七夕と仏教について【かっけいラジオ#1】

第1回目のラジオ配信をしました。七夕(たなばた)がテーマです。(BGM:音楽素材MusMus)

先日七夕がありましたね

七夕って漢字だけ見ると、非常に難しく感じるんですけど、みなさんはどう感じますか。数字の7と夕方の夕で七夕って私は読めません。7月7日にあるんで、もう7と7で、七夕なんだと私は覚えることにしました。

私も子供の頃は保育所にいた時、笹のところに大工さんになりたいなーとお願い事をしました。でも実際には浄土真宗のおぼうさんになりましたけどね。

私の住んでる街で商店街の所に行きますと、たくさん今も七夕の飾りがされていました。それらを見ますと、まあやっぱり今も昔も同じなのか、お医者さんになりたいとか、ケーキ屋さんになりたいとか、花屋さんになりたいとか、まあ可愛らしいお願い事がありました。一方でなかには目が見えるようになりたいとかガンが治るようにとちょっと深刻なお願い事もありました。

七夕って元々どういう行事なんですかね。いろんな諸説あるらしいですけども、一番有名なのは、彦星と織姫の伝説かな。

彦星さんと織姫さんは夫婦になって非常に仲がよろしかったそうですけども、仲がよろしいが故に全然もうお仕事をせずにまあだらけた生活になったらしくて、それで天のの神様がふたりの仲を引き裂いたと。でもそれじゃあ可哀そうだと、一年に一遍だけ、お仕事をしっかり頑張るという条件付きで合わしてくれたのがこの7月7日という日だったらしいです。

ですので七夕と言ったら、お寺でもなんかいろんな行事してそうな印象なんですけども、実際は七夕というのは仏教行事と全然関係がないんです。

ですから、私のお寺でも七夕と言っても、格別というよりも普段通りのお寺で、まー七夕って何ですかという風な1日でした。

ちょっと仏教的な話しをしますと、仏教というのは、私の願いを仏様にお願いするんでは本当はないんですよね。

というのも、仏教というのは、仏様はいます。

その仏様が私たち人間を救うという願いを、私たち1人1人にかけてくださってるんです。それが仏様なんです。願いを人に向けてるのが仏様ですから、私たち人間が仏様に願い事をすると、願いをかけてる仏様と、こちらから一方的にする「ああなりたいなあ。こうなりたいなあ」と思う願いとが、願いと願いがぶつかって、ちょっと訳がわからないような、そんな不思議な感じになりませんか。

願い願いばっかり言って、願いが渋滞していてよく分からないでしょ。

阿弥陀仏を拝む浄土真宗ではどんなことを表現をうするかと言いますと、「仏様の願いを聞いてお念仏しましょう」と言っています。

なかなか難しそうなことで。「お念仏をして仏様の願いを聴きましょう」とは、難しそうな言い方ですけども、単純に言いますと、「仏様の前に参って、手合わして、今の自分があり、仏さまに見守られているのを喜ぶ」こと。それが浄土真宗の生活なんですね。

ですからこの前の7月7日って、皆さんひょっとしたら短冊にいろんなお願い事を書いたかもしれないですけども、もしよろしければ、私の願いだけじゃなく、仏様から私たちにどんなお願い事してるのかなあと、ちょっと仏様にまいってみて、家のお仏壇の前にまいって見て、手を合わせていただけたらなぁと思います。

ラジオが続かないかも

このブログ記事を投稿したときには、すでにポッドキャストにも配信できているはずでした。アップルIDも取得したのですが、iTunesStoreにサインインできない不具合?にあっています。

現在アップルにメール問い合わせしているのですが、72時間以内の返信とあり、私の意欲が失われるかもしれません。ですので先にブログ記事として投稿しました。

もしもポッドキャスト配信できなければ、次回以降のラジオはないかもしれません。

アップルのサポートのおかげで、なんとかポッドキャスト配信できていると思います。

次のエピソードを投稿しました。満濃池と空海お大師さん【かっけいラジオ#2】

Sponsored Links

Sponsored Links

ラジオの補足説明

七夕の願い事

七夕の由来は、織姫と彦星の伝説が一番有名です。

織姫というのは織物がとても上手な女性で、父の天の神様がたいそう喜んでいたそうです。

織姫は年ごろとなり、働き者の牛使いの彦星と結婚しました。

二人はとても仲がよろしく仕事をしなくなってしまったので、織姫の父(天の神様)は二人の仲を裂いたのです。しかし二人が酷く悲しんだので、仕事を一年間しっかり頑張ることを条件に会えたのが7月7日の夜でした。

「仕事を頑張ることや技能の上達」を願うのが、七夕の願い事なんですね。

願い事は誰が叶えるの

七夕は織姫と彦星が再開するために、父の神様に一年間仕事を頑張りますよと約束したお話です。ですので七夕の願い事は、本当は誰もかなえてくれません。自分が努力する約束です。

でも私たちはいろいろお願い事をしますよね。

仏教と七夕の行事は関係ありません。

仏教は私の願いを仏にするのではありません。(現世利益の仏もいるので、一概には言えませんが)

人々を救う願いと誓いをたてたのが、仏さまです。ですので仏教の立場で言えば、願い事を仏に叶えてもらうようにするのではなく、仏さまの願いをたずねて聞いていこうとするのが大切なのです。

「円龍寺かっけいラジオ」では、番組へのメッセージを募集しています。ご感想や取りあげてほしいテーマなどもお寄せ下さい。

メール内容は暗号化され、安全に送信されます。

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました