円龍寺納骨者追悼法要は「8月16日午後2時より」に順延

浄土真宗・仏教

法事法要に関すること

逮夜と初七日。中陰の日がズレていると勘違いする理由

喪主には初七日からの中陰のお勤め表を渡されます。命日とは違う曜日のお勤め日が二つ書かれている理由を説明します。
2019.01.16
法事法要に関すること

法事のあとの食事はどうするか。場所を変えるべきか

法事後には食事(お斎)をします。家で仕出しをとる場合と場所を移動する場合とのメリット・デメリットを紹介します。
2018.12.30
浄土真宗・仏教

数珠の使い方の疑問。なぜ擦り鳴らすのか

法事や葬式では数珠(念珠)を持参することが一般常識としてあります。数珠の意味や起源、役割を紹介します。
2018.12.21
法事法要に関すること

法要の後片付けは翌日までに済ませること

法事法要の後はすぐに片づけをしましょう。そのまま飾り続ける人もいるかもしませんが、仏様参りは平常時と法要時のメリハリを付けるべきなのです。
2018.12.14
仏壇仏具の飾り方や作法

仏壇のサイズやデザインは気にする必要がない

仏壇は大きく飾りも複雑です。また価格も高いです。お坊さんは華美な仏壇を求めることをすすめていません。シンプルな仏壇で大丈夫です。
2018.12.11
法事法要に関すること

門主様の法話「ご親教・ご消息」の違い

真宗ではご門主のご法話として「御親教」と「御消息」があります。この二つの意味の違いを説明します。

2019.06.08
浄土真宗・仏教

お布施に書かれる冥加金とはどんな意味なのか

お布施の表書きに冥加金と書かれることがあります。冥加とは知らない間に受ける神仏の加護の意味ですが、どうしてお寺に冥加のお金を納めるのでしょうか。

2019.08.01
浄土真宗・仏教

お釈迦様の名前を表す呼び方はたくさんある

仏教の開祖である釈迦如来はお釈迦さまと親しみを込めて呼ばれています。 お釈迦さまや阿弥陀如来の異名を紹介します。
法事法要に関すること

浄土真宗もお仏壇を迎えた時は入仏のお勤め(開眼法要)をする

お仏壇を移動したり新たに設置した時には「入仏式・開眼法要」のお勤めをします。 お仏壇の迎え方・お飾りの仕方・法要当日の流れを紹介します。
浄土真宗・仏教

お釈迦様の最初の説法を聞いた5人の仏弟子について

お釈迦様は鹿野苑で5人の修行者に仏法を説きました。この五比丘には名前があり、幼少の頃からお釈迦様と関係のある人たちでした。
浄土真宗・仏教

お布施を受け取る時に「お預かりします」と言う理由

お坊さんはお布施を受け取りで「ありがとうございます」とお礼を言いません。 なぜお坊さんがお預かりしますと答えるのかその理由を説明します。
浄土真宗・仏教

ドナーの意味はサンスクリット語のダーナ(布施)が語源

ドナー(donor)は臓器提供者の意味です。仏教のサンスクリット語のダーナ(布施)が語源です。 ドナーがなぜ臓器提供者を表す言葉になったのかを説明します。
2018.10.10
法事法要に関すること

法事の引き出物は自分で用意できる

法事ではお参りの人にお礼の手土産として引き出物を配ります。 ギフト店や葬祭業者に依頼することが多いと思いますが、実は施主が自分で用意できます。
2018.10.03
タイトルとURLをコピーしました