ読み方で橦木・鐘木もあります。これらの漢字違いについて書きます。
香り・お香について

ほうじ茶の作り方。ストーブで緑茶を簡単に焙煎

石油ストーブの天板を使ってのほうじ茶の作り方を紹介します。暖をとるだけでなく、茶香炉のように部屋全体に茶葉の香りを充満させることができます。