「 僧侶が思うこと・コラム 」 一覧

no image

女性が葬式に着る服装について最近感じること。お坊さん目線で。

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 ここ10~20年で葬儀は大きく変わりましたね。 葬儀をする場所も葬儀社などの自宅以外に移ってしまいました。(私の住んでいる田舎でも9割以上の家が葬儀会館でするように ...

no image

たまには時計の時間を気にしない生活をしてみたいものです。

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 お坊さんの時間の使い方にはどのようなイメージがありますか? ゆったりと有意義に時を過ごしていると思いますか。 朝早くから起きてせわしなく行動していると思いますか。 ...

no image

上野のパンダ「シャンシャン」の名前を聞いて香川県民がまず一番に思うこと。

こんばんは。 香川県在住のかっけいです。 9月25日の今日、上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの赤ちゃんの名前が「シャンシャン(香香)」に決まりましたね。 この名前を聞いた時、香川県民なら ...

Tombstone and red spider lily.

彼岸花(曼殊沙華)は毒があるから悪い印象の別名も多いよね。

彼岸花の別名には曼殊沙華があります。一方で毒花や死人花、幽霊花、地獄花と悪いイメージを連想させる呼び名もあります。昔の人は有益な植物として、わざわざ墓地に植えていました。

no image

なぜお寺に参らないのか。特に若者は。その理由を考えてみた。

こんばんは。 浄土真宗の僧侶かっけいです。 皆さんは一年間にどれくらいお寺に行っていますか? 本当は普段お付き合いしている檀那寺や菩提寺に限定して聞いてみたいですが、観光として行くお寺も含めて思い起こ ...

リンドウの花。

葬儀制度を利用して葬儀費用を安く抑える方法

最近では家族葬と呼ばれる低価格費用の葬儀形態が人気です。
ですが葬儀制度を利用すればもっと安価に葬儀ができます。

no image

お坊さんだってお通夜・葬儀でのお話に悩んでるんだよ。

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 お坊さんって葬儀・お通夜でお話しをするのが当たり前ですかね? どうですか皆さんの檀那寺・菩提寺のお坊さんはお話し(説法・説教)をしてくれていますか。(お話をするお坊 ...

蚊取り線香は蚊の予防に最適。

秋の蚊って鬱陶しくない?耳元でブンブン鳴くし、積極的に血を吸ってくるし。

こんばんは。 かっけいです。 突然ですが夏の蚊と秋の蚊ってどちらが嫌いですか? 私は断然、秋の蚊が大っ嫌いです。 もちろん夏の蚊も鬱陶しいのですが、秋の蚊の方が私の生活スタイルではもっと鬱陶しいです。 ...

夏のセミ、ツクツクホウシ

セミの鳴き声はいつまで聞こえるのだろうか。今年は9月上旬でもう少ない。

こんばんは。 香川県に住んでいますかっけいです。 2017年の夏7月・8月はとても暑くセミの鳴き声がとてもにぎやかだったのですが、9月になりますと途端にセミの鳴き声が聞こえなくなりました。 最高気温も ...

法要に備えて、本尊、永代経、祖師等にお花を飾る。

【お寺のイベント】お坊さんも自坊で行事・法要があるときは準備が大変なのよ

こんばんは。 僧侶のかっけいです。 自坊円龍寺の秋季永代経法要まであと4日となりました。 お寺での年中行事(イベント・法要)は結構多く、一般家庭の人が年忌法事でお寺さん(お坊さん)を呼ぶのと同じように ...

お寺の法要には仏旗の掲揚

お彼岸はお寺に行ってお坊さんのお話しを聞くチャンスやで。

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 今年2017年の秋お彼岸の時期って知っていますよね。 秋彼岸の入り:9月20日(水) 秋分の日・お中日:9月23日(土) 秋彼岸明け:9月26日(火) 秋分の日 ...

飛び立つ飛行機

目の前で倒れた人がいたのに、すぐに動けなかった自分が恥ずかしい。

こんばんは。 かっけいです。 今回はただの日記です。私がした自分自身の振る舞いに対して思ったこと(反省したこと)です。 先日とあるお寺にお参りに行きました。 浄土真宗のお寺はこのお彼岸の時期には、彼岸 ...

no image

お寺では先祖を知るために過去帳や位牌を調べてほしいと依頼されることが偶にあります

こんばんは。 真宗僧侶のかっけいです。 お寺では過去帳と呼ばれる帳面があります。 特に浄土真宗では位牌や遺影を仏壇にお飾りする慣習がなく、一般家庭のお仏壇でもコンパクトサイズの在家用の過去帳が置かれて ...

Copyright© 真宗興正派 円龍寺 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.