上部リンクユニット

横長リンク広告だけ

お坊さんは正座で痺れないの?僧侶が教える立ち上がれるコツ

投稿日:

こんばんは。  真宗僧侶のかっけいです。

法事などにお勤めに行きますと、よくお寺さんは正座を長時間しても痺れないのですかと聞かれます。

痺れは大人になっても、年配になってもなかなか解決しない問題だと思います。

足がしびれてしまうので、子供に正座をすすめるのを躊躇する人もいるのではないでしょうか。

今日は正座での座り方のコツを伝授します。

 

どうして足がしびれるの?

そもそもどうして正座をすると足が痺れてしまうのでしょうか。

一言で言うなら、膝から下への血流が悪くなるからです。

なんとなく理解できるのではないですか。

よく体や頭の下に腕を敷いたままにしてそのままの姿勢を保っていると、腕が足の痺れのように痛みや力が入らなくなる状態を経験したことがないでしょうか。

 

もう少し詳しく説明しますと、

①人の膝の裏には下肢静脈という血管が通っています。

②この血管が正座をすることなどによって、強く圧迫されることで、血の流れが悪くなってしまいます。

③すると足の先端にある末梢神経に血液が十分に届かなくなります。血液が届きにくいということは、酸素が不足してしまうということです。

④この酸素不足の状態が続きますと、末梢神経の機能が低下し、体の異常を知らせる信号が発生します。この体の異常が痺れというものです。

 

つまり長く膝下を圧迫すればするほど、それだけ痺れやすいということです。

 

お坊さんは正座をしても痺れたりしないの?

先に結論を言いますと、痺れます!!

痺れるんですけど、正座に慣れていない人とはちょっと事情が違うんですね。

 

どんな人でも初めて正座をすると、数分で足が痺れると思います。

しかしコツを掴んでくると、5分が10分と、10分が30分と、そして1時間とだんだんと正座をしても痺れにくくなります。

お寺さんは正座をしている機会が多いので、正座のコツを掴んでいる人が多いんですね。また、仮に痺れても痺れを素早く取り除く方法も経験で知っています。

 

その慣れと経験があるので、正座の姿勢からあっという間に立ち上がって、何事もなく歩いているように見えるんですね。

私は割と早く30分程度で痺れてしまいますので、お勤めの間、足が痺れて痛いのですが、立ち上がる前のちょっとしたことで、すっと立ち上がれています。

 

正座で痺れにくくなるコツ

先ほど、正座をすると痺れるのは膝下の血流が悪くなるからということを説明しました。

ということは単純に血を足先にまで巡らしてあげればいいということですね。

 

ただし正座というのは姿勢を正してきちんと座っている様子のことなので、足を崩しては、それは正座ではないですよね。
お坊さんも足を崩して座っていないですよね。
つまり、足を崩さずにいかに足先にまで血を流すのかを説明します。

  1. 重心を少しだけ膝側(前側)にもってくる。
  2. かかとを少しだけ開く。つまりかかとをそろえない。
  3. 足の親指を重ねるようなイメージで座る。
  4. 膝頭を少しだけ開く。膝をそろえない。
  5. 上半身をわずかに動かし、重心を前後左右にずらす。
  6. ゆったりとした服装(ズボン)にする。

今回は6つのコツを紹介します。これ以上に細かいコツはありますが、だれでもすぐに実践できることに重きを置いて、この6つに絞りました。

先ほども言いましたが、正座ですから、背筋を正し足を崩さないことが大前提です。
ですので、俗にいう、お尻を床につける女の子座り、足をよこにずらして座る斜め座りは紹介しません。

 

お坊さんが痺れないのは正座という姿勢を保ちながら、血を流すために微妙に体勢を変えているんですね。

6つのコツを説明しますと、

1の重心を膝の方に持っていくのは、足先に余裕をもたせ、かかとや足の甲の圧迫が軽減されます。このことで足先まで血が届きやすくなります。またちょっとしたコツとして、両手を股の付け根に置かずに、膝の方に揃えますとより痺れにくくなります。イメージとしてはお尻が浮き上がるような感じですかね。背中は丸めないこと。

2番目のかかとを少し開くというのは、かかとの先でお尻を支えますと、支えている面積が狭いので、すぐに足が痺れてしまいます。また、お尻も痛くなってしまいます。イメージとしては土踏まずの位置でお尻を包むような感覚です。

3つ目の足の親指をそろえるというのは、足を組みすぎないということです。痺れている人を見ますと足の甲と裏を深く重ねている人が多いです。もしくは全く指をそろえない人もいます。親指を重ねるメリットは、足の甲がぴったりと圧迫されるのを防ぎつつ、親指を組み替えることで、簡単に目立たず交互の足の上下を入れ替えることができます。

4つ目の膝先を少し開くのは2番・3番のコツをしやすくなります。両膝をくっつけると足先を動かす動作が目立ちやすくなって、かっこ悪いです。

5番目は1番目と相反するようですが、これも重要なコツです。膝の方に重心を持っていくのは足先に余裕ができ痺れにくくなりますが、今度は膝が痺れてしまいます。そこで上半身を少し反らしたり、手の位置を変えることでわずかに重心を動かすことが長時間正座を保つコツになります。この時も上半身の姿勢は正しましょうね。姿勢が悪くなると体の負担が増え、逆に痺れやすくなります。

6番目は裏技みたいなものですかね。ぴっちりしたズボンやジーンズをはくと痺れやすいです。また少し足を動かしても目立ちやすいです。痺れたくなければゆったりとした服装の方がいいと思います。実はお寺さんも衣を着ているため、足先のごぞごぞが少しだけ目立ちにくくなっているんですね。

 

痺れたときに素早く立ち上がるコツ

ここまで痺れにくくするコツを説明しましたが、それでもやはり長時間の正座は痺れてしまいます。

原因はやっぱり血流不足です。

ですので血を足先まで流してあげることが解決方法になります。

痺れを取る方法をおすすめ順に紹介します。

  1. 立ち上がる少し前に、両足のつま先をたてて座っておく。
  2. 合掌・礼拝(らいはい)をするときにお尻を浮かす。
  3. 正座の姿勢を正す動作をすることで大きく体を動かす。

これら以外にも片方の足に体重を預けてしびれを取り、もう片方もまた体重を預けてしびれを取る方法がありますが、時間がかかりますし、体が大きく傾いて格好悪いです。
他にも足を横に出したり、足のマッサージをする方法がありますが、やっぱりごぞごそしてかっこ悪いです。

痺れをとるのは両足同時にできた方が早いですし、姿勢も崩れにくいです

 

おすすめの方法を1から順番に説明しますと、

1番の立ち上がる前に両足のつま先を立てて座るというのは、どういう姿勢かというと、両かかとの内側をそろえて、そのかかとの上にお尻を乗せます。この時も上半身は背筋を伸ばして姿勢を正しています。この姿勢は跪座(きざ)と呼ばれ、正座の形のひとつです。つま先を立てることで、足の甲や膝下が圧迫されずにあっという間に血の巡りがよくなります。

2番目では仏事で通用する方法ですね。合掌・礼拝(らいはい)をするときは上半身を前に倒さないといけないので、自然とお尻が浮き上がるような感じになります。このときにしかっりとお尻を浮かして、足のしびれをとりましょう。

3番目は私がよくする方法ですね。3番目のおすすめなのは一番動作が大きいからです。動作が大きいから血の巡りもいいですし、素早くしびれが無くなるのですが、堂々としないとただごぞごぞしているように見えます。ですので、この方法をとるのは最後の最後しかできません。痺れているからといって、立ち上がる前から何度もすると恰好が悪いです、一度で決めましょう。

 

さいごに

どうでしたか。比較的実践しやすいコツを取り上げたつもりです。

このコツ全てを使わずに一つ使うだけでも効果があると思います。

座布団を使いますと、足の圧迫が和らぎますので、さらに長時間正座をすることができます。逆に言うと、地面や石の上に座りますと非常に硬いのですぐに痺れてしまいます。

 

 

ここまで読んでいただいた方にもう一つだけ私がしている痺れにくくなる方法を紹介します。ただし、座布団に座っている時しか使えません。
非常に簡単です。

座布団の後ろの方に座り、足先を少しだけ座布団からはみ出すように座るだけです。はみ出した分だけ足先を動かせますので、血の巡りが段違いです。ただし足先を出しすぎると、座布団の前の方が空いて不格好になりますので、そこは座布団の大きさに応じてバランスをとってください。

 

後は正座の回数をこなすことが大切ですね。

正座をしてきた経験が少ないから痺れやすいというのは言えると思います。

正座というのは非常に楽な座り方です。

椅子に腰かけてもお尻が痺れたりしますよね。でもお尻をごぞごぞしたり、足を絶えず動かしているから痺れていないだけなんですね。

正座も慣れれば慣れるほど、痺れにくくなり、痺れもとりやすくなります。

腰に負担のかからない座り方ですので、良かったら実践してみてください。

 

 

ここまで読んでいただいて有り難うございます。

 

6/15記事下prof最新



釋克啓プロフィール写真80px サイト運営者の釋克啓(かっけい)です。
香川生まれ,香川育ち,香川大学出身。
香川県にある円龍寺の若坊である28歳。
現丸亀市仏教会理事

-お坊さんという人間
-,

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.