上部リンクユニット

横長リンク広告だけ,7/1一時停止

【お経の読み方】自分の速度でゆっくりと

投稿日:

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。

お仏壇にお参りしていますか。

年忌法要や葬儀の時ぐらいしかお経に耳にすることが無い人もいるのではないでしょうか。

そんな時、皆さんはこんなことを思いませんか。「お坊さんってお経を読むの速すぎ。」「何を言っているのか分からへん。」

今回はお経を読む速度についてお話します。

結論だけ言いますと、ゆっくりと自分のペースで読んでいただければオーケーです。

お坊さんはどうして速く読むの?

お坊さんってお経を読むのが速いですよね。

風のごとくと言いますか、サア~と流れるように唱えるので、聞いている側も何を言っているのかさっぱり想像できないですよね。

でどうしてあんなに速いんですかね。

理由は単純で、お勤めに慣れていることと、さっさとお勤めを終えたいんでしょうね。

お坊さんだって読み慣れていないお経はたどたどしいですよ。でも毎日毎日しょっちゅう読経していますと自然と口が覚えると言いますか、だんだん流暢になってくるんですね。

暗記してお勤めに慣れてくると自ずとスピードアップしてしまうんですよ。皆さんも同じ読み物を繰り返し繰り返し何十篇・何百篇・何千遍も読みますとパラパラページをめくってしまうでしょう。それと同じような感覚です。

そしてお勤めをさっさと終えたいんですよね。きっとね。

お勤めに慣れてきますと、「このスピードで読んでいくと、おおよそ何分くらいだなあ~」と予測がつくんですね。

例えば浄土真宗だと仏説阿弥陀経を読誦しますと、おおよそ10分から15分程度の時間がかかります。

お参りの人がいればお経の音が聞き取れるようにゆったりと15~20分程度で読みますが、お坊さんが一人で読むときはあっという間に10分以内に読み終えたりします。

今ではほとんどしなくなりましたが、60年以上前は阿弥陀経を500部・1000部お勤めする習慣がありました。(あったそうです。)

お座敷に氷柱を立てて飲み物を冷やしながら、お坊さんが10人程度で超スピードで読み続けるんですよ。

ちんたらお勤めしてたら一日どころか、数日掛けても終わりませんからね。

お経はゆっくりと読むもんですよ。お坊さんは速すぎるんよ。

お坊さんの反省点でしょうが、お経を読むのがお坊さんの専売特許のように思われていたら残念なんだなあと思います。

お坊さん(僧侶)は経読屋ではありません。速く読むのがかっこいいと思っているのなら最低ですね。法事や葬儀でものすごいスピードで木魚や音木で調子をとり、何を言っているのかわからないような高速読経をする人いますよね。せめて聞き取れる程度の速度で頼んますわ。

お経ってなんだと思いますか。

まじないですか。呪文ですか。違いますよね。

お経とはお釈迦様のお言葉を記録したものであり、仏様の金言です。

一文字一文字、私に呼びかけられているように味わいながら唱えていくべきものです。

もちろんお経はインドの言葉を漢字に訳しその音のまま読んでいるだけですので、読んでいても意味は分かりません。しかしお経は仏様の言葉であり、私たちの口から出る言葉そのものが仏様から呼びかけです。

お勤めするときは文字を読むのではなく、口から出た音を聞くように心がけてほしいところです。

仏様にさし上げるためにお勤めするんじゃあないんですよ。自分に聞かせるような態度で読むんですよ。

妙好人・山地願船のお勤めの仕方が私の理想。

山地願船という人をご存知でしょうか。讃岐(香川県)の多度津・金倉町にいたお念仏の生涯を歩まれた人ですが、知名度は非常に乏しく感じます。

この人物は在家の出身でしたが、やがて55歳から亡くなるまでの83歳まで行脚の生活をしました。

願船さんのお勤めは非常にゆったりとしたものだったそうです。

浄土真宗ではお勤めに音木(おんぎ)という木の道具で調子をとります。しかし願船さんは両方の指を立てて打ち合わせた手製の音木だったそうです。周りがどんなに速く読もうが一字一字を抑えながら、味わいながら読んでいたそうです。

「たくさん読めないではないですか」と尋ねられれば、「それなら少しを読めばいいではないですか。人に聞かすのではなく、私がいただくこと。」と返されたそうです。

どんなに周りが速く読もうが、自分なりにゆっくりゆっくりと時間構わず唱えていたらしい。

またお正信偈が遅いことを言われると、「正信偈は御開山聖人の生血。一字でも落としたら勿体ない。一字一字が仏様。口の番頭にまかせるのではなく、本心の主人公がゆっくりと頂かなくてはならない」と返されたそうです。

お勤めとは私のために唱えるもの。お経は私を写す鏡です。

さいごに。お勤めの速度はメトロノーム80~110BPMが目安。

お勤めの速さは慣れてくるとだんだん早くなってしまいます。これは誰でも同じです。

しかしお勤めというのは口に出すということだけでなく、耳に聞いていくことも大事なことです。

聞き取りやすい速さは大体メトロノーム80BPMから110BPMの間です。

お勤めに慣れていない人はとりあえず、ゆっくりペースの80で練習してみてはどうだろうか。ただ、もしもリズムが乱れていっても気にすることはありません。上手にお勤めするという気持ちよりかは仏様のお言葉だといただきながら唱えていきましょう。

慣れてきたらスピードアップしたメトロノーム110で唱えてもいいかもしれません。慣れればこの速度が非常に心地よくなります。

もちろんお坊さんはこれ以上の速度でお勤めをしますが、私たちがお仏壇で日常のお参りをする時は自分のペースで落ち着いてゆっくりと読経すればOKです。お坊さんは高速で読むもんだと割り切っちゃえばいいんですよ。

7/1記事下profと案内,6月15日より



釋克啓プロフィール写真80px サイト運営者の釋克啓(かっけい)です。
香川生まれ,香川育ち,香川大学出身。
香川県にある円龍寺の若坊である28歳。
現丸亀市仏教会理事

法要/行事の案内

 ・8月1日2日 (水・木) 10時~ 郡家興正寺別院 夏法座
 ・8月15日 (水) 午後2時~ 自坊円龍寺 納骨者追悼法要

-仏壇仏具の飾り方や作法
-

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.