5月5日に延期「円龍寺の春永代経法要」

正座椅子を使った感想.ラジオ#22

第22回目のラジオ配信。「お坊さんと正座椅子の相性」がテーマです。(BGM:音楽素材MusMus)

音声の文字起こし

使用した感想を最初に言いますと、正座椅子を使用しての読経は、思ったよりもしんどかったです。お坊さんと正座椅子は相性が悪いと感じました。

ちなみに一か月以上、毎日使い続けてでの感想です。しっかりと使ってみて判断しました。

お坊さんは正座での座り方をするのが基本です。

法事などでお参りに行くと、大抵のお坊さんは正座するでしょう。中には腰かける椅子を持参するお坊さんもいますが、まあ私の知る限り、ほとんどのお坊さんは正座をします。

で私のことですが、私は正座ができないわけではありあません。一時間以上のお勤めでも、ずっと座り続けることができます。

それは正座に慣れているということもありますし、痺れにくい座り方を知っているということもあります。仮に痺れてしまっても素早くたって歩くこともできます。

「じゃあ、正座椅子なんて使う必要なんかないじゃないか」と皆さん思うでしょ。

そうです。足が痺れるという理由では使う必要はありません。

今回、私が正座椅子を使ってみたいと思った理由は、正座をしているときの、足の痛み・膝の痛みを和らげたかったからです。

正座による痺れは気にならないのですが、膝を曲げて全体重を足に預けているこの座り方は、長時間すると足が痛くなります。これは痺れからではないです。

11月12月のお坊さんは朝から夕までお参りをして正座しっぱなしです。夕方になると、数分座るだけで足全体が痛くなります。

そこで正座椅子を買ってみました。正座椅子なら正座が楽になると思ったので。

私が買ったのは、折りたたみができるタイプで、三角形・逆台形の正座椅子です。この音声をのせているブログ記事には使用した正座椅子の写真をのせておきます。

このタイプの正座椅子を選んだ理由は4つあります。

  1. 生地と中板のみだから、カチッという音が鳴らない
  2. 3秒以内にさっと逆台形に組み立てられる
  3. 折り畳んだ状態だと4センチほどと薄く、カバンにさっと入るし、お経の本と一緒に持って運んでも目立たない
  4. 商品説明によると、組み立てた状態の椅子の高さは15センチであり、座高が高くなって目立つこともないと思ったから

金属やバネを使って、高さを自由に変えられる正座椅子ってありますよね。

あれって便利そうに思えるけど、実際には座る高さなんて1種類あれば十分だし、器具のカチッと鳴る音が法事の席ではけっこう目立つから、あまりおすすめしない。お茶の席なら、もっと目立つでしょうね。

だから生地と中板のみのシンプルなタイプを選びました。

そしてシンプルなタイプだから、組み立てもあっという間です。買ってすぐの時は、どう展開したらいいのか分からなかったけども、今では2秒あれば組み立てられます。

で今から言うことがけっこう重要です。簡単に組み立てられるということは、簡単に折りたたむことができるということです。

慣れると立ち上がりながら、振り向きながら畳むことができます。これはお坊さんの私にとって、けっこうなプラスポイントでした。

逆三角形・逆台形というのもポイントです。

よくコの字型の正座椅子があるでしょう。

椅子の足が2つあって、安定性が抜群に思えるのですが、意外にあの椅子の両足の間に、自分の足を座りながら差し込むのが難しんですよ。それにコの字型の正座椅子は、一度足を差し込んで座ると、足を抜くのが難しくて、急には立ち上がれなくなります。

だから私は逆台形のタイプを選びました。

折りたたんだ状態が4センチほどと薄く、お経本と一緒に持っても目立たないのはすっごくいいポイントです。

折りたたみできない正座椅子は、持ち運びにくいですし、目立ってしまってあんまり気乗りしません。

椅子の高さが15センチと言うのも購入ポイントでした。正座椅子って座高が高いものが多い印象です。高さのあるタイプの方が、体の大きい人でも使いやすいからです。

でもお坊さんからすれば、座高が高いと、正座したときの頭の位置が高く、仏壇前に座っているお坊さん1人がすっごく目立ってしまいます。あまり高すぎない方がいいと思いました。

それら4つの理由を考えて、そして、お参りで使っていたいろんな人の正座用の椅子を試させて頂いて、シンプルで薄い逆三角形の折りたたみタイプを買いました。

じっくり考えて正座椅子を買ったのはいいのですが、冒頭の結論で言ったとおり、お坊さんに正座椅子が合わないことに、後から気がつきました。

お坊さんと正座椅子が合わない理由は2つです。

  1. 座布団が用意されていること
  2. 身動きがとりにくいこと

正座椅子ってそのまま使うものだったってことに、実際に使ってみてから気がつきました。

でも法事の時を思い出してほしいのですが、どの家でも必ず座布団をお坊さんに出したり、お仏壇の前に置きますよね。

座布団の上に正座椅子をおいて使うのは、変と言うか、難しいです。

正座椅子は畳の上に直置きして使うものでした。

お坊さんに出す座布団って、分厚かったりするでしょう。そこに正座椅子を置くと、けっこう沈んでしまいます。すると足を逆台形の間に挟むことが難しくて、両足で逆台形の正座椅子を支えるようになってしんどかったです。正座する時は別の筋肉を圧迫されて、足の痛みが取れるどころか、別の部分が痛くなりました。

もう一つあります。

お坊さんはお勤めの間に、何度か仏壇に手を伸ばしてお線香やおロウソクのお光を入れ替えたりします。でも着物の間に挟んだ正座椅子に座っていると、なかなか上手く体を持ち上げることができません。

正座椅子に腰かけている分、普段よりも頭の位置が高いため、ちょっと動作するだけで体が大きく揺れるので、ぎこちない動きがなにか格好悪いです。

せかっく家の方が、おもてなしでご用意して下さった座布団なのに、「正座椅子を使いたいので、座布団はいりません」というのもおかしいでしょ。

読経が終わって立ち上がったときに、座布団に正座椅子の型が残っているのも不格好だと思います。

そんな理由で、そもそも座布団を用意して下さっているお坊さんにとって、正座椅子は使い勝手が悪かったのです。

正座椅子は何もない、畳の上で使用して、楽に正座をするためのものでした。

これは正座椅子が悪いのではなく使う場面が良くなかったのです。例えば、お茶やお花といった座布団が用意されていない場合では、役に立つ道具だと思います。

Sponsored Links

Sponsored Links

正座椅子と正座に関する補足

正座椅子との相性の良し悪し

相性が悪い
  • 座布団が用意されている
  • 座った状態でよく動く人
  • お坊さん(僧侶)
相性が良い
  • 座布団が無い
  • あまり体を動かさなくてもよい人
  • お茶やお花といった稽古事をする人

正座椅子も座ると痛い

椅子に腰かける痛み

ラジオでは説明できていないですが、正座椅子で座り続けるのもけっこう大変だと感じました。

人は同じ姿勢をし続けるのが苦手です。椅子に腰かけるのが楽と言う人も、実際は立ち上がったり、足を組み替えたり、座り直したりと、しょっちゅう体を動かしています。動かさないと椅子に腰かけている場合でも痺れて痛いです。

お坊さんが正座に慣れているのは、痺れにくくなるように微妙に体を動かしているからです。

でも座布団の上に正座椅子を置いて使うと、ラジオで言ったとおり、身動きしにくいのです。お勤めをし続けると、長時間身動きできずに椅子に腰かけているのと同じようになるので、正座の時よりも体に負担がかかります。

この理由からもお坊さんと正座椅子の相性が悪いと言えます。

正座に関連する記事

お坊さんは正座に慣れています。しかし体調によっては痺れやすい時もありまし、年を取ると誰でも膝を曲げて正座するのは痛くなります。

その点、椅子に腰かけることは、老若男女問わずできることです。踏ん張りの効かないお年寄りにとっても椅子は便利なものです。

かっけい
かっけい

正座は「正しい座り方」ではない。

正座は「姿勢を正した座り方」のこと。あらたまった態度で、仏さまに向きあうために正座をします。

逆台形の正座椅子

逆台形の正座椅子

私が買ったのはこの商品

コンパクトらくらく正座いす
  • 商品名:コンパクトらくらく正座いす
  • 折りたたみサイズ:およそ厚さ4cm・幅12cm・長さ22cm
  • 重さ:およそ230グラム
  • 価格:1800円ほど
  • 生地:ポリエステル100%
  • 側面と底に中板の合板が入っている
  • 耐荷重:100㎏とのこと
  • 発売元:株式会社ニーズ(兵庫県)(サンファミリーの関連会社)

逆台形タイプは座り慣れないと安定しない

便利な商品だが、たまにしか正座しない人にとってはおすすめできないかも。久しぶりに使うと、グラグラ揺れて格好悪いと思う。

お尻をのせるところ(座面)が小さいので、長時間座るとお尻が痛くなる。お尻全体を包む、ゆったりタイプではない。

コンパクトな正座椅子。折り畳みの三角形タイプ
展開した時の、逆台形(逆三角形)の正座椅子

次の動画では逆台形の正座椅子の座り方を紹介している。

私の正座椅子とは商品が違うけども、座り方は似ている

正座で足がしびれない人気アイテム-らくちん楽座(コンパクトに折りたためる携帯正座イス)

「円龍寺かっけいラジオ」では、番組へのメッセージを募集しています。ご感想や取りあげてほしいテーマなどもお寄せ下さい。

メール内容は暗号化され、安全に送信されます。

タイトルとURLをコピーしました