日本最初のお寺は飛鳥寺じゃないよ

僧侶のかっけいです。

奈良県の飛鳥寺(あすかでら)を、日本最古のお寺だと思っている人は多いと思います。

しかしそれは正しくありません。最初のお寺は向原寺(こうげんじ)とされます。

今回は、日本で最初のお寺を紹介します。

なお中国最初の寺は、一世紀半ばの「白馬寺(はくばじ)」とされます。

飛鳥寺には日本最古の仏像がある

飛鳥寺は聖徳太子がいたときに建てられました。

587年に蘇我馬子が建立の発願をし、596年に完成したそうです。飛鳥寺は蘇我氏の氏寺として建てられました。

このお寺が日本最古のお寺だといわれる理由の一つが、日本最古の仏像があるからです。通称「飛鳥大仏(あすかだいぶつ)」と言われる、飛鳥寺のご本尊です。

飛鳥大仏は600年初めごろに造られた釈迦如来像です。日本最古の仏像が今も残っているため、飛鳥寺が日本最古の寺とイメージされるのかもしれません。

もう一つの理由に、飛鳥寺は日本最初の本格的な仏教寺院だったことです。

  1. 仏像を安置する「金堂(本堂)」
  2. 遺骨を納める「塔」
  3. 講義をする「講堂」
  4. 鐘をつり鳴らす「鐘楼」
  5. お経を納める「経蔵」
  6. 僧侶が生活する「僧房」
  7. 食事をする「食堂」

簡単に説明すると、上の7つの建物要素がある寺院のことです。

飛鳥寺のつくりは飛鳥寺式と言われ、日本最古の仏教寺院の配置形式となっています。

向原寺(こうげんじ)が日本最初の寺

552年に百済(くだら)の聖明王(せいめいおう)から、仏像とお経を贈られました。

国神をまつることを主張する物部氏と、仏教を取りいれ拝むことに賛成した蘇我稲目(そがのいなめ)がいました。

欽明天皇はまずは、蘇我稲目に試しに百済よりたまわった仏像をまつるように命じました。そこで蘇我稲目は、飛鳥の向原(むくはら)にあった自分の屋敷を寺に改めて仏像を安置しました。

一番最初に仏像をまつったため、この向原の寺が日本最初のお寺とされます。はっきりとした時期は不明ですが、580年頃とされます。

なおこの後、疫病が流行り物部氏により寺は焼かれ、仏像は難波の堀江に捨てられました。600年頃、跡地に推古天皇のころに日本最初の尼寺「豊浦寺(とゆら)」が建てられます。

現在は、当時の向原寺や豊浦寺は残っていませんが、ゆかりの地の寺として浄土真宗本願寺派の「向原寺」があります。

こちらの旅行記事が参考になります。「4travel」より


Sponsored Links

その他の日本最古の寺、法隆寺と四天王寺

飛鳥寺を日本最古のお寺と思っていた人もいたでしょう。

でも日本にはまだ最古といわれるのお寺があります。

法隆寺の金堂は日本最古(世界最古)の木造建築とされます。また五重塔も日本最古の木造の塔とされます。

法隆寺は607年に聖徳太子が、亡くなった用明天皇の願いを受けて奈良県の生駒に建立しました。法隆寺は聖徳宗(しょうとくしゅう)の総本山です。

四天王寺も聖徳太子が創建にかかわったお寺です。大阪市にある和宗(わしゅう)の総本山です。

四天王寺は当時摂政であった聖徳太子が593年に建立しました。このお寺は四天王寺式と言われる飛鳥寺式とは異なる伽藍配置だけでなく、日本最初の官寺(かんじ)として開かれました。

向原寺が蘇我氏自身の氏寺だったのに対して、四天王寺は最初の官寺でした。朝廷の公の寺として建てられ、社会福祉施設としての役割もありました。

余談だが、日本最古の仏像は飛鳥寺の釈迦如来像ではなく、信州善光寺の本尊(阿弥陀三尊像)だとも言われます。善光寺の寺伝によると、百済の聖明王よりたまわり向原の寺でまつられていた仏さまであり、難波に捨てられた仏像を本田善光が信州に持ちいったとされます。現代では絶対秘仏であり、誰もみることができません。