「 僧侶が思うこと・コラム 」 一覧

no image

【葬式と友引】お坊さんの本音と建前

六曜は仏教と関係がありません。しかし葬式やお通夜に友引や仏滅を避ける人や地域もあります。お坊さんの私が感じている友引への思いを書きます。

no image

インフルエンザはお坊さんにとって大敵という話

お坊さんは読経や法話など人前で声を出します。そのためインフルエンザの様に一週間も外出を控えるような状態になりますと非常に困ります。

no image

【ふしぎなポケットを考察】作者まどみちおは何を思ったのだろう

童謡ふしぎなポケットではポケットの中に入れたビスケットが増えていく不可思議な内容が書かれています。しかし私にはこの歌には子供の素直な心が表されているように感じました。

浄土真宗法語カレンダー2018の表紙

仏の光(光明)の英語表現はイルミネーションでいい

仏の光明を英語で表現するなら「illuminating light」が相応しいです。イルミネーションは電飾のイメージですが、本来の英語の意味を知るとピッタリな訳と分かります。

no image

お寺の参拝時間。門がいつ開き、何時に閉まるのか

東寺や本願寺や善通寺といった本山・有名寺院・観光寺院は閉門時間が早いですね。地方寺院と比較しながら門の開け閉め時間について説明します。

本堂の納骨場所。余間と裏戸

お寺はどの場所で遺骨を保管・お預かりしているのか

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 最近ではお骨をお墓に納めることが減りつつあります。これは都会だけでなく、地方でも同じ傾向です。 一方でお墓に納めなくなったお骨を、どのようにすれば粗末にならずに ...

年賀はがきの番号を使ったイオンの割引イベント。

年賀状の番号を企業もどんどん利用するべき

こんばんは。 香川県住みのかっけいです。 年賀状(年賀はがき)は今年も届きましたか。私の所は仕事柄のこともあり、200枚弱くらいは届きます。 年賀状はいただいて嬉しいだけでなく、後日発表されるお年玉付 ...

no image

小さなお寺って行きにくいよね。その理由は。

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 先日無事に除夜の鐘及び除夜会を終えて、新年を迎えられました。 田舎の小さなお寺ではまだまだ大晦日の夜に梵鐘を撞く習慣が残っており、今年はサイト内で除夜の鐘と除夜会の ...

本堂正面の柱

巨大地震が来たら寺の倒壊は諦めないといけないかな

こんばんは。 香川県にお寺がある僧侶のかっけいです。 お寺を維持していく上において自然災害による傷みは避けて通れない問題です。 例えば震災、津波、火災がありますね。他にも浸水被害やシロアリなどによる腐 ...

no image

お寺は年末は少し忙しいんだよね。なんでだと思う

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 12月になりますと、あちらこちらから「一年が早いなあ」「もう年末近いなあ」とボヤキのような何とも言えない、時間のあっという間の過ぎ去りが身に染みているようです。 ...

猫が爪とぎした庭木

猫の爪でボロボロ。お寺では困っちゃうよ

こんばんは。 円龍寺若坊のかっけいです。 お坊さんのお仕事には寺の景観を維持することも大切です。 自坊ではあと数日で報恩講法要という浄土真宗では一番大切な仏教行事があります。 その日に備えて毎日せっせ ...

no image

粉骨砕身と粉身砕骨の違いが正直分からへん

こんばんは。 浄土真宗僧侶のかっけいです。 浄土真宗では宗祖親鸞聖人が残された恩徳讃と呼ばれる非常に有名な和讃があります。(和讃とは仏・菩薩、高僧・先人たちの徳に対して讃えた歌のこと) 如来大悲の恩徳 ...

岩佐仏喜堂店舗外観

魅力的なお香が一杯の仏具店、岩佐佛喜堂に行ってきた

2017/12/04   -香り・お香について
 ,

こんばんは。 香川県丸亀市円龍寺の若坊かっけいです。 先日、高松市中心部の商店街丸亀町(まるがめまち)にある仏具店、「岩佐佛喜堂(いわさぶっきどう)」に行ってきました。 この岩佐佛喜堂という仏具店は高 ...

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.