京都世界遺産巡拝旅の募集を開始。

お坊さんという人間

お坊さんという人間

男性僧侶の髪型は短髪でもいいの?坊主頭にしなくていいの?

お坊さん(坊主)の髪型は坊主頭と呼ばれ、一般的にはお坊さんは頭を丸めているのがイメージされますね。しかし実際には浄土真宗のお坊さんをはじめ、男性僧侶は短髪のことが多いのではないでしょうか。今回はお坊さんはなぜ坊主頭にするのか、なぜ短髪の髪型でもいいのかについて説明します。
お坊さんという人間

私がお寺の跡継ぎになった理由。

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 私は現在27歳の浄土真宗のお坊さんです。 現代のお寺の多くは親から子に代が続いていく世襲制が一般的なのですが、現実には跡継ぎがいないお寺が増えつつあります。 跡継ぎがいないのには理由があります。...
お坊さんという人間

お坊さんのために仏壇に用意するのは座布団がよいのか椅子がよいのか

お坊さんを家のお仏壇でお勤めしてもらうときには座布団を用意するべきでしょうか、それとも椅子を用意するべきでしょうか。お坊さんには座布団というイメージを持つ人も多いでしょうが、最近ではお寺でも椅子席に変化していて、足腰の悪いお坊さんの場合には椅子を仏前に用意することがおもてなしとなるとも考えられます。
2017.08.14
お坊さんという人間

お坊さんも勉強会に参加し、学び続けることが大切なんですよ。

お坊さんも生涯勉強し続けることが大切です。それは正しい知識や知見を学ぶことで、仏法をわかりやすく説明できるためです。僧侶は経典を読むことやお寺を維持することも重要なのですが、人に話をする立場である以上、自身も深く仏教について知る必要があり、偏った考えを持たないことも大切です。
2017.08.31
お坊さんという人間

お寺の子であれば真宗僧侶になるのは意外と難しくない。

お坊さんになるには滝に打たれるなどの修行を想像しますか。いいえ、浄土真宗であれば非常に簡単にお坊さんになることができます。それは得度式を受ければよく、一般の人でも誰でも試験を受けることができます。ただ住職の身元保証が必要なので、お寺の子の方が真宗僧侶になりやすいのです。
2017.06.21
お坊さんという人間

お坊さんにとって花粉症とは非常につらいものです。

お坊さんは普段から体調管理に気を付けないといけません。しかし私はアレルギー体質なので一年中花粉症になる可能性があります。どの職業でも花粉症になると仕事をするのが辛くなるのですが、お坊さんは人前で声を出すので困ります。人には移らないのですがくしゃみをすることで不快な気持ちにさせてしまうのも問題です。
2017.06.19
お坊さんという人間

お坊さんは忙しい?実は暇なときだらけかも。

お坊さんのお仕事は大変だと思いますか。自分の時間がなく忙しいイメージがあるかもしれませんが、実際には暇な時間も豊富にあります。僧侶の仕事は24時間あり法務と雑務で構成されていますが、雑務と言うのはお坊さんのアイデア次第で自由時間にできます。
2017.06.02
お坊さんという人間

お坊さんの私が選ぶ。お参りの時に出てくると嬉しい飲み物3種

家に訪問しますとお茶(緑茶)の接待が出てきますよね。緑茶以外にも私が嬉しくなる飲み物を紹介します。
2019.01.30
お坊さんという人間

お坊さんの着物の袂には何が入っているのか。結構な収納力よ

お坊さんは普段、着物を着ていますね。あれは衣体(えたい)と言われており、浄土真宗では黒色の道服(どうふく)と白衣(はくえ)を着用しています。この袂や懐は結構な容量があり、たくさんの小物が入っています。今回は僧侶の袂・懐中の中身を紹介します。
お坊さんという人間

お坊さんの鞄には何が入っているのか。荷物の中身を大公開。

お坊さんが普段持ち歩くバッグの中身、気になりますか。お参りに行ってもご門徒さんから尋ねられたことはほぼありませんが、お子さんからは興味津々な様子で見られます。大したものやあやしいものは入っていませんが、念珠やお経本以外にも色々運んでいます。
2017.02.12
お坊さんという人間

一人前の僧侶にはどのような能力が必要なのか【浄土真宗・末寺編】

お坊さん(僧侶)に求められる能力とは何でしょうか。世の中には生臭坊主と呼ばれるように怪しい人もいます。「一人前の僧侶」ということはやはり「半人前・未熟」という意識もあることなので、どうすれば一人前になれるのか、末寺での視点から解説します。
2017.01.05
お坊さんという人間

師走(しわす)って本当にお坊さんは忙しいの?真宗僧侶がお答え

12月になると師走(しわす)という言葉が強調されますね。師走は周りの空気自体がせわしくなっているような気がします。一般に師走はお坊さんが動き回っていることから名付けられているように感じますが、本当にそうでしょうか。語源と共に考察してみます。
2016.12.03
お坊さんという人間

お坊さんがすすめる正座で足がしびれない方法・コツ

長時間正座をする機会が減り、足がしびれて立ち上がれない人が多いです。 正座は血流をよくすれば痺れにくい楽な座り方です。
2018.11.07