コロナ対策のため、法事でもマスク・換気をしよう!詳細はこちら。

かっけいの円龍寺ラジオ

かっけいの円龍寺ラジオポッドキャスト

香川県丸亀市に住む浄土真宗のお坊さんが配信している個人ラジオの一覧ページです。

ラジオ名は『かっけいの円龍寺ラジオ』。

  • かっけいは、僧侶名の克啓から
  • 円龍寺は、お寺の名称から

円龍寺については『円龍寺はどんなお寺なのか』、かっけいは『プロフィール』のページで紹介しています。

ラジオの特徴

  • お坊さんが日常から質問を受ける仏教の話題・疑問について答える番組
  • 10分程度のさっと聞けるボリューム
  • MP3のファイル形式なので、ダウンロードすればいつでも何度でも聴くことができる
  • ダウンロードも聴くことも無料
  • ポッドキャストで配信しており、iTunesやGoogle podcast、ウェブページ上でも聴ける
  • 毎週火曜日に定期配信
  • 各ページ下で、ラジオで聞きたいテーマ・疑問を受け付けている
iTunesやGoogle podcastの購読ボタンからお気に入り登録して、定期的に聞いてくれたら嬉しいです。もちろん購読は無料ですよ。評価・レビューもあれば励みになります。

各ラジオエピソードは「ダウンロード自由」ですが、以下のことに気をつけてください。

  • 無料で自由にどなたでもダウンロードできます
  • 著作権は放棄しておりません
  • 個人的に楽しむ範囲での利用や、私的利用の範囲での改変はOKです
  • 商用利用や再配布・販売は禁止しております

詳しくは「プライバシーポリシー・利用規約」をご確認ください。

ポッドキャスト

ホトケノザ(仏の座).ラジオ#83

ホトケノザは春の七草の一つ。春の七草とは年の初めの一月、体をいたわるために七草の粥を食べ、一年の無病息災を願う風習のこと。七草のホトケノザは黄色い花を咲かせるコオニタビラコのことで、紫色の花のホトケノザ(サンガイグサ)ではありません。
ポッドキャスト

仏間の明るさ.ラジオ#82

お仏壇のある空間、仏間は照明器具で明るいです。でも僧侶の私は仏間が薄暗いほうがふさわしいと思います。それは仏壇は寺の本堂をコンパクトに表したものだからです。仏様の空間である内陣が明々と輝き、仏様の方から私たちが照らされていきます。
ポッドキャスト

お寺の護持金は何のため?ラジオ#81

お布施の額はそれぞれの施主が決めますが、護持金は毎年決まった金額が門信徒にお願いされます。寺の護持金は何のためにあるのでしょうか。維持費や管理費とも表現し、寺の地震火災保険や仏様の供花や供物、清掃費など、お寺を護持運営するためにあります。
ポッドキャスト

阿弥陀経の読経音声.番外8

仏説阿弥陀経は浄土真宗の日常に読むお経。2000文字足らずと短く、とっても読みやすいお経文です。内容は、お釈迦様が祇園精舎において舎利弗に対して、阿弥陀仏の極楽浄土の尊い様子を示し、阿弥陀仏の仏徳を讃え、南無阿弥陀仏のお念仏による極楽往生をすすめたものです。
2021.3.24
ポッドキャスト

香川のうどん屋の選び方.ラジオ#80

香川県と言えば讃岐うどんが有名で、県内外から多くの人がうどんを食べに来ます。県外の人はネットで有名店や人気店を調べるだろうが、香川県民が食べる本場の讃岐うどんとは少し味・雰囲気が違うだろう。美味しいうどん屋の見分け方をいち香川県民の私が紹介します。
ポッドキャスト

お経を聞く人数はなぜ1250人か?ラジオ#79

お経文はお釈迦様の説法の記録で、出だしには「いつどこでどれほどの人数が、どんな方達が」そのお話を聞いたのか書かれています。1250人や1万2000人の聴衆がいたと多くのお経には書かれますが、その聞き手の人数にはどんな意味があるのでしょうか。
ポッドキャスト

コロナ禍で変化した仏事.ラジオ#78

2020年から新型コロナウイルスが流行し、マスクといった感染予防が心がけられた。仏事はこれまでどおりお坊さんを案内し勤められているが、家庭での年忌法事や祥月命日や葬儀では参列者の人数が減っている。最近では遠隔地からのお参りや自宅での葬儀も増えている。
ポッドキャスト

死亡届と火葬許可証.ラジオ#77

死亡届とは死亡した事実を届出人が役所に提出する書類のこと。戸籍に死亡を記載するだけでなく、火葬や納骨に必要な火葬許可証(埋葬許可証)の発行もかねています。死亡届とはどこに誰が提出するのか?火葬許可証はどのように火葬や納骨で使われていくのか?を話します。
2021.3.14
ポッドキャスト

4月8日はお釈迦様の花まつり.ラジオ#76

4月8日の花まつり(灌仏会・仏生会・降誕会)は仏教開祖のお釈迦様の誕生をお祝いする日。全日本仏教会では花まつりポスターを一般募集しているが認知度は広がってないように感じます。聖徳太子の伯母の推古天皇の頃には始まった仏教行事だが、現代の日本ではなじみの薄い日となっています。36回目の配信では「お釈迦様のお母様」について話しています。
ポッドキャスト

豆腐好きの法然、小豆好きの親鸞.ラジオ#75

67回目の「報恩講の仏壇お飾り」で浄土宗宗祖の法然は豆腐が好き。浄土真宗宗祖の親鸞は小豆が好きなことを話しました。しかしこの有名な逸話の由来はあまり知られていません。この音声では「豆腐好きの法然・小豆好きの親鸞」についての豆のお話をします。
2021.2.10
ポッドキャスト

「鬼も内」節分の豆まき.ラジオ#74

2021年の節分は124年ぶりに2月2日。節分とは4つの季節の始まり「立春・ 立夏・立秋・立冬」の前日のことで、春の節分には「福は内、鬼は外」の豆まきがある。しかし浄土真宗の寺では鬼を追い払う豆まきをしない。あえてする場合は「福は内、鬼も内」の掛け声になるだろう。鬼は外なのか?それとも内なのだろうか?
ポッドキャスト

ネガティブな法名「負・諦」.ラジオ#73

54回目の配信で紹介したように、法名戒名には悪いイメージを与える漢字は使いません。「諦」にはギブアップ、「負」には勝負に敗れるといったネガティブな印象があります。しかし諦めるは物事の道理をつまびらかにあきらかにする。負けるには頼りとするお任せするといったポジティブな良い意味もあります。
ポッドキャスト

カカンキンコン.書かんきん来ん

香川ではお正月になると「書かんきん来ん、来んきん書かん」と年賀状のやり取りが減ったことを言います。ハガキや手紙をどちらかが書かなくなると、お互いに書かなくなり来なくなるということを意味します。香川の西の讃岐弁では「きん」は理由を表す「から」のことです。ちなみにお坊さんの私は「呼ばんきん来ん、来んきん呼ばん」ともじっています。
タイトルとURLをコピーしました