コロナ対策のため、法事でも、マスク・換気をしよう!詳細はこちら。

多度津・善通寺の乳神・乳仏(七仏)

香川県の僧侶かっけいです。

全国各地に母乳・乳に関する神さま仏さまがまつられています。

私の住む近くの多度津町と善通寺市にも、乳神と乳仏(七仏)がまつられている場所があります。今回は、その場所とまつるようになった由縁を紹介します。

Sponsored Links

Sponsored Links

乳神は多度津町指定の民俗文化財

乳神の場所

多度津町の乳神は、田んぼの中にひっそりと建っています。

場所は2か所に分かれており、1つは多度津町葛原(かずはら)にある葛原正八幡神社の石鳥居から、西に50メートルの所にあります。

もう1つは、この石鳥居そばの乳神から、北北東400メートルの田んぼの中にあります。

乳神の所在地
  • 香川県多度津町大字葛原字八幡1501-2
  • 香川県多度津町大字葛原字本村1315-2

所在地は、多度津町の文化財マップを参考

乳神の写真

葛原八幡の乳神
葛原字八幡1501-2
葛原字本村の乳神
葛原字本村1315-2
多度津葛原八幡の乳神
香川県多度津葛原の乳神

乳神となった理由

乳神の祠には次のような説明板が建てられています。

千代池は用水路が東行して、北条・八幡・大木へと通じている。その八幡の一番水口の所に立っていた小祠である。

凝灰岩の長方形の箱型に屋根が載っている。箱のところに神像が浮彫してあるが、古い形の大顔に子胴なので、一見乳房のようなので、そのため俗に「チチガミ」と呼ばれている。約1kmあまり東北の八幡の末端の大家のミトオトシ(排水路)の傍にも同様の小祠があった。これには、乳型はないが、やはり乳神と呼ばれている。現在はそこから東に400mの田圃の畦に移動している。

いわゆる水分(みくまり)神の一種。水の分配を司る神で、「くまり」は「配り(くばり)」の意で、水源地や水路の分水路などに祀られる。水にかかわる神(ズイジンサン)ということで祈雨の対象ともされ、また、田の神(オカハン)や、水源地に祀られるものとして山の神とも結びついた。後に、「みくまり」が「みこもり(御子守)」と解され、子どもの守護神、子授け・安産の神としても信仰されるようになる。乳神と言う名称はその形状と後に加わった要素が強調されて、名称を「乳神様」と呼ぶようになったと考えられる。

千代池は、葛原正八幡神社の西に位置する池。

乳神となった理由
  • 祠の神像が乳房のように見えるから、チチガミと呼ばれる
  • 祠は、千代池から八幡に流れる、最初と最後の水の出入り口にある
  • 水の分配をつかさどる水の神「みくまり」としてまつられる
  • みくまりが「御子守(みこもり)」とつながり、子授け・安産の神としても信仰され、「乳神」となる

Sponsored Links

乳仏は弘法大師の七仏薬師が由来

七仏の場所

善通寺市の乳仏(七仏)は弘法大師ゆかりの仏様です。2ヵ所の乳仏を紹介します。

乳仏(七仏)の所在地
  • 赤門七仏薬師香川県善通寺市善通寺町6丁目1
  • 七仏寺香川県善通寺市吉原町2117番地
善通寺の赤門筋に七仏薬師がある

赤門筋のある善通寺は空海の生まれた所とされ、真言宗善通寺派の総本山であり、四国88ヶ所霊場75番札所となっている。

七仏寺は四国88ヶ所霊場71番札所「弥谷寺」から72番札所「曼荼羅寺」の遍路道沿いにあります。

番外霊場七仏寺の納経は曼荼羅寺で行えます。

乳仏の写真

赤門筋の七仏薬師

善通寺赤門筋の七仏薬師
赤門筋の七仏薬師
善通寺の七仏薬師像
七仏薬師。蓮台に6体の仏像
七仏薬師の後ろに乳絵馬
薬師像の後ろに絵馬
  • 七仏薬師オリジナル絵馬は、向かいの「いっぷく亭」で販売(火・水曜日が定休日)
  • お参り用のロウソク線香は50円(賽銭箱にいれる)
  • 犬の像は「安産犬」。2016年に一般公募で「ころころ」となったらしい
  • 毎月8日午前9時~11時半頃に赤門筋で「赤門八日市」が開催され、午前10時すぎ頃に「乳薬師御法楽」のお勤めがある

番外霊場の七仏寺

番外霊場の七仏寺。弥谷寺と曼荼羅寺の間にある
医王山七仏寺
弘法大師の植えた「古験松(こげんまつ)」
古験松と西行法師の碑
弘法大師空海作の七仏薬師如来
医王山七仏寺のお堂
七仏寺のお堂
  • 七仏寺は遍路道沿いにあるが、お参りの影はほとんどない
  • 弘法大師が植えた「古験松(こげんまつ)」があったとする石碑と、この周辺にいた西行法師の「名月の夜畑なる……」の歌碑がある
  • 七仏寺は無人の寺で、お堂の扉は閉じている
  • 隙間から堂内を見ると、乳の絵馬が壁に大量にかけられている
  • お堂の額の文字は「乳薬師」

乳仏となった理由

善通寺の赤門筋にある赤門七仏薬師には次の説明板があります。

善通寺から西へ約3km。吉原大池のほとりに赤門七仏薬師の本尊である七仏薬師(別名乳薬師)があります。この地に弘法大師がお堂を建て、自ら七体の石像を刻んで祀り、五穀豊穣と衆生の疫病からの救済を祈ったのが始まり。その後、中世の戦乱で焼け落ちましたが、承応元年(1652年)、大池の工事中に石仏が現れ、現在の場所に再びお祀りされました。その後、安永8年(1779年)に「七仏薬師」として再興されたと石碑に刻まれています。

この七仏薬師寺には、お参りすると乳の出が良くなることから「乳薬師」と呼ばれ、昭和50年頃までは県外からもお参りに訪れるほどの賑わいでしたが、その後、粉ミルクが普及するようになってからは次第にお参りする人も少なくなりました。残念ながら、現在は往時の面影はありませんが、それでも年間を通じてお参りの人が途絶えることはなく、特に旧暦の6月17日(十七夜)はご本尊が公開されています。

赤門筋商店街の「赤門七仏薬師」は、総本山善通寺創建1200年を機に吉原町七仏薬師寺より勧請され建立されました。

合わせて、1987年出版の『歴史・美術ガイド性神秘仏(岡田喜秋監修 みずうみ書房)』を参考にまとめます。

乳仏となった理由
  • 弘法大師空海が、五穀豊穣と民衆の病気平癒のため、石で刻んだ7体の薬師如来を安置した。これが医王山七仏寺の起こり
  • 中世の戦乱により堂宇が焼け、七仏は埋もれた
  • 1652年に大池を作るさい、石仏が現れ、再びお堂を再建
  • 七仏薬師は音が似ていることから「乳仏薬師」と呼ばれ、母乳の出ない人がお参りするようになった
  • 粉ミルクの普及や、1954年の火災により、七仏寺は衰微
  • 現在は総本山善通寺の東、赤門筋に、新たに七仏薬師を建立した

以上で、多度津・善通寺の乳神・乳仏の紹介を終わります。

全国各地の性に関する神仏をしりたいのであれば、岡田喜秋監修の『性神秘仏』がお勧めの本です。

1987年出版の『歴史・美術ガイド性神秘仏(岡田喜秋監修 みずうみ書房)』
タイトルとURLをコピーしました