上部リンクユニット

浄土真宗の僧侶は本当に般若心経をお勤めしないのか。

投稿日:

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。

私は浄土真宗の僧侶なのですが、時々ご門徒さんから「般若心経は唱えないのですか」と尋ねられます。

ふと見るとその家のお仏壇には般若心経の経典があり、おそらく真宗のお仏壇で普段お勤めしているのでしょう。

今回はお坊さんの私が浄土真宗と般若心経についてお話します。

真宗僧侶は般若心経をお勤めするのか?

質問。真宗僧侶は般若心経をお勤めするのか。

答え。お勤めしません。

浄土真宗の僧侶の私ですが、ご仏前で般若心経をお勤めしたことなどありません。

もっと言えば、般若心経の経典すら持っていません。

ただご仏前でお勤めはしないのですが、内容については勉強しますよ。

なぜお勤めしないのか。

勘違いしてはいけないので先に説明しておきますが、浄土真宗では「○○してはいけない・禁止だ」ということは何一つありません。

地域の慣習であったり、付き合いによっては他宗のしきたり・作法・お勤めに合わせることも大切です。

浄土真宗では「○○してはいけない。・禁止だ」ではなく、「○○する必要がない。」という風に理解していただけると有り難いです。

ですので「般若心経をお勤めしてはいけない」と禁じているのではなく、「般若心経をお勤めする必要がない」ということなのです。

浄土真宗では般若心経をお勤めしない理由はいくつかあります。

  • 般若心経は知恵の教えである。(聖道門・自力の教え)
  • 真宗は阿弥陀仏の教えである。(浄土門の教え)
  • 真宗は阿弥陀仏のはたらき(本願他力)によって救われる。

要点をまとめると上の3点かな。

般若心経(仏説摩訶般若波羅蜜多心経)とは般若の教えなんですね。般若とは智慧のことで、仏様の智慧について空(くう)を中心に説いています。

ただ内容が非常に難しく、般若心経で説かれている仏の智慧をいただくのは非常に難しいとされ、聖(ひじり)の道とされています。

現代ではいろいろな解説本が出ていますが、それだと智慧の経典である般若心経を知識で理解しようとするというおかしな現象になっています。

浄土真宗は浄土門の教えとされています。

それは厳しい修行や煩悩や欲望にとらわれない聖の道を歩める人とは違い、欲や迷いといった俗の中で生き、誰かの助けを受けお互いに迷惑をかけつつも、阿弥陀仏の私たちにかけられた願いに気づき、阿弥陀仏のはたらきによって救われるのです。

浄土真宗は人を選ばず、どうしようもないこの私が阿弥陀仏のはたらきによって救われるのだから、敢えてそれ以外の教え(聖の教えを説いた経典)をお勤めする必要がないのです

ただ真宗僧侶でも般若心経は読みますよ。

わざわざ真宗僧侶が般若心経を阿弥陀如来のご仏前でお勤めすることはないのですが、般若心経の中身については学びますよ。

それはお坊さんとして当然のことです。

浄土真宗ではお坊さんであれ、ご門徒さんであれ、大きな違いはありません。どちらも阿弥陀様の教えに生き、お念仏の生活をいただいているのです。

ただお坊さんは一般のご門徒さんと何が違うのかといえば、仏教や真宗などについて知識として説明できないといけないのです。

例えば、「仏様のお飾りはどのようにするのですか。」、「浄土三部経には何が説かれているのですか」、「真宗とはなんですか」、「神様って何ですか」などと質問された時に疑問に答えられないといけないのです。

般若心経を学んでおくのも同じことです。

浄土真宗では般若心経を読まないと突っぱねることもできますが、それだとご門徒さんからの疑問は解消できませんし、僧侶自身も他の教えを学ぶことで自身の宗教についても別の視点で見つめることができます。

知識として真宗僧侶は般若心経やその他の宗教の教えなどを学ぶのです。

さいごに。各人が般若心経をお勤めするのは問題ない。

繰り返しますが、浄土真宗は般若心経を否定していませんし、禁止などしていませんよ。

ですのでお勤めしたければしてもいいですし、写経をしたければしたらよろしいのです。

ただそれは浄土の教えとは異なっていると気づかなければなりません。

仏教経典とは最終目標は「仏となる」ことなのですが、その道が浄土門と聖道門では大きく違っていることに気づかなければなりません。

「写経や毎日のお勤めをするのに般若心経の262文字程度が短くて良い」という人もいますが、真宗徒であれば、馴染みのある220文字の「重誓偈」や320文字の「讃仏偈」といった仏説無量寿経にある偈文をお勤めしてはどうでしょうか。(ちなみにお正信偈は840文字)

記事下リンクad


-真宗の教えや考え方
-, ,

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.