京都世界遺産巡拝旅の募集を開始。

浄土真宗・仏教

法事法要に関すること

上げ法事とはお寺でする年忌法事のこと。家とはどう違うのか

上げ法事とはお寺で勤める年忌法要のことです。家と寺でする法事の違い・共通点について説明します。 また自坊での上げ法事の様子も写真を交えて紹介します。
2018.04.23
真宗の教えや考え方

僧侶はお化けって怖いの?そんなわけないじゃん。他の事が怖いんよ

お化け・幽霊が怖いという人は多いと思います。お寺にはお墓があって、そこにはお坊さんが住んでいます。僧侶はお化けが怖くないの、悪いことをしてこないのかと聞かれますが、そもそもお化けなんていないですし、僧侶はむしろ別のことの方が怖いんですよ。
真宗の教えや考え方

お骨はなんで納骨しないといけないのか。お金も手間もかかるのに。

現代では火葬が当たり前になり、その結果故人の遺骨が骨壺に納まって家に戻ってきます。しかし現代では墓地に納骨をしない人も増えてきています。それは家庭や社会の事情もあるのですが、納骨をしなければならない理由が分からないのも原因のひとつです。
2017.01.11
真宗の教えや考え方

表白(ひょうびゃく)って何。法事や葬儀で僧侶が読んでいる願い

法事や葬儀の時などの仏事では僧侶が表白(ひょうびゃく)というものを読み上げます。これは経文や和讃・偈文とは異なり、導師がこの法会の趣旨を述べたものになります。仏様の徳を讃嘆し、法会に参拝している全ての人々が仏様の願いに出逢うために読みます。
2017.02.19
法事法要に関すること

真宗寺院の一年の仏事はじめ。「修正会(しゅしょうえ)」とは。

新年を迎えますと全国各地の寺院・神社では多くの人が新年のお参りをします。仏教では新年には修正会という仏事法要があります。ただ真宗では他の仏教宗派と異なり、願いごとをするのではなく、阿弥陀様の願いを聞き念仏生活を確認させていただくお参りです。
真宗の教えや考え方

仏教とクリスマス。関係ある?関係ない?

12月25日はクリスマスです。お坊さんはクリスマスのお祝いをするのか質問が多いのですが、お寺の人は仏教徒ですので基本的には関係ないのですね。でもお寺によっては何かイベントをしているところもあります。仏教とクリスマスに 関係あるのでしょうか?
2017.11.21
浄土真宗・仏教

大師・大士(だいし)の違い。【仏教で使われる言葉】

先日、回転式書架の考案者である傅大士について紹介しました。すると大士(だいじ)と大師(だいし)の違いについて質問されました。大師は弘法大師空海や伝教大師最澄、見真大師親鸞など聞き馴染みがあると思いますが、大士にはどんな意味があるのでしょうか。
2016.12.24
浄土真宗・仏教

お寺の入り口を「三門」や「山門(さんもん)」と呼ぶのはなぜか

お寺の入り口にある門を「三門(さんもん)」や「山門(さんもん)」と呼びます。一般的には山門という言葉よく使われているのですが、京都の南禅寺や妙心寺、知恩院などには三門と呼ばれる門があります。今回は「三門」と「山門」の違いについて紹介します。
2016.12.20
仏壇仏具の飾り方や作法

仏事法事の後片付け。打敷(うちしき)の破壇(はだん)は早めに

お仏壇をお飾りするときに綺麗な三角形や四角形の布があると思います。あれは打敷(うちしき)と呼ばれるものです。法要時や仏事・法事の時に仏様を豪華に荘厳するもので、普段の時には打敷は掛けません。お寺でも法要が終わるとその日のうちに片付けます。
2016.12.14
仏壇仏具の飾り方や作法

浄土真宗では仏壇のお参りの時に「おりん」を鳴らさないよ

お仏壇にお参りをする人の多くがおりん(鈴)を鳴らします。しかし浄土真宗では、おりんはお参りの際には鳴らしません。どのタイミングで鳴らすのかを説明します。
2018.08.15
浄土真宗・仏教

お寺の名前に、山号・院号・寺号があるのはなぜ?

お寺の名称には山号(さんごう)、院号(いんごう)、寺号(じごう)があります。有名な寺院に比叡山延暦寺や高野山金剛峯寺などがあります。しかし山や院や寺と言われてもどういう意味なのかよく分からないのではないでしょうか。わかりやすく解説します。
真宗の教えや考え方

お墓の今後、お骨とどう向き合うのか。真宗若手僧侶の思い

この数年で各末寺はそれぞれに納骨壇を設けるようになり、御門徒さんのお骨を預かる様になりました。また葬儀も家庭でしなくなり、会館や葬儀社を借りるケースが増えました。お骨やお墓に対する遺族の考え方も変化しているように感じます。若手僧侶が現状をどう思っているのか書きます。
法事法要に関すること

【解説】報恩講ってなに。浄土真宗で一番大切な行事だよ

年末頃の11月・12月には浄土真宗のお坊さんは各御門徒さんの家々を回ります。「報恩講参り・ほんこさん」と呼ばれますが、報恩講の意味を知らない人もいるでしょう。真宗僧侶が報恩講の意味について・なぜこの時期にお仏壇にお参りするのかを説明します。
2017.11.17