上部リンクユニット

デラウェアぶどうをバナナスムージーに混ぜて美味しく飲む簡単な作り方

投稿日:

先日、デラウェア(ぶどう)を皮ごと用いてジャムを作る方法を紹介しました。

皮ごと作るとブドウのあの紫色が出て見た目にも良いですし、一時間もかからずジャムができるのですが、今回はもっと簡単にデラウェアを消費する方法を紹介します。

デラウェアを皮ごと丸々使い、バナナスムージーと合わせて飲む方法です。3分もあればできるので非常におすすめです。

(なおスムージーとは野菜や果物をミキサーなどですりつぶした飲料のことで、ジュースは搾った残りかすを飲まない飲料のことです。バナナジュースの方がイメージしやすいかもしれませんが、ミキサーで飲む方法は正確にはバナナジスムージーと表現されます。)


デラウェアとバナナのスムージーの作り方

所要時間は3分程度。

必要な材料と使用道具

【材料:約3人前】

  • 種無しデラウェアを皮ごと(50粒~70粒程度)
  • バナナ(約1.5本)(皮は使わない)
  • ブルーベリーを皮ごと(50粒~70粒程度)
  • 牛乳(約200㏄)
  • 氷(少量)

【使用器具】

  • ミキサーのみ(フードプロセッサーでも代用可能)

ポイント1.デラウェアは皮を残した状態にする

最初にメインとなるデラウェアの粒を房から外し水洗いします。事前に凍らせる必要はありません。

今回は3人前をつくるのでおよそ50粒~70粒程度を使いました。これはデラウェア一房の半数程度の粒数です。水洗いしますと皮付きのままミキサーに入れます。

ポイント2.ブルーベリーを混ぜるとよりおいしくなる

バナナとデラウェアのスムージーですが、ブルーベリーをプラスするとより一層おいしくなります。見た目もより紫色に鮮やかになります。

熟れたバナナは20度以上ありますし、デラウェアもまた同じく糖度20度以上あります。甘ったるい飲み物になってしまいますので、私はブルーベリーを加えるのをお勧めします。

ブルーベリーを加える利点は糖度が10~15度程度と控えめかつ酸味が程よくあり、甘さをひきたててくれるからです。またぶどうと同じく紫色の果皮を持っていますので、出来上がったスムージーの見た目がより鮮やかになります。

使用するブルーベリーの量はデラウェアと同量程度です。なお緑色の未熟なブルーベリーも問題なく食べられます。

もしもブルーベリーを混ぜない場合は、混ぜなかった分、デラウェアの量を増やしてください。つまり倍の量の100粒~150粒程度(約一房)のデラウェアを使います。

氷はいれなくても良いが、あった方が私は美味しく感じる

スムージー飲料を作る場合、材料をあらかじめ冷凍庫に入れ凍らしておくことがあります。

しかし凍らさなくてもスムージーと言えますので、わざわざ今回の材料のバナナ・デラウェア・ブルーベリーを凍らせておく必要はありません。

ただ冷えたスムージーの方が私は美味しく感じるので、ミキサーの中に氷を5粒ぐらい入れておきます。

なお氷が使えないミキサーの場合は氷を入れてはいけませんし、冷凍バナナや冷凍デラウェア・冷凍ブルーベリーなどと凍らしているならばそれ以上の氷を加える必要はありません。

ミキサーにかける時間は1分程度と短い

氷と皮ごとのデラウェアとブルーベリー、皮を剥いたバナナをミキサーの中に入れて最後に牛乳を200㏄程度入れたら準備完了です。

ミキサーにかける時間は長くありません。おおよそ一分もかければ十分だと思います。

目安としては氷のガリガリという音が聞こえなくなればOKです。心配であれば2分程度滑らかになるまで撹拌してもいいでしょう。

ポイント3.できたスムージーはなるべく早く飲む

ミキサーでスムージーを作ると量が増える

撹拌すると空気を含むのでかさが増す

ミキサーにかけたスムージーの量は、材料の倍くらいの量になっていると感じると思います。

それはミキサーにかけることで、ほどよく空気が入って泡がたっているからであり、フワフワとなめらかな舌触りになります。

コップに移しましたら空気が抜けない内に早めに飲むと、デラウェアやブルーベリーの皮があまり気にならずに飲むことができます。


Sponsored Links  

さいごに。バナナのスムージーは他の果物と組み合わせても美味しい

出来立てのバナナのスムージーは空気を含んで非常に滑らかな舌触り今回はデラウェアとバナナのスムージーの作り方を紹介しました。

果物のスムージーと聞くと事前に材料を凍らしておくイメージを持つ人もいるかもしれませんが、手軽にミキサーに氷を入れておけば大丈夫です。実際に作ってみると非常に簡単で短時間でできるのに、美味しいのでやみつきになるでしょう。

なおバナナのスムージーはバナナの甘みが強く、それに牛乳を加えて撹拌するだけでも非常に美味しく飲むことができます。

また牛乳にかえて豆乳や飲むヨーグルトにしても違った味わいになりますし、桃や梨など他の果物を加えても美味しくなります。個人的にはバナナの甘みが強いので、リンゴやブルーベリーやイチゴなど少し酸味がある果物の方が合いやすく感じます。

もちろん果物だけでなく、苦いゴーヤーやケールといった野菜を組み合わせても意外と飲みやすくなります。

バナナのスムージーはアレンジしやすい飲み物なので、今回紹介したデラウェア(ぶどう)やブルーベリー以外にも試してみてはどうでしょうか。

8/11~SP用リンクと関連

11/14~PC記事下リンク挟み

-果樹 -

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.