僧侶が思うこと・コラム

お坊さんという人間

お坊さんがすすめる正座で足がしびれない方法・コツ

長時間正座をする機会が減り、足がしびれて立ち上がれない人が多いです。 正座は血流をよくすれば痺れにくい楽な座り方です。
2018.11.07
僧侶・寺の現代と将来

お坊さんに茶番のお接待をすることが減っている

最近では茶番は悪い意味で使われていますが実際には仏教に関係する言葉です。 茶番(お接待)について感じていることを紹介します。
2018.11.07
お坊さんという人間

お寺の法要はお坊さん同士の「つとめあい」でつながっている

お寺にはお互いの寺の法要にお参りする「つとめあい」があります。 お坊さん同士も共に支えあう関係が築き上げられていると感じます。
2018.09.13
迷信に関すること

友引に葬儀って駄目なのか。六曜と仏教の関係について

友引や仏滅には葬儀や法事をしてはいけないと考える人もいます。 しかし占いが起源の六曜は仏教と関係がありません。
2018.10.18
僧侶が思うこと・コラム

童謡「チューリップ」1番の歌詞はなぜ近藤宮子作と認められたのか

子供のころ童謡「チューリップの歌」は作者不詳の状態でした。現在では近藤宮子さんが作詞者とされていますが、どのような経緯で認められたのでしょうか。
2018.10.18
僧侶が思うこと・コラム

献血のこころ。献血の言葉は仏教にも関係ありそう

献血とは1960年以前に使われていた売血・供血から変化しました。 真宗お坊さんの目線で献血が仏教とどんな関係があるのかを書きます。
2018.09.13
僧侶が思うこと・コラム

将棋の叡王戦から感じたこと。ソフトの評価値を妄信して大丈夫なのか

将棋の新しい棋戦である叡王戦を見て感じたことを書きます。 ソフトの評価値を正しいものだと妄信しがちなのですが私は不安です。
2018.09.13
タイトルとURLをコピーしました