京都世界遺産巡拝旅の募集を開始。

法事法要に関すること

法事法要に関すること

法事の日程は土・日曜日の休日には減りつつある話

法事は土・日曜日といった休日が多かったです。ですが最近では平日の法事が増えつつあります。 その理由を実情を踏まえて説明します。
2018.04.27
法事法要に関すること

お坊さんが読経の時、「損じゃ損じゃ」と唱えている話

お坊さんが読経時に「そんじゃあ・そんじゃあ」と繰り返し唱えていることがあります。浄土真宗僧侶の私がこのエピソードを紹介し、どんなメッセージがあるのかを説明します。
法事法要に関すること

浄土真宗・白骨の章はいつ読むのか。

浄土真宗では蓮如上人のお手紙である御文章を拝読します。葬儀では白骨の章を読みます。この白骨の章はいつ・何のために読むのかを説明します。
2018.03.11
法事法要に関すること

涅槃会とは。2月15日はお釈迦様の命日

2月15日にはお釈迦様のご命日法要である涅槃会(お涅槃)が各地で勤められています。涅槃会の意味について紹介します。
法事法要に関すること

枕経とは。浄土真宗僧侶が意味や服装などを紹介

枕経とは葬儀の中の最初の仏教儀式です。死亡確認された遺体を布団に安置し、仏様をお飾りし僧侶を招き読経をします。枕経に関することを解説します。
法事法要に関すること

戒名・法名不要と葬式についての話

法名や戒名がどのような名前であるかを説明します。またなぜ葬儀の時にお坊さんがつけているのかも解説します。
2019.03.06
法事法要に関すること

法事の回忌はいつまでするのか

法事法要の回忌はいつまでするべきなのでしょうか。世間では33回忌を弔い上げとしていますが、お坊さん的には年忌に終わりはないと考えています。亡き人・故人を偲ぶお勤めとは供養だけでなく、生きている私たちが仏法に出あうための大切な仏縁となります。
法事法要に関すること

法事の時期って正月(年末年始)は悪いの?

「正月(年末年始)の時期に法事はできるだろうか」と疑問に思いますか。お坊さん的には気にせず法事できますよと答えられます。しかし現実問題として、三が日や松の内と言われる新年の祝賀期間に法事法要をすることに悪いイメージを持っている人が多いようです。
法事法要に関すること

除夜会・元旦会・元日会・修正会の違いは。

年末年始には仏教寺院では除夜会・元旦会・元日会・修正会と行事が多数あります。これら法要の違いはなんでしょうか。僧侶が違いについて説明します。年の瀬・年の始まりと忙しい時期ではありますが、神社だけでなくお寺にもお参りくだされば有難いです。
2017.12.31
法事法要に関すること

法事の準備はどうする?4点に絞って解説

法事の準備・段取りについてお坊さんが解説します。細かく説明すると難しくなるので4点に絞り施主が決定する法事への流れを紹介します。肝心な4点は「施主・日時場所・寺との都合・案内状の送付」です。
2017.12.09
法事法要に関すること

報恩講法要の日程は一週間となぜ長いのだろうか。その理由

浄土真宗の宗祖親鸞聖人の命日の法要期間は長いです。各本山では一週間の法要日程です。なぜ報恩講法要の日程が長いのかを説明します。蓮如のお手紙や浄土宗の法然上人の忌日法要から、日数が一週間・七昼夜となっている理由について紹介します。
法事法要に関すること

法要・法事・仏事・僧事の違いとは

仏教行事には法要・法事がありますが違いは分かりますか?お坊さんである私が仏教の三宝の観点から法要・法事・仏事・僧事を説明します。法要とはどのような仏教行事であるのかをイメージ図を用いて、法事・仏事・僧事との関係性を示します。
法事法要に関すること

法事法要の時間が10時・2時開始が多いのはなぜか。

お寺の法事・お勤めの開始時間で不思議に思ったことはありませんか。なぜ10時・2時開始が多いのでしょうか。理由はあります。それは「昼夜六時」「六時礼讃」がキーワードとして挙げられます。今回は浄土真宗のお坊さんが例を交えて説明します。
2017.10.31