浄土真宗・仏教

浄土真宗・仏教

お布施を受け取る時に「お預かりします」と言う理由

お坊さんはお布施を受け取りで「ありがとうございます」とお礼を言いません。 なぜお坊さんがお預かりしますと答えるのかその理由を説明します。
浄土真宗・仏教

ドナーの意味はサンスクリット語のダーナ(布施)が語源

ドナー(donor)は臓器提供者の意味です。仏教のサンスクリット語のダーナ(布施)が語源です。 ドナーがなぜ臓器提供者を表す言葉になったのかを説明します。
2018.10.10
法事法要に関すること

法事の引き出物は自分で用意できる

法事ではお参りの人にお礼の手土産として引き出物を配ります。 ギフト店や葬祭業者に依頼することが多いと思いますが、実は施主が自分で用意できます。
2018.10.03
真宗の教えや考え方

浄土真宗の法名を生前につける理由

浄土真宗では法名を使います。しかし法名は葬儀でお坊さんが勝手につける名前と思われているかもしれません。 正しくは生前に授かるのですが、その意義・理由について説明します。
2018.10.02
真宗の教えや考え方

お坊さんの話に拍手をしない理由

法要でお坊さんがお話すると拍手が起こることがあります。しかし浄土真宗的には拍手はよろしくないのです。 なぜお坊さんの話で拍手は相応しくないのか、その理由を説明します。また拍手に代わるものも紹介します。
法事法要に関すること

台風・大雪のような悪天候では法事をどうする

台風や大雪といった悪天候の場合、法事は予定通りするべきでしょうか。 中止・前倒し・延期の選択もあるでしょうか。
法事法要に関すること

10月に寺の報恩講法要をするのって早いの?

浄土真宗の各本山は報恩講を七昼夜にわたり法要します。しかし地方寺院では10月といったやや早い時期に法要を勤めることもあります。なぜ10月の命日よりもずっと早い時期に寺にて法要するのでしょうか。
仏壇仏具の飾り方や作法

仏事法事の作法はなぜ大切なのか

仏事法事などの仏教行事に参加するときはお参りの作法が気になるでしょう。なぜ作法は大切なのですか?礼儀やマナーを守れず恥をかくのを恐れるためでしょうか。作法が大切な理由を説明します。
2018.09.18
法事法要に関すること

浄土真宗の永代経とは本堂の余間にある掛け軸のこと

浄土真宗の永代経法要とは永代供養のお経ではなく、永代読経・永代祠堂経のことです。 浄土真宗の永代経は本堂の余間にある掛け軸のことです。
法事法要に関すること

焼香の仕方にはあまり知られていない作法がある

お焼香の回数や仕方などは法事や葬儀に参加しないと気にならないかもしれません。 意外に知られていない焼香の作法としてお香の持参というものがあります。
仏壇仏具の飾り方や作法

浄土真宗がお墓や仏壇に水を供えない理由

浄土真宗という仏教宗派は墓や仏壇に水や茶を供えません。 なぜ浄土真宗では水を供えないのかを解説します。
浄土真宗・仏教

合祀・合葬とはどんな意味?お寺ではどっちの言葉を使う?

合祀(ごうし)や合葬(がっそう)の供養の仕方があります。 似たような言葉ですが、両者は厳密には違いがあります。
2018.08.26
浄土真宗・仏教

葬儀会場はどこにする?お寺でする場合は葬儀会館とどう違う

宗教施設であるお寺は仏式葬儀に適しており、厳かな雰囲気で葬儀を行えます。 常に須弥壇や本尊が安されお飾りの費用が抑えられ、葬儀料金が抑えられるかもしれません。