上部リンクユニット

横長リンク広告だけ,7/1一時停止

中津万象園の海望亭に行ってきた

投稿日:

香川丸亀市金倉に住むかっけいです。

多度津町中津(下金倉)には中津万象園と言われる見事な日本庭園があります。昨年2017年春にリニューアルオープンしたお食事処『懐風亭(かいふうてい)』は有名でしょうが、4月16日にオープンした『中津会所 海望亭(かいぼうてい)』は知らない人も多いのではないでしょうか。

私も存在は知っていたのですが、中には入ったことがなかったのでこの前園内を散策した時に見てきました。どのような建物だったのか紹介します。

中津万象園,庭園内にある海望亭公式ホームページはこちら『中津万象園・丸亀美術館』、庭園の料金やアクセス情報などが充実しています。

海望亭は庭園内にある休憩所

海望亭は誰でも利用できる休憩ラウンジ

万象園の海望亭の場所海望亭は万象園内にあります。ですので入園料が発生します。ただし海望亭の建物は入館無料で利用できます。

利用時間は開園時間に準じていて、午前9時30分から午後4時45分でした。また万象園の「おさんぽ倶楽部」会員で早朝入園の人は午前7時30分から午前8時30分の時間も利用できます。

中津万象園「海望亭」の入り口外観場所は庭園に入り、道なりに進み、陶器館(常設・無料)の続きに位置しています。上の入り口外観写真の右側には白鳥がデザインされた非常に珍しい白鳥観音が建てられています。

建物1階には『うちわの里』と称して、丸亀市の特産である丸亀うちわの歴史や文化や作品を展示しています。(撮影は禁止です)

建物2階が休憩所『海望亭』です。中にはテーブルと椅子が設けられており、南北の風景が見られます。2階には無料のWi-Fiサービスと本棚と飲み物の自動販売機が設置されていました。ただし飲食物の持ち込みはダメ。

海望亭2階の様子

北側の窓から見える風景

北側の窓から見える風景

南側の窓から見える庭園

南側の窓から見える庭園

海望亭を利用してみた感想

率直な感想・良かった点。

  • 新しい建物だったので綺麗だった。
  • 飲み物の持ち込みは遠慮してほしいとのことだが、館内の自動販売機は緑茶30円と安かった。80円の飲み物がほとんどで、一番高くても100円だった。
  • 無料Wi-Fiが使えるのは良かった。トイレもあるのでゆったりと過ごせる。
  • 一階の丸亀うちわの展示・解説が充実しており、ぜひ立ち寄るべき。

いまいちだった点。

  • 窓からの眺めはいまいち。
    海側はコンテナやクレーンが見える。庭園側は松の木がごちゃごちゃした印象。庭園は見下ろすもんじゃないよね。
  • 無料で読める本棚があったが、内容はかなり偏りがあった。少なくとも子供向けではない。
  • 休憩場所の二階に上がるには階段を使わないといけない。エレベーターなどは無い。

今回私は久しぶりの庭園散策ということもあり、左回り右回りと各島回りと計3時間ぐらいかけてじっくりと庭園を楽しんだ。一周あたり1㎞くらいある。

ですのでやや疲れた状態で海望亭の建物に行ったのだが、まさか階段しか上る手段が無いとは思わなかった。これでは足腰の悪いお年寄りが若い人と別行動してちょっと休もうかなあと思って行っても2階を利用できないのではないかなあと感じた。

海望亭そのものはリラックスできる空間なのだが、2階に行くのが面倒と感じる人もいるような気がします。むしろ一階のうちわの展示は非常に見どころがあり、これ目当てに入っても良い。英語の説明はなかったと思うが、それでも万象園に来た外国人や県外の人は見る価値あるだろう。

ということで最終的な感想は、「海望亭の建物自体はよかった(特に1階の丸亀うちわ展示)が、2階に上がるには階段しかないので海望亭を利用するお年寄りは少ない印象」です。

7/1記事下profと案内,6月15日より



釋克啓プロフィール写真80px サイト運営者の釋克啓(かっけい)です。
香川生まれ,香川育ち,香川大学出身。
香川県にある円龍寺の若坊である28歳。
現丸亀市仏教会理事

法要/行事の案内

 ・8月1日2日 (水・木) 10時~ 郡家興正寺別院 夏法座
 ・8月15日 (水) 午後2時~ 自坊円龍寺 納骨者追悼法要

-観光地
-

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.